専業主夫しばご、株で生きてく。

サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
お金に働いて貰います。もう、通勤電車にも乗らないもんね。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
昔から、サラリーマンになりたくなかったんだもん。結婚していますが、子供はいません。「ヒモ」とか「無職」とか思われる現実もあるけど、やっぱり専業主夫になって良かったよ。

タグ:青春18きっぷ

もうすぐ2017年夏のJR青春18きっぷの有効期限が終了します。
まだまだ金券ショップなりメルカリなりヤフオクで入手することもできるのでしょうけど、買いたい人も売りたい人も、使い切る人も急ぎましょうね。

先日、久留里線の旅に行ってきました。久留里まで行って、木更津に戻ってきました。久留里線以外の様子をブログに残しておこうと思います。

久留里線の旅は、こちらで。
【青春18きっぷの旅】関東発日帰り久留里線でワンマン列車とラーメンを楽しむ一人旅。車窓から田舎の風景がいいね。

千葉に青春18きっぷで行く人は少なくないと思います。その場合、だいたい内房線と外房線を使って千葉一周する人が多いようです。
今回は、久留里線がメインだったので、千葉一周はしませんでした。久留里線の始発の木更津に行く途中の内房線と、その帰りと、もったいないので外房線で大網まで行ってきました。


uchibo1

これは、内房線の電車です。
黄色と青のラインが、秀岳館高校とか前橋育英高校とか松下電器とかいすゞ自動車のユニフォームを感じさせます。でも、青と黄色と言うだけで、因果関係はないと思われます。
君津付近を走行する内房線ですので、社会人野球ファンにとっては、新日鐵住金かずさマジック(旧新日鐵君津)を感じさせる路線です。

内房線で館山方面に行きたいところですが、意外と遠いのですよね。

続きを読む

JR全線の普通列車乗り放題の青春18きっぷ

5回で11850円のきっぷは、残り1枚。夏休みに夫婦で1泊2日で両毛線・烏山線の旅をしてきたので、残り1枚は一人旅に使います。

関東近郊で日帰りで、まだ行ったことがないところはどこかな?と思っていると、外房線方面とか久留里線が残されていました。
と、言う事で今回は久留里線の一人旅に行くことにしました。
終点の上総亀山まで行くことは、時刻表を見て諦めたので、とりあえず久留里線の久留里駅を目指すことにしました。

kururi1

戸塚駅から、横浜駅、千葉駅を経由して、木更津駅まで来ました。
お天気は曇りで、ちょっと汗ばむ日でした。
観光客の姿は少なかったですね。いい感じの田舎ですけど、内房線の車窓はどうってことなかったです。

kururi2

木更津駅では、こんな新しいワンマン列車が待っていてくれました。

鉄道マニアにも人気ですけど、小湊鉄道とかいすみ鉄道の方が人気があると思います。沿線の車窓からの景色が楽しいのは小湊鉄道の方かもしれません。
久留里線のような赤字路線でワンマン運転することに対して、JR千葉の労働組合とバトルもあったみたいですが、そんなことは気にせずに乗っていきますよ。



続きを読む

作新学院も藤枝明誠も負けてしまって、ちょっと夏が終わるのが早すぎるんじゃないのか?と思っている専業主夫しばごです。
北朝鮮とかグアム界隈がざわついていて、今日の株価は大きく下落。手も足も出せませんわ。
日経VIが少し戻しましたけど、どうなりますかね。

そんな日は、青春18きっぷの旅行を振り返ります。
烏山線で烏山駅まで行ってきたときの様子です。
宇都宮駅を出発して、宝積寺駅に行って、宝積寺駅から烏山までが烏山線ですよ。鳥山線ではなく、烏山(からすやま)線です。

これまでに、青春18きっぷを使って、関東近郊の旅をしてきましたが、栃木県の那須烏山市の方には行ったことが無かったので、今回はここにしてみました。
田舎の鉄道って、のんびりしていていいですよね。

車窓の風景


karasuyama1

烏山線と言えば、滝の上を走っている有名な撮影地があるのですが、乗車中は撮影ができません。でも、このひまわりは見事でした。
梅の季節もフォトジェニックでインスタ映えするような写真が撮影できるみたいなんですが、夏はひまわりです。
隣の畑は、枯れたひまわりしかなかったですけど、ここはきれいなヒマワリが咲いていました。烏山線の車体と一緒に撮影する写真家もいっぱいいました。


続きを読む

夏は青春18きっぷの旅がいいですよね。お値段も安いし、お得に旅行ができます。
台風5号の進路が気になるところですが、8月6,7日に、関東近郊を青春18きっぷを使って夫婦で楽しんできました。
日帰りもいいけど、今回は1泊2日です。
宿泊は、群馬県伊勢崎市のホテル若松さんです。楽天トラベルの評価も高かったし、値段も安かったですから。
ホテル若松さんのことは、別のブログで書こうかな。

青春18きっぷとは、5枚つづりの普通列車乗り放題チケットですけど、18歳じゃなくても使うことができますよ。貧乏人必須のアイテムです。
利用期間は、2017年の場合は、2017年7月20日~9月10日までで、価格は11850円です。5で割ると、どこまで行くと元が取れるか、計算できますね。
まぁ、この企画乗車券「青春18きっぷ」については、腐るほどネットに情報があるので、そこで調べるのが良いと思います。

さて、今回は、横浜駅を出発して、ぐるっと北関東がテーマです。

ルートはこんな感じです。
1日目:横浜ー大宮ー宇都宮ー烏山ー宇都宮ー小山ー伊勢崎
2日目:伊勢崎ー冨田ー小山ー赤羽ー十条ー赤羽ー秋葉原ー亀戸ー秋葉原ー新橋ー戸塚
です。
このコースのポイントは、烏山線、両毛線に乗ることですね。これ、意外とおすすめですわ。


まずは宇都宮から。

宇都宮名物の餃子を食べました。
キリン一番搾りの栃木に乾杯ラベルとともに。

18kippu1



横浜駅から出発して、東京を通過して、大宮まで行って、大宮駅のエキュート大宮をちょっとだけ見て、宇都宮まで来ました。
東京上野ラインだか上野東京ラインができたので、宇都宮へのアクセスも楽になりました。迷惑を受けている人もいるんでしょうけど、湘南新宿ラインとともに、北関東エリアに行くには便利です。
普通車グリーン席に乗るのもおすすめですけど、妻の反対もあり、普通の席で行きました。
宇都宮駅では、駅員のクソ対応がありましたけど、一旦下車しました。
青春18きっぷでは、有人の改札を通る必要があるのですが、宇都宮駅にいた駅員がタラタラやっていて態度が悪いんですよね。JR東日本にクレームをつけたくなるレベルでした。
大森くん、あんたの名前は覚えておくよ・・・。もっと、素早くチェックすること、そして、顧客対応の力を身に付けなさい。
まぁ、そんな大森の対応は、無視して乗り換えの時間を利用して、餃子を食べる。
宇都宮駅の周辺には、餃子の店がいっぱいあるけど、簡単に駅ビルの餃子館で食べましたわ。
ニンニク入りの方がちょっと高くて330円という価格設定。さくっと食べちゃいました。


続きを読む

旅行が大好きな専業主夫しばご。夏休みという概念が無くなりましたが、働いている妻は夏休みがありますので、その期間にあわせて旅行に行く予定です。
候補地としては、韓国・台湾あたりを予定していましたが、夏休み期間となるとちょっと考えて、青春18きっぷの旅を考えますわ。
これまでにも、青春18きっぷでの旅をしてきましたので、安くて楽しめる方法を知っているんだな。

今年の夏は、どこに行こうかな・・・って考えているところですが、過去の青春18きっぷの旅を振り返り、おすすめプランをご紹介します。
我が家は横浜駅発ですけど、関東エリアに住んでいる人なら行くことができる範囲のおすすめ旅です。


続きを読む

↑このページのトップヘ