専業主夫しばご、株で生きてく。

サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
お金に働いて貰います。もう、通勤電車にも乗らないもんね。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
昔から、サラリーマンになりたくなかったんだもん。結婚していますが、子供はいません。「ヒモ」とか「無職」とか思われる現実もあるけど、やっぱり専業主夫になって良かったよ。

タグ:求人

先ほど、Amazonからメールが届きました。
買ってもいないDMM.comのポイントコードが注文されていました。しかも、知らないクレジットカードの番号が登録されていたのです。
自分のカードなのだろうか?クレジットカードが不正に利用されているのだろうか?パスワードが漏洩してしまったのだろうか?かなり心配になりました。
とりあえず、パスワードを変更して、Amazonさんのカスタマーセンターに連絡して、調査待ちです。
自分の持っているカード番号ではないけど、請求先がわたしになっていたので、心配です。
情報漏えいとかハッキングの話は頻繁に聞きますが、自分の身に起こると嫌ですね。
海外旅行先でクレジット被害に遭遇したこともありませんが、気をつけたいと思います。


さて、元サラリーマンで転職経験もありますけど、転職って難しいですよね。年齢がそこそこいっていると難しいですし、文系のサラリーマンともなると資格もありませんからね。
資格は邪魔にはならないので、ちゃんと持っているといいですよね。
あ、資格はたくさん持っているのですが、クソの役にも立たない資格ばっかりなんですよね、私。
最も役に立つのは、普通免許証くらいです。

医師・弁護士・司法書士・薬剤師・行政書士・管理栄養士・・・など、強いですよね。
介護系の資格は弱いけど、 無いよりはマシなんですかね。

最近、子供がなりたい職業として、専業主婦とか専業主夫が上がって生きているのでしょうか。
プロ野球選手やケーキ屋さんとかパイロットとか医師とか、定番な職業もありますが、専業主婦(夫)もいいですよ。
現実に話を戻すと、薬剤師っていいらしいですね。薬屋さんの薬剤師、給料もいいみたいだし。

 続きを読む

専業主夫のしばごです。転職活動はしていませんが何か?
ちょっと前までは、就職したいと思っていましたけど、いいところがあれば転職したいと思うようになってきて、さらに、その気持ちも薄れてきて・・・無くなりました。
でも、スカウトメールやらキャリアアドバイザーからの求人の連絡やら、リクナビネクストの希望に合った求人メールとかって、ちょくちょく来るんですよね。
設定で、「メール送信を希望しない」ってやればいいのに、面倒なので、やっていません。

それにしても、毎日のようにメールを送ってくる東建コーポレーション!本当にお疲れ様です。
手間がかかっていないんでしょうね、おそらく。
やたらと多くの人に、「働きませんか?」っていうメールを送っているのでしょう。もう、完全にスパムのレベルです。
東建コーポレーションさん、オタクの会社では働きませんから!
類似の会社に、大東建託さんもあります。土地活用はするかもしれませんが、大東建託さんでははたらきませんからね。


ブラック企業なの?
さて、この東建コーポレーションさんとか大東建託さんって、ブラック企業なのですかね?
ブラック企業の定義も、いろいろあるんでしょうけど、両社ともに大きな会社ですからねぇ。
離職率が高いとか、仕事の量や質の割には年収が低いとか、そんな感じがブラック企業という所以でしょう。
変な上司がいるとか、ノルマを課せられる厳しい支店長がいるとか、そんなのはどんな会社でもあたり前ですよね。
どんなところがブラックなのか、評判を調べてみたら、やはり年収の面ではいろいろな投稿がありましたね。
営業成績によって、年収の差が大きいみたい。しかも、貰えている人の年収は1000万円を超えているんだとか。そりゃ、そんな人も数人はいるんでしょうね。
でも、多くの人が、朝から晩まで働いて苦しんでいるみたい。まぁ、それもまた人生ですし、一生懸命働いている人はいくらでもいますからね。
離職率については、よく分からないけど、こんなに積極的にうざいほどの求人を送ってくるということは、循環しているんでしょうね、サラリーマンが。
どこかの求人サイトに書いてありましたが、「激しく求人活動をしている会社にはブラック企業も多く、従業員が辞めている会社だから気を付けろ!」みたいなことが書いてありました。まさに、そうだと思います。
だから、東建コーポレーションさんも大東建託さんも、受けませんよ。


大東建託さんや東建コーポレーションさんの採用手段
しばごは、DODAのメールとか、リクナビのメールとか、マイナビ転職とか、いろいろなサイトを使っていましたけど、やはり、大東建託さんも東建コーポレーションさんも、そこを使って攻撃してきます。
年収が高いことをちらつかせながら、攻撃していきます。
最近では、ブラック企業だという評判さえも武器にして、自虐的に攻撃するパターンさえもあります。
そして、ネットで書かれた退職者の口コミも増えてきて、もう見ているだけでも少しは楽しめます。
元大東建託社員さん、元東建コーポレーション社員さん、今はどうしているのかな。
また、2社に内定したこの方、どうしたのかな。

弱者が勝つ戦略
三鍋 伊佐雄
PHP研究所
2013-09-04



 まとめ
まぁ、大東建託や東建コーポレーションさんからのメールだけがうざいという事ではないけど、ブラックな会社からの求人広告っていうか、求人スカウトメールって本当に嫌ですね。
うまく、条件にマッチしている会社からのメールでさえも、ちょっと危険なんですよね。
やはり、人を探しているということは、何か危機感を感じているんでしょうし、辞めた人がいるってことなんですよね。
スカウトメールやヘッドハンティングに積極的な会社って、注意した方がいいですよ。サラリーマンにとって、転職は大きな転機ですけど、専業主夫に転職するのは良かったです。
一人でも東建コーポレーションさんの被害に遭う人が少なくなりますように・・・。
 

↑このページのトップヘ