専業主夫しばご、株で生きてく。

サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
お金に働いて貰います。もう、通勤電車にも乗らないもんね。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
昔から、サラリーマンになりたくなかったんだもん。結婚していますが、子供はいません。「ヒモ」とか「無職」とか思われる現実もあるけど、やっぱり専業主夫になって良かったよ。

タグ:裁判

毎週水曜日は、ドクターGの放送日。ドクターG(NHK)が大好きな専業主夫しばごは、このテレビが楽しみなのですわ。
今日は、妻の誕生日だけど、仕事で遅いみたいなので、ゆっくりとハイボールでも飲みながら暑い部屋で見ようと思います。

今日のドクターGは、日本で最も有名な心臓外科医でもある昭和大学横浜北部病院の南淵明宏(なぶちあきひろ)先生です。
ドクターGは2回目の登場でしょうか。とてもいい先生でトークが上手だった印象があります。
心臓外科の医師は日本にたくさんいますが、どうやったら血管を縫う事なんてできるのかと、素人ながらに思います。飛行機が空を飛ぶのも、心臓血管をバルーンで拡張させるのも、本当に信じられません。
でも、数々の心臓疾患の手術をしてきた南淵明宏医師は、ドクターGでどんな診断をするのでしょうか?


続きを読む

転職経験は数回ある専業主夫しばごです。

転職会議っていうリブセンス(村上太一の会社がやっている会社)のサイトは見たこともあるし、登録してログインしたこともあるけど、投稿したことは無いな。
信憑性のなさそうな情報もあれば、辞めた社員からの文句もいっぱい書かれているし。
嘘も多そうだけど、それ故に訴訟とかもあるんでしょうね。
あ、転職会議っていうのは、転職する人が事前にどんな会社か見るための口コミ投稿サイトね。新卒の人も使うんだっけ?

で、その転職会議に絡んで、徳島市のある会社が、投稿された内容がについて「嘘が書かれている!名誉棄損だ!」って怒って、「誰が書いたんじゃ!」ってなって、「書いたやつ、訴えてやる!」とか思って、「とりあえず、プロバイダだけは分かったぞ!プロバイダに個人情報聞いてやれ!」ってなって、聞かれた高松市のSTnetって言うプロバイダー企業は「そんなこと言われても、個人情報だから教えてあげられないわ」って、揉めたみたいですね。

別にSTnetという高松のプロバイダーがブラック企業とか、そういう訳じゃないですよ。
徳島市のこの会社はひょっとしたらブラック企業かもしれませんが、そうじゃないかもしれません。でも、こんな訴訟を起こす会社なのは事実です。


続きを読む

今日も株主総会の招集通知が届きました。
ヒロタのシュークリームでお馴染みの21LADYと、しばごが大好きな宇徳という会社の招集通知でした。
21LADYは名証なので地味って言えば地味ですが、値動きは激しいです。時価総額の小さい小さい会社ですけど、株価が急騰しちゃいました。98円ぐらいでいっぱい買っていて、無事に300円近辺で売れたので良かったです。200株だけ残しているのは、いつか社長の藤井道子ちゃんに会ってみたいから。
株主総会は行かないですけどね。

宇徳は、全部売ってしまったけど、いい銘柄です。宇徳敬子とは関係ないとは思います。
この宇徳と言う銘柄については、また日を改めて、書いてみますね。

今日は、ウルフ村田こと村田美夏ちゃんという有名な美人トレーダーさんについて書いてみようと思います。ツイッターでフォローしているけど、もちろん面識はありません。セミナーにも行ったことはありません。
テレビにも出ているし、株をしている人なら名前くらいは聞いたことがあるという人も少なくないでしょう。
村田美夏ちゃん、かわいいですよね。


muratamika

これは、無料の3Dアニメ制作ソフトのコミPo!無料体験版で作ってみました。
なかなか面白いね。5分ぐらいでできました。



続きを読む

ブログをやっていると、コンテンツのパクリ問題には敏感になります。
さらに、インチキっぽいキュレーションサイト(まとめサイト)にもいい印象を持っていません。
しばごも、これまでに写真をパクられたことが5,6回はあります。
何とも言えない腹立たしさがあります。
まぁ、どうってことない写真なんですが、それを使って1円でも稼いでいると思ったら腹が立ってきます。

コンテンツを生業としている出版社にとっては、デジタルの時代のコンテンツをパクられたら死活問題です。
さて、料理本のパクリ問題があったようで、ヤフーニュースに記事が出ていました。
小学館のムックの「やせるおかず 作りおき」っていう本と、それに似ている「やせるおかずの作りおき かんたんレシピ177」という本(新星出版社)が出版されてしまったようです。
あぁ、これは、偶然の一致ですね・・・って、そんなわけがないような気がします。





続きを読む

↑このページのトップヘ