年末になると格闘技のテレビ番組が増えますね。ボクシングとか総合格闘技とかプロレスって、嫌いじゃありません。
リングスって言うのをリアルで見た時には、とても迫力があったことを覚えています。
でも、ボクシングは生で見たことはありません。

さて、MBSテレビのドキュメンタリー番組「映像18」では、精神科に通院していて、後に自殺してしまったプロボクサー武藤通隆(むとうみちたか)さんのテレビ番組を放送するようです。
なぜ、世界チャンピオンを目指していたのに自らの命を絶ってしまったのでしょうか。
武藤通隆さんは高校で数学の先生をして、ボクシングをやっていました。

統合失調症と診断されていて、精神的混乱に陥っていたようです。
死亡したときは28歳だったので、まだこれから楽しいことが待っていたはずなのに、本当にかわいそうです。

番組では、父親の忘れられない言葉があることを伝えて放送するようです。

「薬を飲ませていれば大丈夫・・・」という医師の言葉です。

日刊スポーツの記事によると、こんなことが書かれていました。
鋭い視点で斬り込むMBSテレビのドキュメンタリーシリーズ「映像’18」は「あるプロボクサーの死~精神医療を問う父の闘い」を25日深夜0時50分(関西ローカル)から放送する。番組を通じて、精神医療に伴ういくつかの問題点が浮き彫りになっていく。

武藤さんは大阪教育大を卒業後、高校の数学の非常勤講師として勤務し、25歳のときプロテストに合格。フライ級の西日本新人王決勝にも進出した。その後、勝てばプロとしてステップアップできる元日本ランカーとの試合に敗れ、挫折を味わった。
ボクシンググローブ 8oz 10oz 12oz 14oz 16oz オンス ボクシング 打撃 練習 空手 格闘技 練習 グローブ ボクシング用品 8オンス 10オンス 12オンス 14オンス 16オンス 送料無料
ボクシンググローブ 8oz 10oz 12oz 14oz 16oz オンス ボクシング 打撃 練習 空手 格闘技 練習 グローブ ボクシング用品 8オンス 10オンス 12オンス 14オンス 16オンス 送料無料






続きを読む