専業主夫しばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
でも、再びサラリーマンになり、兼業トレーダーに逆戻りです。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤして専業主夫になるも、再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。仮想通貨には手を出しません。

タグ:株主優待

しばごは、コンビニスイーツを買うことはあまり多くないですが、プレミアムロールケーキとシュークリームは、ときどき買います。
生クリームは嫌いじゃありません。

ローソンで、プレミアムロールケーキを買おうと思ったのですが、久しぶりに大きなツインシューを買いました。プチ贅沢です。
シュークリームは、自分で作ることはありません。
キャベツを意味するシューを作るのは大変ですからね。

ローソンの大きなツインシューはおいしいよ。


ookinatwinshu1



シュークリーム 濃厚ミルクシュー3 ギフト プレゼント(5400円以上まとめ買いで送料無料対象商品)(lf)
シュークリーム 濃厚ミルクシュー3 ギフト プレゼント(5400円以上まとめ買いで送料無料対象商品)(lf)

大きなツインシューの「ツイン」とは、もちろん生クリームとカスタードクリームを意味します。いちごとか抹茶のやつもいいけど、やはり男はスタンダードなツインシューですわ。
お値段は105円。




続きを読む

先日、マルコの株主優待の品をカタログで選んだことはこのブログで紹介させてきただきました。
そして、マルコさんから株主優待のモノが届きました。
選んだのは、寿司トートバッグとかドアノブにかけるタイプのアロマとか、健康食品です。
ライザップの関連銘柄らしい株主優待です。
女性用の下着を株主優待で貰うという選択肢はありませんでした。

こんな株主優待が来たよ。

maruko_kabunusiyutai1

寿司が食べたい気分になります。
ばっちりとプリントされています、寿司が。

飼っているペットなどをプリントアウトして、オリジナルのトートバッグを作る人もいるかもしれませんが、だいたいこんな感じなんでしょうね。
プリントの部分は、ペロペロしていて高級感はありません。面白い系のグッズですが、どんな時に使っていいか分かりません。
ビジネスシーンでは絶対に利用できないトートバッグです。マクドナルドに行く時に持っていくのがいいのでしょうか。

他の株主さんにも、マルコからの株主優待が届けられていますね。



儲かる&楽しい株主優待 マル得 カタログ (日経ホームマガジン) [ 日経マネー ]
儲かる&楽しい株主優待 マル得 カタログ (日経ホームマガジン) [ 日経マネー ]


続きを読む

株主優待狙い銘柄の真骨頂、かっぱ寿司のカッパクリエイト
コロワイドグループになり、ブランド変更して再起を目指しているかっぱ寿司。
そんなカッパクリエイトから株主優待のお知らせが到着しました。

カッパクリエイトの株主優待券は、紙からカードに変わっています。
昔は、かっぱの絵が描かれている株主優待券だったのですが、今回はカードにポイントが入ったという連絡になります。


kappasushi1
合理的な感じがします。
初期にカード発行のコストがかかるものの、紙の優待券の印刷コストが下がります。
長期保有している株主であれば、このカードって言うのはいいことのような気がしますけど、「あと何枚かな?」っていう楽しみは無くなります。
ポイント確認はお店でできますけど、株主優待券を使って食事をしたときのレシートと一緒に保管しておくと、残高が確認できますね。めんどくさい。

続きを読む

今日は、高校駅伝の日。
全国の予選を勝ち抜いた高校生が京都の都大路を走ります。楽しみですね。
優勝予想は、当たるのかな?当たらないだろう。

さて、ちょっと先延ばしにしてきたマルコの株主優待ですが、カタログの中で何を選ぼうか悩みました。
ライザップグループになって、20%オフの株主優待券だけでなく魅力的な商品も多くなってきました。
RIZAPの雑炊とか健康食品は、そこそこにお値段が高いのですね。

で、どの商品を選んだのか?

maruko6

マルコの株主優待サイトに入ると、必要な情報を入力するように促され、個人情報を登録して会員になります。

maruko1

そして、カタログの商品の中から選ぶという流れです。萩原流行です(ん?)





続きを読む

今日は、横浜の住宅展示場に行ってきました。
新築の注文住宅はとても魅力的ですけど、やはり新築住宅って言うのはもったいないかなって思いました。
建物の減価償却や固定資産税やローンの金利を考えると、手を出さなくてもいいかなって思い始めました。考えは変わるかもしれませんけどね。

さて、ちょっと前に日本ギア工業(6356)から株主優待が届きました。

オリジナルではないクオカードです。


nihongiakougyou1
工夫のかけらもない、男らしいクオカードです。
株主名義管理人は、アイアールジャパンさんですね。最近、アイアールジャパンを使っている会社が多くなったような気がします。
日本ギア工業は、東証2部に上場している自動車のギア(歯車)を作っている会社ですけど、近年は原発のバルブ装置などを作っています。
株価が急騰した時に大半を売却しましたが、少し残している状態です。
決算内容があまり良くなかったので、ガクンと下げちゃいましたが、まぁかなりいい思いをした銘柄です。
それにしても、株主優待のクオカードって言うのは、地味すぎるな。


続きを読む

先日、カラオケの鉄人を展開する鉄人化計画からの株主優待が届いたことを、こちらのブログで書きました。

鉄人化計画の株主優待券が到着したよ。会員カードを握りしめカラオケの鉄人に1人カラオケでワイン貰いに行くわ。


早速、横浜市内のカラオケの鉄人に行ってきました。
中華街のカラ鉄は、ルーム料金が高いので、桜木町の店舗にお邪魔しました。
ドリンク1杯付きで1時間、ランチを付けて利用しました。株主優待の会員カードを提示したら、お土産としてワインではなくシャンパンを頂きました。
しかし、なんと注文したドリンク(CCレモン)が出てこなくて、店員に言ったら「あ、すみません」って言われただけの対応でした。
返金しろとは言いませんが、CCレモンをくれればいいのに・・・って思ってしまいましたが、大人の対応で「あ、いいです」とか言っちゃいました。

でも、株主優待として頂いた500円分のチケットをランチに使用して、ルーム代を450円払ってきて、大きなシャンパンを貰ってきました。


これが、ロコモコです。

karatetsu1

ハンバーグは温かいけど、半熟卵が冷たいので、独特の温度感であります。
ライスは、ヘルシーな感じです。すなわち、量が少ないです。
おしゃれな葉っぱが付いていて、ドミグラスソースがかかっています。あっという間に、食べてしまいました。
まぁ、500円って感じですけど、カラオケの中ですから、フードメニューの値段はどれも高いです。
ここで利益が生まれるわけですからね。
それにしても、CCレモンが飲みたい気分です(しつこい)。



続きを読む

株主優待には、いい株主優待とダサイ株主優待があります。使えない株主優待は嫌いです。
株主優待を目的としていないしばごですが、変な優待をしている企業って、イメージが悪いです。

インプレスHDは、長いこと保有している銘柄で、好きな銘柄です。
IT系の出版社ですが、まぁ地味な企業なんですわ。塚本会長が経営から退いて、娘さんが取締役に入ったかと思うのですが、その後いかがお過ごしでしょうかね。

昔は、いい株主総会をして、株主総会の後には立派なお土産が出ていたんですが、今はすっかりと地味になりました。
株主優待も、地味な電子出版物になりました。ダウンロードするけど、あまり見ないんですよね。


impress1


Sメールっていうんでしたっけ?ペロッとめくるハガキが届きました。ここに株主の番号とパスワードが書かれていて、株主優待をダウンロードするシステムです。


続きを読む

株主優待の商品が立て続けに届きますわ。
下着のマルコさんも、先ほど届きました。
そして、かなり怪しい銘柄のADワークスという不動産の会社からも株主優待のご連絡が到着しました。ありがたや~。

ADワークスって、かなり危険なんですよね。賭博とか博打みたいな銘柄なんですわ。
新株予約権が2017年7月に売り出され、証券会社で普通に買うことができて、9月に上場廃止になるからそこまでに売らないといけないっていうヤツをやりました。ライツオファリングとかいうやつです。
普通の増資だったらこんなやり方をしないんですが、分割ではなく新株予約権を既存株主に発行したんですよね。
そうしたら、2円で上場した新株予約権が24円くらいまで急騰したんですよね。新株予約権の行使価格がたしか39円だったので、ADワークスの株の39円で買う権利をいくらで購入するか?っていうのがポイントだったんですよね。

マネーゲームみたいになって、少し儲けたのですが、少し余らせてADワークスの株を保有することになりました。
今は41円か40円です。上場廃止になるまで持っているか、50円になったら売りたいと思いますよ。


で、株主優待制度があるのかよ!

株主優待の制度があることにびっくりしたけど、一応パンフレットが到着しました。

adworks
最近、プレミアムクラブって多いですね。
株主優待のクラブだけでなく、さらにプレミアム会員ですか。
どんな特典があるんだね?


続きを読む

↑このページのトップヘ