ADHDサラリーマンしばご、株で生きてく。

サラリーマン時代にうつ病になり、専業主夫トレーダー(無職)になり、再び、サラリーマンになりました。
ADHDと診断されて、投薬治療中ですが、のんびり頑張っています。お金に働いてもらっています。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤして専業主夫になったのに、なぜか再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。ADHDでコンサータを服用中です。

タグ:高校

会社の不祥事って言うか、神戸製鋼の株価が下がるんでしょうかね。影響が大きそうですけど、ファンが多い会社だけに神鋼商事と共に気になります。
日産は、危機管理がしっかりできている会社だと思いますが、謝罪ではなく「製品は安全だ!」と言って西川社長が攻めの会見を行っていて、神戸製鋼とは対照的です。
広報の対応が素晴らしいと思いました。

さて、そんなことはさておき、にゃんこスターがキングオブコント2017で準優勝したのがかなり昔のことのように感じます。優勝したのは、かまいたちでしたね。でも、かまいたちはそんなにテレビに登場していないような気がします。
にゃんこスターの二人、佐藤歩実さん・一釣良太さん(芸名:アンゴラ村長とスーパー3助)は、お付き合いしていたのですね。そんなことがスポニチの記事になっていました。
アンゴラ村長ファンは、がっかりですな。アンゴラ村長って23歳なのに、スーパー3助は34才。うーん、別にいいけど。

続きを読む
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平社員(一般社員)へ にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

しくじり先生の最終回に登場するのかと思っていたK氏は清原和博ではなかったのでちょっと残念な専業主夫しばごです。
清原がちゃんと更生して出てこればいいけど、難しいのかなぁ。

そして、今後は次男の清原勝児くんがちょっとした話題になっていますね。
毎年12月下旬にNPB(日本野球機構)の12球団ジュニアトーナメントがあるのですが、この巨人ジュニアの最終メンバーに小学校6年生の清原勝児くんが内定だそうです。
小学生なのに、熾烈なメンバー争いがあり野球という競技の人気を感じさせますけど、これはすごいことですよね。

デイリースポーツに、清原勝児くんのスイングしている写真が掲載されていましたが、下半身がどっしりしていて将来性が十分ですな。
まだ小学6年生なのに、身体がしっかりしていて素晴らしい。落合の息子もなかなかセンスがありましたけど、親のDNAを感じますわ。
画像を見る限り、ユニフォームの柄が鷺宮製作所とか昔のスバルと言うかオリックスカラーというか、いすゞ自動車っていうか、前橋育英高校風だったので、高橋智を感じさせましたわ。


続きを読む
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平社員(一般社員)へ にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

8月になりましたね。7月の株の成績は、ちょっとマイナスだったんですわ。
ちょびちょび儲けて、ガツンと損するという、典型的なヘボ投資家のお手本みたいのことを3回くらいやってしまいました。敗因は、ADワークスの新株予約権ですね。チョビチョビ儲けて、大きく含み損を膨らませています。
今後、新株予約権を39円でADワークスの株と交換すると、ADワークスの本体がもっと下げそうなんですがね。

さて、今日は、珍しく芸能ネタを書きます。
昨日は、花田家の貴花田いや、貴乃花親方の息子の花田優一(靴職人)がテレビに出ていましたけど、2世タレントが再び多くなっているような気がします。
桑田真澄の息子のマットさんも頑張っているみたいですしね。
そんな中、お笑い芸人のますだおかだの息子の方が本格的に俳優に挑戦するようです。岡田隆之介ですね。タレントとして岡田隆之介はドラマにも出ていたけど、妹の岡田結実の成功を見て、岡田隆之介としても「いける!」と思ったのでしょうね。
兄弟で成功する例もいろいろな業界でありますけど、仲が悪かったり、対立したり、いろいろな兄弟があります。
岡田結実の方が先にテレビに出てメジャーになったので、いかにも岡田隆之介の方が弟かと思ってしまったのですけど、隆之介の方がお兄さんです。

財界で兄弟と言うと、森トラスト、森ビルの兄弟が仲が悪いなんていう話はよく聞きます。野球界だったら、堂上兄弟とか、仁村兄弟とか、江越兄弟とか、屋宜兄弟とか、いろいろいますね。都市対抗野球の時は、柴田阿弥の弟(東邦ガスの柴田)も話題になりましたね。


続きを読む
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平社員(一般社員)へ にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

↑このページのトップヘ