箱根駅伝の本戦よりも予選会の方が面白いというか、別の楽しみがあります。都市対抗野球も本戦はお祭りっぽいところもあるけど、地区予選は本当に苦しい戦いです。
で、箱根駅伝の2020年の予選会が2019年10月26日に開催されます。これはどんなレースになるのか、今から楽しみです。

予想しても当たらないけど、常連校よりも出場できるかできないかギリギリの学校の頑張りが気になります。近年は、松蔭大学、駿河台大学、東京国際大学、麗澤大学あたりの予選会の走りが気になるところです。そろそろ松蔭大学が出場できるのではないかと予想していますが、外れてしまうことが多いです。昔は、松陰女子大学だったんですけどね。

で、注目は、Cのマークの中央大学です。中大が強くないと箱根駅伝は面白くない印象があります。早稲田とか駒沢とか、山梨学院とか順天堂大学とか、大東文化大とか神奈川大とか、時代によっていろいろな歴史がありましたが、やはり中央大学はいつも安定して強いイメージがあります。でも、近年は低迷しています。
今が一番戦力が落ちていて、2020年も予選会を突破しないと出られません。


中央大学(商学部ー一般入試・センター併用方式) 2020年版;No.321 (大学入試シリーズ) [ 教学社編集部 ]
中央大学(商学部ー一般入試・センター併用方式) 2020年版;No.321 (大学入試シリーズ) [ 教学社編集部 ]


続きを読む