ADHD専業主夫しばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
でも、再びサラリーマンになり、兼業トレーダーに逆戻りです。ADHDと診断されて、投薬治療を始めました。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤして専業主夫になったのに、なぜか再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。ADHDで投薬治療中です。

タグ:経営破綻

大阪の西成とか、東京の馬喰町界隈のクソ安い宿泊施設って、そこそこに嫌いじゃないんですけど、民泊にはちょっと抵抗感があるしばごです。
シェアハウスは嫌いだけど、激安ドミトリーは嫌いじゃないです。

シェアハウスって、ここ数年、人気があるんですよね。ドラマとか映画の影響なんでしょうか。
そんなことはさておき、スマートデイズ(旧スマートライフ)っていう、シェアハウスを運営する会社が民事再生法の適用を申請して、倒産ということになりそうです。
会社を経営するって難しいんですよね。資金繰りがうまくいかなかったようで・・・。

帝国データバンクの発表内容を見てみましょう。
(株)スマートデイズ(TDB企業コード:121007301、旧商号:(株)スマートライフ、資本金11億20万円、東京都中央区銀座1-7-10、代表赤間健太氏)は、4月9日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、監督命令を受けた。

  申請代理人は南賢一弁護士(東京都千代田区大手町1-1-2、西村あさひ法律事務所、電話03-6250-6200)ほか3名。監督委員は清水祐介弁護士(東京都中央区銀座8-9-11、ひいらぎ総合法律事務所、電話03-3573-1578)。

 当社は、2001年(平成13年)10月にシェアハウス事業を目的に創業、2012年(平成24年)8月に法人改組された投資用不動産販売業者。「クラウドアパート」のブランド名で宿舎型シェアハウスの販売、サブリース、管理等を手がけ、女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」を主体に、男性や外国人向けの「ステップクラウド」、シングルマザー向けの「シングルマザーハウス」等を展開していた。シェアハウスのサブリース事業では草分け的な存在として知られ、近年はシェアハウスの入居者を対象とした人材派遣事業も開始するなど、若者支援を目的とする住まいと仕事の両面での支援事業も活発化。宿泊所やアパートの販売を開始したことに加え、建設業許可を再取得したことによる建築事業の売上寄与があった2017年3月期には年売上高約316億9600万円を計上していた。
格安のドミトリーとか、安いシェアハウスとか、意味は違うし業態も違うけど、ビジネスを成立させるって難しいと思うんですよね。シェアハウスの販売って、うまくやれば儲かるのでしょうけど、なかなか難しかったようです。
サブリース事業の草分け的な存在であり、投資用の不動産で儲けている会社もあるのにね。
シングルマザー向けのシングルマザーハウスっていう響きだけで、ちょっと怪しい感じがするのは、気のせいでしょうか。


利回り20%を望める「シェアハウス」開業の秘訣 [ 仲尾正人 ]
利回り20%を望める「シェアハウス」開業の秘訣 [ 仲尾正人 ]


続きを読む

日本経済が勢いを取り戻しても、倒産する企業があります。
2017年で印象に残っている倒産は、旅行会社のアバンティリゾートクラブですが、フリーテル(FREETEL)ブランドのプラスワン・マーケティングも東京地裁に民事再生法の適用申請をしたようです。ご愁傷様です。

年末に慌ただしいですね。気持ちよく新年が迎えられるといいですけどね。
株の投資家のくせに、倒産・廃業・民事再生法適用・清算・解散の区別が付いていません。どれも気持ちいいものではないですけど。
資金繰りの悪化で債権者に支払いができなくなったというプラスワンマーケティング。これまでにも十分怪しかったけど、もはやここまでなんですね。
負債総額は26億円だそうですが、松坂大輔の年俸と換算するとややこしくなるのでやめておきます。
モバイル通信サービスを提供しているMAYA SYSTEMがスポンサーになるって帝国データバンクが発表しました。なんだ、そこ?

続きを読む

LCCで旅行に行くのが好きな専業主夫しばごです。
本当は機内食があった方が良いけど、料金が高くなるようであればLCCで十分なんですよね。バンクーバーやフランクフルトやヒースローに行く時は、そりゃLCCじゃ行かないし行けないけど、韓国・台湾・香港・北海道・沖縄だったら、LCCで十分です。
バニラエアさん、ありがとうございます。今月は、初めての春秋航空に乗って重慶に行ってきます。
ピーチアビエーションとジェットスターは、まだ乗ったことがないけど、先月のソウル旅行はエアソウルを利用しました。
そのLCCも採算の確保には苦しんでいるみたいですけどね。

英国のモナーク航空が破たんしたみたい。口コミが少ないイギリスのLCC。


ヨーロッパでは、小さな国がいっぱいあることもあり、飛行機での移動も少なくないのでLCCがいっぱいあるんですよね。あ、ちゃんと言うと、ローコストキャリアという格安航空会社のことですよ。
ドイツのLCCが墜落したこともあったっけ。一応、安全なことは安全だと思うけど、安くていいですよね。
イギリスのLCCのモナーク航空って口コミも少なくてよく知りませんが、経営破たんに陥ってしまったようです。イギリス政府は、帰国できない利用者を帰国させるために緊急対応をしているようです。
モナーク航空の破綻で思い出したのが、てるみくらぶの破産だか破綻だか倒産のときに、帰国できない旅行者がいたことですけど、あの人たちは帰国できたのでしょうか?お金は帰ってこなかったと思いますが、あれも酷い話でしたね。



続きを読む

↑このページのトップヘ