ADHDサラリーマンしばご、株で生きてく。

サラリーマン時代にうつ病になり、専業主夫トレーダー(無職)になり、再び、サラリーマンになりました。
ADHDと診断されて、投薬治療中ですが、のんびり頑張っています。お金に働いてもらっています。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤして専業主夫になったのに、なぜか再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。ADHDでコンサータを服用中です。

タグ:講演会

もし10億円くらいの財産があれば、相続税で何億円も納めなければいけません。もし、そんな立場であれば、自分の好きなところに寄付するという選択肢も生まれてきます。
ただ、専業主夫しばごには、そんな財産が無いので、「どこに寄付しようかな・・・」なんていう悩みはありません。
巨額の富を得た人で巨額な寄付をする人って、凄いですよね。
アメリカ人はけっこういるけど、日本人はすくないですよね。巨額寄付。

カレーハウスCoCo壱番屋の創業者の宗次徳二さんは、毎年、愛知県内の小学校や中学校、高校に楽器を送り続けていることで知られています。
クラシック音楽が好きな宗次徳二氏、吹奏楽をやっている青少年には有名な人です。
今、東京のサントリーホールでも学生音コンをやっていますし、名古屋市では全日本吹奏楽コンクールをやっているので、こんな話題がヤフーのニュースに書かれていました。


続きを読む
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平社員(一般社員)へ にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

日曜日に、ラジオ日経で当選した「立川らく朝のごごらくご」のチケットを持って、落語を聞いてきました。

落語を聞くのは、10年ぶりくらいかな。以前も、ポッドキャスティングのポッドキャスト亭の落語チケットが当選したので行ったのですけど、なかなか自腹で落語を聞くことは無いですね。
Youtubeでも落語を聞けますし、このライブの良さって言うのが、あまり理解ができていないのですわ。
「豚に真珠、しばごに落語」であります。

DSC_0001

この立川らく朝さんも、実は知らなかったんですけど、落語家になる前は医師(内科医)だったみたいですね。
そこで一定の収入を得てから、落語家になったみたいです。プロフィールを見たら、落語家で医学博士。ドクターさんなんですね。
長野県生まれで、杏林大学の医学部を卒業して、慶応健康相談センター(人間ドック)の医長だった人のようです。
その後、立川志らく門下に入門して、内科クリニックも開設している方のようです。

入門したのが46歳(平成12年)で、真打に昇進したのが平成27年10月だそうです。健康をテーマにした講演会をいっぱい開催しているみたいなので、この日も「健康落語」をやっていました。



続きを読む
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平社員(一般社員)へ にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

↑このページのトップヘ