専業主夫しばご、株で生きてく。

サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
お金に働いて貰います。もう、通勤電車にも乗らないもんね。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
昔から、サラリーマンになりたくなかったんだもん。結婚していますが、子供はいません。「ヒモ」とか「無職」とか思われる現実もあるけど、やっぱり専業主夫になって良かったよ。

タグ:眞子さま

もうすぐ6月ですね。そうなると、2017年も折り返し地点ですね。と、なると、ユーキャンの流行語大賞のノミネートが気になってきます。かなり、気が早いですかね。
鈴木誠也(広島カープ)だか緒方監督の「神ってる」はさておき、2017年は何が流行語大賞になるのでしょうか?

ノミネートを予想してみる

おそらく、政治枠では「忖度(そんたく)」でしょうね。
でも、急上昇してきたのは「でも幸せならOKです!」ですかね。


続きを読む

旅行先の山中湖で眞子さまの結婚だか婚約のニュースを聞いた専業主夫のしばごです。
自分が結婚したのがいつだったのか正確に覚えていないし、どんな気持ちであったのか忘れてしまいましたけど、眞子さまおめでとうございます。
テレビ局や新聞各社が、眞子さまの婚約を祝うメッセージの中、ネット民の中では「(結婚・婚約するのが)佳子さまじゃなくて良かった」という声が多かったのですよね。
佳子さまの方が、ちょっとかわいいからね・・・。
また、愛子さまは結婚できるのだろうか?と変な心配をしてしまう私もいました。
さらには、悠仁さまの結婚相手って、すごいプレッシャーがかかるのではないかと、心配になってきました。

悠仁さまの結婚相手の人って、相当のプレッシャーがあるんでしょうね。
周囲から注目され、絶対に子供のことを期待され、男の子を出産しないといけないプレッシャーってかなりのものだと思います。
うちは子どもがいませんし、今後も出産予定はありませんけど、まぁ妊活もしなかったし好きなようにやってきました。
でも、悠仁さまならびに悠仁さまの嫁になる人は、そんなわけにはいきません。



続きを読む

↑このページのトップヘ