専業主夫しばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
でも、再びサラリーマンになり、兼業トレーダーに逆戻りです。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤして専業主夫になるも、再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。仮想通貨には手を出しません。

タグ:症状

プロレスならタイガーマスクとか長州力が好きで、アントニオ猪木とかジャンボ鶴田が嫌いでした。
坂口征二はアントニオ猪木とタッグを組んでいたけど、その息子さんの坂口賢二が国指定の難病である特発性大腿骨頭壊死症のため、無期限で芸能活動を休止するんだとか。
難しい病名ですけど、名医に治療して回復するといいんですが。
ケイダッシュという事務所に所属していますが、2018年5月の契約満了で退社だそうです。芸能人は、売れなくなって自然に引退を余儀なくされるパターンも少なくありませんけど、この難病の特発性大腿骨頭壊死症での活動休止って珍しいです。


スポニチの記事を引用すると、こんなことが書かれていました。
原因不明の難病に悩まされている坂口。文書で「このままでは仕事関係者の皆さまにもご迷惑をお掛けすることになり、これ以上仕事を続けていくことはできない」と苦しい胸中を明かした。

 事務所関係者によると、坂口が右股関節の痛みを初めて訴えたのは、2012年8月の初舞台「十三人の刺客」の期間中。痛み止めの薬を飲んでしのいだが、これ以降、慢性的に痛むようになった。

筑波大学病院で目撃情報もあったらしいですけど、6年ほど前から特発性大腿骨頭壊死症に苦しんでいたんですね。でも、その発症したときは、そんな病名もわからずにリウマチとかそんな感じで考えていたと思います。特発性大腿骨頭壊死症の症状は、名医でもなかなか特定しにくいと思います。
ドクターGにもなかなか登場しない病名です。
大きな骨の大腿骨が慢性とか急性ではなく、突発的に壊死(えし)ですから何か怖い病気のような感じがします。


特発性大腿骨頭壊死症 [ 久保俊一 ]
特発性大腿骨頭壊死症 [ 久保俊一 ]

続きを読む

最近、4時30分とか4時ごろに目が覚めてしまうことが多いです。
もっと前に起きてしまうときもあるけど、単純に老人みたいな感じの目覚めではなく、睡眠の質が悪い感じなんですよね。
今、始まった感じではないんですが。
そんなときは、BS日テレのニュースとか、おは4っていう日テレのニュースを見ています。
ヤフーニュースをスマホでみたりもするんですが、寝始める24時頃~早朝4時くらいの間にも、新しいニュースが出てきます。

今日は、大阪の斉藤真由美容疑者がコンクリートだかセメントにお子さんを詰めていたみたいなニュースが出ていました。
バレーボールの選手の斉藤真由美さんと同姓同名ですけど、このニュースが出た直後なのに、すぐにトレンドブログって言うかフェイクニュースのような記事がいっぱい出ます。
それだけで、かなりイライラしてしまいました。
具体的には、「斉藤真由美の顔写真は?自宅は?息子やFacebookは?」とか「斉藤真由美(寝屋川)の顔画像や旦那や父親が判明?」みたいなムカつくブログです。そんなブログには、だいたい大したことが書いてありません。
「探してみましたがFacebookは見つかりませんでした」とか書いてあります。

本当にイラッとしますけど、その人たちが稼げているとなると、さらにイラッとします。男の更年期障害なんでしょうか。
対策としては、そんなタイトルのブログを見ない事なんですが、いくら自分が見なくても誰かが見て、そのブログ主がアフィリエイト収入を稼いでいると思ったら何かムカついてしまいます。
とりあえず、グーグルアドセンスに通報してみるんですけどね。
もう少しで、グーグルのAIなり技術者が、価値のないブログを判断してくれると思ってしまいますが、今は検索エンジンで上位に出てきてしまうブログもあるんですわ。






続きを読む

↑このページのトップヘ