ADHDサラリーマンしばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーからの再度サラリーマンに戻りました。
仕事をしていると、株の動きが見れないのが悩みです。そして、大人のADHDと診断されて、投薬治療中です。電話をするのが苦手です。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤして専業主夫になったのに、なぜか再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。ADHDでコンサータを服用中です。

タグ:自立支援申請

先日、横浜市に自立支援医療制度の申請手続きをしました。
申請書を書いて、非課税証明書を発行してもらって、医師に診断書を書いてもらって、ちょっと面倒な手続きを経て、受理されました。
受理されたことを証明する書類が送られてきましたので、それをもって診察を受けたら、1割負担になりました。
前年までの所得が少なくて納税額が少ないと、1か月に払う医療費の上限があります。
私の場合は、来年はわからないけど、今年に関しては年収が少なかったので、とても助かる制度です。

診療費は1500円くらいだったものが500円くらいになりました。
それよりも、薬局で支払うストラテラの薬代が1割負担になるのがでかいです。今回からコンサータを処方されましたけど、このコンサータもストラテラもとても高額な薬なんですわ。
ジェネリック医薬品が出ていないこともあり、1か月で8000円以上します(3割負担の場合)。
でも、それが1割負担になるので良かったです。


ADHD注意欠陥・多動性障害の本 じょうずなつきあい方がわかる (セレクトbooks) [ 司馬理英子 ]
ADHD注意欠陥・多動性障害の本 じょうずなつきあい方がわかる (セレクトbooks) [ 司馬理英子 ]続きを読む

ブログのタイトルを少しだけ、変えました。
「専業主夫」を一時的にやめていますが、「専業主夫」は残して、ADHDを付けました。
ADHDと株をメインに、ニュースの感想文を交えて、ブログを書いていこうと思いますが、どうなることやら。
いつも「焼肉を食べました、美味しかったです」と日記みたいなことを書いていたら、アクセス数は伸びません。誰かのために役に立つようなことも書いていければと思いますよ。

さて、先週は、精神科のお医者さんのところに、自立支援申請をするための診断書を書いてもらいに行きました。
その申請手続きについて、書いてみようと思います。

今は、ストラテラというADHDの治療薬を飲んでいます。80mg(40mg×2)で1か月処方されると、薬価が高い薬なので、めちゃくちゃ高いんですよね。3割負担でも8000円を超えてきます。
だから、先生に「自立支援の申請とか、してもいいんでしょうか?」って質問したところ、すんなりと「あ、いいですよ。書類持ってきてもらえれば、書きますよ」なんて言われたので、自立支援申請の仕方をネットで調べました。横浜市のホームページで調べて、電話で確認してみました。


白十字 PUサルバ自立支援あて楽パッド ふつうサイズ 33枚入 大人用おむつ/大人用紙おむつ
白十字 PUサルバ自立支援あて楽パッド ふつうサイズ 33枚入 大人用おむつ/大人用紙おむつ


ホームページでは、自立支援申請の書類はダウンロードできて、必要な書類をそろえれば郵送で申請できることがわかりました。
しかし、区役所に電話をすると、「説明したいので、書類を取りに来てください」とのこと。
でも、渡す書類は横浜市のホームページでダウンロードできるものと同じモノのようです。そして、医師に書いてもらう診断書もダウンロードできるのですが、それも「誰でもダウンロードできますが、病院でダウンロードしてプリントアウトしてもらったほうが・・・」と、渋い回答でした。
さすが、公務員!とは思いませんでしたが、なかなか難しそうな展開です。

区役所には行かないで、ホームページでダウンロードして、病院に申請書を持っていきましたよ。


続きを読む

↑このページのトップヘ