久しぶりに野球の話題です。
都市対抗予選も始まり、夏が待ち遠しいです。
社会人野球のシーズンが真っ盛りですな。でも、球場に足を運べていません。等々力にあるENEOSのグランドでさえも行っていません。

さて、社会人野球の名門、新日本石油ENEOSの谷田成吾選手の移籍が話題になっていますね。
プロ野球ほどニュースにもならないので、谷田成吾外野手と言われてもピンとこない人も少なくないでしょう。
しばごは、ここ2年間は見ているのですが、慶応高校・慶応大学時代は知りません。素行が悪いなんて言うことも知らないけど、都市対抗野球の予選で打っていないことは知っています。

なぜ話題になっているかと言うと、大まかに説明しますね。

谷田成吾外野手ご本人とは話したこともないですが、高校時代もそこそこに活躍していて、慶応大では4番を打っていて、プロにはドラフト上位で行きそうなスラッガーだったんですが、ドラフトにはかからなかったんですよね。
そして、名門のエネオス野球部に入るものの、この2年間ではそんなにいい成績を残せずにいました。特に2017年のシーズンでは、スポニチ大会で大ブレーキ、都市対抗予選でも結果を残せず、チームとしても都市対抗野球に出場することもできませんでした。予選でも下位で、代打を出されたこともあったような記憶があります。
ただ、オープン戦とか大事じゃない試合ではそこそこに打っていたらしいです。
で、そんな谷田成吾外野手ですが、もちろん補強選手に選ばれることなく、ドラフトにも指名されずに3年目のシーズンを迎えると思っていました。
しかし、大リーグの関係者から声がかかり、プロ野球への夢を追い求めて、クラウドファンディングで200万円以上のお金を集めて、アメリカでプロになろうとしたんですね。ENEOSは退社して夢を選んだわけです。
しかし、大リーグのスカウトさんの目にもかからず、下部のリーグにも所属せずに日本に戻ってきて、当然ENEOSには戻れませんので、徳島インディゴソックスという四国ILのチームに入団しました。
徳島ISは、明徳義塾から拓殖大学に行った岸潤一郎投手もいますよね。
まぁ、それにしてもなぜ、独立リーグなんかに入ってしまったんでしょう。何が問題になっているかというと、クラウドファンディングで出資した人へのお礼もなく、夢を諦めて戻ってきたことへの批判ですね。
中には詐欺だなんて言う人もいましたけど、クラウドファンディングで投資して失敗して文句を言うのは簡単ですが、谷田選手の方ももう少し謙虚な気持ちで向き合っていたら、違う結果になっていたかもしれませんね。


トミカワールド トミカタウンビルドシティ ガソリンスタンド ENEOS タカラトミー [トミカタウン BC ENEOS]【返品種別B】
トミカワールド トミカタウンビルドシティ ガソリンスタンド ENEOS タカラトミー [トミカタウン BC ENEOS]【返品種別B】


続きを読む