またまた、都市対抗野球ネタです。
昨日は、妻と共に、東京ドームで都市対抗野球を見てきました。土日は、多くの人が東京ドームに来ていたと思いますけど、JR東日本の動員が本当にすごかったです。

準々決勝のベスト8が出揃って、この日は、東芝(川崎市)とJR東日本(東京都)の対戦でした。
エース田嶋大樹(佐野日大高校)投手がドラフト候補として注目され、どことなく会社も好調な感じのJR東日本に対して、今年はいかんともしがたい状況の東芝。
下馬評では、JR東日本が有利だと予想していた人も多いでしょう。

jreastjapan1

試合前には、多くの横断幕を持った会社の人たちの姿もありました。でも「いいから打て!」の横断幕が無いのは、ちょっと寂しいと思いました。
木本徹コーチの横断幕は無かったですね。
この横断幕って言うのは、ちょっと素敵なキャッチコピーが添えられていて、楽しいのですよね。
俊足の嘉数駿選手は、JR東日本の新幹線E5系にかけて「E5系の如く全力疾走!」というかっこいい横断幕でした。キャッチャーの鈴木貴弘選手のは、捕手らしく「堅守で勝利を掴みとれ!」です。
影山潤二選手は桐蔭学園高校から中央大学のイケメン外野手です。岩澤寿和選手のとデザインが似ているので、同じ部署なんですかね?
JR東日本の名簿を持っていないので、よく分からないけど。でも、色が、東芝カラーだったのは、偶然です。

jreastjapan2

試合前には、JR東日本は社歌斉唱の時に、選手とスタッフが肩を組んでいます。左右に揺れていて、全員が同じ方向に動いていなかったのは仕方ないことです。
両方に引っ張られて、両方に押されていた選手は、この写真で分かりますかね。動画で撮影すればよかった。
なお、この写真は、ちょっと緑を多く加工しています。
緑のモノはより緑に、赤いものはより赤くって言うのがセオリーです。
この社歌を斉唱しているとき、堀井哲也監督はマスコットと触れ合えてプチ喜び中でしょうか。セクハラ現場を激写!って訳ではありません。




続きを読む