専業主夫しばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
でも、再びサラリーマンになり、兼業トレーダーに逆戻りです。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤして専業主夫になるも、再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。仮想通貨には手を出しません。

タグ:死亡

2018年になって大物の死去のニュースを聞いて悲しくなっています。
星野仙一さん、安らかに眠っているかな?いや、天国でも闘将として戦っているかな?

今日は嘆きのボインでおなじみの落語家の月亭可朝さんが死亡したとのニュースがありました。死因は、急性肺線維症だそうです。特発性肺線維症はよく聞いたことがありますが、急性肺線維症って聞きなれない病名だと思いました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
面白い落語家さんだけにショックだわ。

阪神タイガース専門紙のようなデイリースポーツの記事を引用してみます。

カンカン帽で「嘆きのボイン」を歌った落語家の月亭可朝(本名・清水傑=しみず・まさる)さんが3月28日に急性肺腺維症のために兵庫県内の病院で亡くなったことが9日、分かった。80歳だった。

高校を卒業後に3代目林家染丸に入門するも女性問題を起こして破門。人間国宝だった3代目桂米朝にひろわれ、米朝一門の筆頭弟子となった。1969(昭和44)年にコミックソング「嘆きのボイン」を発売し大ヒット。その後も国政選挙への出馬と落選、ストーカー事件で逮捕されるなど破天荒な生きざまを貫いた。通夜、葬儀・告別式は密葬で営まれた。
米朝一門ですが、選挙に出て一夫多妻制を公約にして落選したり、ストーカーで逮捕されるなど、破天荒ですね。

ザ・月亭可朝ベスト+新曲 [ 月亭可朝 ]
ザ・月亭可朝ベスト+新曲 [ 月亭可朝 ]




続きを読む

高所恐怖症の専業主夫しばごです。
高い場所にお金を払っていくことは、あまりしません。函館山に上ったのは1日乗車券があったからこその行動であり、わざわざ函館山のロープウェイにお金を出して乗ることはしないでしょう。
ましてや、五稜郭タワーなどには登りません。
高い場所に行くなら、無料の都庁展望台がおすすめです。

さて、そんな高所恐怖症の人には信じられないのですが、ムササビみたいに山とか断崖絶壁からジャンプして、パラシュートで着地するというベースジャンピングっていうスポーツがあるんですよね。
ベースジャンピングで事故死する人がいたみたいです。日本人ではないようですが。


続きを読む

コウテイペンギンとかフンボルトペンギンとか、ペンギンってかわいいですよね。
歩き方がかわいいし、お腹の丸みがかわいいのがペンギンってもんです。
動物園って癒されるから好きだけど、ペンギンを見ている時間が長い専業主夫しばごです。

さて、けものフレンズとのコラボで話題になった東武動物公園のフンボルトペンギングレープ君が死亡したというニュースがありました。
動物の死去は悲しいニュースであります。
グレープ君は21歳で死因は不明とのことです。死亡したのは2017年10月12日のことでした。



続きを読む

早期で発見されたガンは治療ができるけど、若い人が進行性のガンにかかると、あっという間に転移して死に至るというケースがあります。
静岡県立がんセンターに行ったときも、若い人でもがん闘病中の人がいて、何とも言えない気になったものです。

がん闘病中だった漫画家のつかじ俊先生が、2017年9月25日に死去していたそうです。10月1日にブログやTwitterでご家族が報告したようですが、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
2016年4月に「きょうのきゅうしょく!」の連載をヤングエースで始めたのですが、2話で中止になっていました。

つかじ俊先生のBlogならびにツイッターでは、以下のように書かれています。
平成29年9月25日に安らかに旅立ちました。生前、作品を愛してくださいました皆さま、また、お世話になりました先生、出版関係の皆さまには深く感謝申し上げます

さらに、闘病に関して多くの方々から応援を頂き、励ましの言葉を掛けてくださいましたことは、どれほど本人の心の支えになっていたか、深く深く感謝と共にお礼申し上げます。いつの日も、心の片隅に思い出として残していただけることを念じて、旅立ちの報告をさせていただきます
まだ、若いのに、本当に将来が楽しみな漫画家さんなのに、切ない気がしてきます。つかじ俊先生も残念だったと思いますが、天国でも漫画を描き続けてほしいと思います。



続きを読む

フェイクニュースを書いて広めている人って嫌ですよね。
日本のマスコミも、TBSとかテレビ朝日とか嘘ばっかりなことを言うときがありますけど、報道機関は中立であって欲しいものです。
個人は、表現の自由があるけど、名誉棄損や嘘ばかり書いていたらダメですよね。難しい境界があるけど、「西田敏行が薬物を使っていた」って書いていた人は名誉棄損で逮捕されていましたよね。あれは、いかんわ。

フェイクニュースを拡散させていたというポール・ホーナーさんが38歳で死亡していたみたいです。でも、このポール・ホーナー氏って、誰か知りませんでしたよ。外人って名前が覚えにくいんですよね。ボブホーナーなら赤鬼さんだから知っていた市、ポールならポリンキーの3匹のうちどれかですよね。
ポール・ホーナーさんは、9月18日にアリゾナ州のラビーンという町の自宅で遺体で発見されたようです。死因は、薬物の過剰摂取と言うことで「欧米かっ」って言っておきます。
日本でも、薬物依存や薬物の過剰摂取は問題になっていますけど、アメリカでは多いんですよね。本当に薬物依存になっていて、薬物の過剰摂取であったかは謎です。誰かに薬物を盛られたかもしれません。
司法解剖をして、薬物が検出されたのかもしれませんね。


続きを読む

お笑いタレントの片岡鶴太郎のニュースがいっぱいの朝です。
急に動き出しましたけど、何かあるんでしょうか?

関西テレビの番組で、インドでヨガを極めて内臓脂肪1%であることを明かしたけど、心配になるくらいな生活をしていそうです。
体重は43キロまで激やせして、いくらヨガをストイックにやっていてもやりすぎだろ!という印象は否めません。心身ともに病気かもしれませんね。

片岡鶴太郎と言えば、いろいろなエピソードがあります。

ヨガは有名だったけど、個展をひらいて芸術家の側面もありましたし、ボクシングの選手として活躍していた時期もありました。絵はかなり上手だったけど、ボクシングはそんなに強くなかったですよね。
でも、片岡鶴太郎美術館は建物の前まで行ったけど、入場しませんでした。

ひょうきん族でも一時代を築きましたしね。浦辺粂子さんと仲良しだった印象があります。
死亡説が流れたこともありましたっけ?

続きを読む

↑このページのトップヘ