専業主夫しばご、株で生きてく。

サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
お金に働いて貰います。もう、通勤電車にも乗らないもんね。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
昔から、サラリーマンになりたくなかったんだもん。結婚していますが、子供はいません。「ヒモ」とか「無職」とか思われる現実もあるけど、やっぱり専業主夫になって良かったよ。

タグ:渋谷

芸能人は浮気をしても不倫をしても、名前を覚えてもらわないといけませんよね。星の数ほどいるモデルとかグラドルとかも、テレビに出るために必死です。
ネットで検索した時に名前が検索されるのは簡単だけど、テレビに出なければブレークしないんですよね。みんな有吉反省会に出るために必死なのです。
いくら、ネットの時代でも。

そして、AbemaTV妄想マンデーに出ていたグラビアアイドルの豊田瀬里奈がいよいよ板尾創路との不倫というネタで炎上商法を仕掛けました。板尾創路もNHKのケータイ大喜利以外での存在感は控えめな芸人ですけど、それでも一流芸人でありますから、豊田瀬里奈はそれを利用したというわけですね。
炎上商法とか売名行為は、露骨に嫌われるけど、それでも嫌われないよりは嫌われる方が有名になれるわけで、難しい世界です。


続きを読む

私の好きなテレビ番組の一つ、NHKのドキュメント72時間
この年末スペシャルが2017年も放送されます。
年末年始って、比較的浮かれモードですけど、年末の夜中に、暗い暗いドキュメント72時間が、連続で放送されるんですよ。
昨年もずっと見てしまいましたが、今年も無事に放送されることが決定しました。
放送日は、大みそかか30日の深夜ですかね。

この2017年のドキュメント72時間の中から、投票によって人気の放送が、年末スペシャルに選ばれて放送されます。
本当に、投票数で決まっているかはNHK関係者しか知りませんが、とりあえずファンとして投票します。
投票は、こちらから。


続きを読む

ヤクルトの古田敦也を思い出さずにいられない、フルッタフルッタ。フルッタフルッタの株主優待が届きました。
ヤクルトの古田よりも、明治安田生命の古田投手の方が凄いんですけどね(謎)。

kabunushi1

フルッタフルッタは、アサイードリンクの会社です。
いいチャートをしていたし、時価総額が低い小さな会社ですので、株価がぶっとぶかも!と期待して保有していました。
株価は吹っ飛びましたけど、あまり儲けることなく売ったような気がします。だって、何か悔しかった思い出がある銘柄ですもん。
まぁ、株主優待がゲットできればいいやっていう気持ちもあり、無事に到着しました。
ただ、アサイーとかグラノーラとかタピオカとか、スムージーとか、そのような飲み物はどうも苦手です。チアシードとかプルーンとかも食わず嫌いです。青汁とプロテインならギリギリOKです。
アサイーって、どんなやつだっけ?


続きを読む

金曜日は、私の好きなドキュメント72時間の放送日。
このドキュメント72時間を見て、一週間の締めくくりです。仕事をしていないとは言え、月曜日から金曜日まで株価を見ているので、このNHKドキュメント72時間を見て気持ちをリセットです。

どこか、不幸せな感じの人も多く出るので、それを見て元気をもらっているという、何とも切ない活用法をしています。
もし、これが幸せいっぱいの人だけ出てくるようなレクサスの販売店とか、東京ディズニーリゾートのロビーとか、リゾート地のキャンプ場とかでのロケだったら、番組への批判が殺到するだけでなく視聴率も最悪になるんでしょうね。しばごもそんな番組は見ません。


6月7日のドキュメント72時間は、渋谷のイスラム教のモスクが舞台です。
イスラム教は仏教やキリスト教と比べると馴染みはないものの、成田空港にも礼拝のための部屋ができていて、宗教への理解が必要だと思います。
イスラム国っていう表現が正しいのか分かりませんけど、怖いイメージもあるのも事実です。トルコ旅行は楽しかったのですし、トルコ人は良い人ばかりでしたけど、イスラム教徒の雰囲気はどこどなく怖い気がしてしまいます。これは、偏見なんでしょうけど。

nhk1
イスタンブールのモスクの天井ですよ。






続きを読む

もうすぐ6月ですね。そうなると、2017年も折り返し地点ですね。と、なると、ユーキャンの流行語大賞のノミネートが気になってきます。かなり、気が早いですかね。
鈴木誠也(広島カープ)だか緒方監督の「神ってる」はさておき、2017年は何が流行語大賞になるのでしょうか?

ノミネートを予想してみる

おそらく、政治枠では「忖度(そんたく)」でしょうね。
でも、急上昇してきたのは「でも幸せならOKです!」ですかね。


続きを読む

↑このページのトップヘ