ADHD専業主夫しばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
でも、再びサラリーマンになり、兼業トレーダーに逆戻りです。ADHDと診断されて、投薬治療を始めました。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤして専業主夫になったのに、なぜか再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。ADHDで投薬治療中です。

タグ:補強選手

東京ドームの夏と言えば、都市対抗野球ですね。2018年も行ってきましたよ。
2018年は、開幕戦の13日(金)と、2日目と3日目に行ってきて、今日はインターネット中継を見ますわ。

都市対抗野球を知らない人のために言うと、社会人野球の一番大きい大会なんですわ。各企業が地区予選を勝ち抜いて、東京ドームで戦います。
日程は、2018年は7月13日(金)から24日(火)までですわ。
組み合わせ抽選会が先月行われていて、特定シードチームとかいろいろな大人の事情を考慮されて、対戦相手が決まります。
まぁ、特定シードって言うのは、企業が「お金を出して日程を買う」ようなイメージなんですかね。ちょっと違うんですが。
まぁ、トーナメントの組み合わせが決まって、開幕した都市対抗野球。大人の甲子園って感じですかね。


tositaikou2018_1

チケットは、チーム券って言うのを貰うと、無料で入ることができます。
2試合目とか3試合目だと、時間帯によっては長い行列に並ばないといけなくなりますけど、無料ですし応援グッズも貰えます。最近は、チアスティック・うちわ・タオルなどが多いですね。
タオルを配布しているのは、日通、JR東日本、JR北海道、JR西日本、などでした。

都市対抗と言えば、応援も楽しいです。チアガールの踊りを見てニヤニヤするもよし。一緒にチアスティックを叩いて応援しましょうね。


都市対抗野球に明日はあるか社会人野球、変革への光と闇【電子書籍】[ 横尾弘一 ]
都市対抗野球に明日はあるか社会人野球、変革への光と闇【電子書籍】[ 横尾弘一 ]


続きを読む

全国各地で都市対抗野球の予選が行われています。
東海地区の大熱戦から目が離せませんね。2018年(第89回)の都市対抗野球の優勝予想をしたいと思いますが、まだ出場チームが全部決まっていません。

でも、西関東の東芝とMHPSが優勝すると予想していますよ。
東海第一代表のトヨタ自動車も、強力な補強選手を引き連れて、優勝候補の筆頭格なんでしょうけど、東芝MHPSだってENEOSの3人を加えて、強力なチームになるはずです。
東京の鷺宮製作所は9年ぶりの出場で楽しみですし、セガサミー、JR東日本もいい戦いをするんでしょうね。
前年度優勝のNTT東日本は、少し苦戦するかな。

で、優勝予想の東芝さんです。
岡野・岡本の両投手に加え、加嶋投手がどこまで踏ん張れるかがカギですかね。


toshiba1

立教大学出身の松本選手の激走。
西関東予選では、MHPSとENEOSにさくっと勝ってしまいました。野球ができることの幸せを感じながらの試合だったのかな。

toshiba2

ENEOSからの補強選手三人が気になりますが、打者では山田・山崎・渡邉、投手では柏原・船本・左澤あたりが候補かなぁ。
投手2人っていうよりは、打者2人の投手1人の補強のような気がします。


【中古】都市対抗野球に明日はあるか 社会人野球、変革への光と闇 /ダイヤモンド社/横尾弘一 (単行本)
【中古】都市対抗野球に明日はあるか 社会人野球、変革への光と闇 /ダイヤモンド社/横尾弘一 (単行本)


続きを読む

夏らしい青空が広がっている横浜です。
朝から洗濯してコーヒーを飲んでします。ニュースは、野際陽子が肺腺癌で死亡したという話題です。おそらく、徹子の部屋は追悼スペシャルを放送すると思われます。


さて、夏と言えば、都市対抗野球です。社会人野球の夏であります。
補強選手も発表されて、いよいよ本戦までカウントダウンです。
これまでの予選の様子はさておき、出場できなかったチームの中から、補強選手って言うのが選ばれて、同じ地区のユニフォームを着て出場できる制度があります。

今年、惜しくも出場できなかったチームがいくつかあるのですが、
例えば、七十七銀行、TDK、鷺宮製作所、明治安田生命、JX-ENEOS、東海理化、JR東海、ヤマハ、王子、四国銀行、JR九州・・・などなど、が予選で負けてしまったので、この中の選手が選ばれるわけです。
高校野球で、もし補強選手みたいな制度があったら、面白いけど、面白くないと感じる人もいっぱいいるんだろうな。
早実が予選で敗退しても、違う高校のユニフォームで出場するとか・・・。高野連が許すわけがないか。

で、社会人野球の最高峰、都市対抗野球の2017年の補強選手をまとめてみますね。







続きを読む

↑このページのトップヘ