専業主夫しばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
でも、再びサラリーマンになり、兼業トレーダーに逆戻りです。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤして専業主夫になるも、再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。仮想通貨には手を出しません。

タグ:宿泊

安い宿とかカプセルホテルが好きなしばごです。安くてきれいなカプセルホテルが大好きなんですわ。
東京駅に近い安くてきれいなドミトリーの中でも、秋葉原と神田にあるヒロマスホステル(HIROMAS HOSTEL)がお気に入りです。

これまでに秋葉原には4泊、神田には2泊したことがありますが、今度は横浜にもオープン予定だそうです。ヒロマスホステルは、上野にもあるようなので、今度泊まってみたいと思います。
秋葉原のヒロマスホステルには連泊してしまいました。


hiromashostel1

宿泊するだけならバッチリな簡素なドミトリー。秋葉原という土地柄、アニメ好きの外国人みたいな人が宿泊しています。
韓国人や中国人もいるけど、欧米系の人もいます。外国人バックパッカーの中に、サラリーマンとか就職活動中の地方の大学生とかが宿泊しています。
1泊2000円以下で宿泊できるので、学生にとっても外国人観光客にとっても、サラリーマンにとってもうれしいですね。
シャワールームもきれいですし、Wifiもしっかりとつながりますしね。セキュリティーには不安を感じますが、モノが無くなったりしたことはありません。
大事なものは自分で管理しましょう。


振動式目覚まし時計(サイレントバイブレーション)シェイクンウェイク【仮眠、休憩、旅行、出張、バス、電車、飛行機、カプセルホテルで】腕時計タイプ
振動式目覚まし時計(サイレントバイブレーション)シェイクンウェイク【仮眠、休憩、旅行、出張、バス、電車、飛行機、カプセルホテルで】腕時計タイプ


続きを読む

海外旅行でも国内旅行でも、どちらでもいいから旅行に行きたいですわ。
気軽に旅行気分を味わうには、東京のドミトリーに宿泊するのが一番です。外人がいっぱいいますし。
お値段は2000円以下で、そこそこに楽しめます。


東京の馬喰町にあるゲストハウスに宿泊したよ。

宿泊したのは、総武線(快速)が停まる馬喰町に近いJapanize Guest House(ジャパナイズ ゲストハウス)です。
ジャパニーズではなく、ジャパナイズなんですね。
楽天トラベルで安い順にソートして見つけた1500円(一泊)のゲストハウスです。中国人でも韓国人でも、欧米からのバックパッカーも、なんでも来い!っていう気分で宿泊しましたよ。

japanizeguesthouse4

おしゃれな感じはしたんですよね。
1階は、おしゃれなステーキハウスになっていて、リノベーション系の建物でした。
しかし、中はかなり汚かったですよ。。。

日本てくてくゲストハウスめぐり [ 松鳥 むう ]
日本てくてくゲストハウスめぐり [ 松鳥 むう ]


続きを読む

東京タワーとか東京都庁には登ったことがあるけど、富士山と東京スカイツリーには登ったことがないしばごです。
上る予定は今のところありません。

さて、キラキラしているイメージのあるUAEのドバイにとても高いホテルが開業したらしいですん。宿泊する価格も高いと思いますけど、高さが世界一らしいです。
これまでの世界一はどこのホテルだっけ?
開業するホテルはドバイにあるゲボラ(Gevora)っていうホテルだそうです。あ、これまでの世界一は、JWマリオットマーキスっていうドバイのホテルでしたね。
そう言われてみれば、世界一の高さのホテルがUAEにあるって、話題になっていましたね。
火事とか地震は怖いですよね。地震は少ないエリアでしょうけど、トルコで大きな地震が発生したり、日本の中では地震が少ない熊本で地震が起きたりする時代ですから、何が起こるか分かりません。
火事は、とても怖いと思います。





アラブからのメッセージ 私がUAEから届けた「3・11」への支援 [ ナオコ・ハムダ ]
アラブからのメッセージ 私がUAEから届けた「3・11」への支援 [ ナオコ・ハムダ ]

続きを読む

平昌オリンピックが始まりましたね。始まると盛り上がるのが通常のオリンピックですけど、韓国とか北朝鮮問題が騒がしいだけに、どんなオリンピックになるんですかね。
しばごが好きなカーリングが楽しみですが、あまり見られないのが残念な感じです。

さて、先週は、東京の秋葉原にあるカプセルホテルっていうかドミトリータイプの宿に宿泊しました。
お値段は1500円ですが、函館のきれいなドミトリーに宿泊した経験から「きれいなドミトリーかカプセルに泊まりたいな!」って思って、探したドミトリーです。
大阪の西成にある安い宿泊所のようなところなのだろうか・・・?と思ったけど、とてもきれいなホテルでした。
施設名は、MOA HOSTEL in Akibaという秋葉原にあるドミトリーです。
宿泊している人は、ほとんど外国人でしたよ。ホステルっていうのか?こういうのは。


akiba1

2段ベッドのカプセルホテル風で、新しいですよ。
お風呂の浴槽などはありませんが、シャワールームが2つありました。リノベーションしているので、とても清潔感がありますし、フロントのスタッフはとてもきれいなお姉さんでした。
韓国人と話をしていましたけど、とても明るくて好印象です。
楽天トラベルで宿泊予約をしましたが、とてもスムーズで問題ありません。
今時の格安宿泊施設も進化していますな。
カプセルホテル風の宿泊の仕方って、外国人には新鮮なのかなぁ?それとも、ドミトリーって外国人には向いているのかな?


ハワイスタイル(no.44) やっぱりコンドミニアムに泊まりたい! (エイムック)
ハワイスタイル(no.44) やっぱりコンドミニアムに泊まりたい! (エイムック)

続きを読む

先週の札幌・小樽旅行から、もう1週間が経過しました。
何か時間が経過するのが早い気がします。もうすぐクリスマスで、気が付けば2018年が始まり、そして1月も終わっちゃったりするんでしょうね。
小樽で宿泊したグランドパーク小樽のことをブログに残しておこうと思います。

3人で宿泊して、料金が安くて口コミの評点が高いホテルを探して、グランドパーク小樽に決めました。
旅行先で、グランドパーク小樽のところにあるウイングベイ小樽の運営会社が民事再生法を出したとのニュースを知りましたけど、何か運命を感じました。
2000年以降の歴史を振り返ってみると、マイカルが民事再生法を出して、サティからイオンになり、小樽市が差し押さえをして、その差し押さえを特例で解除して、それをファンドが債券ごと買い取るも、固定資産税が払えなかったりして、再び差し押さえになって、この度運営会社が民事再生法を適用するということらしいです。
でも、今後の予定は決まっているようで、ダイソーや丸亀製麺、イオンやライトオンなどの店舗は継続するんでしょうね。(サクサクっと調べているので間違っていたらすみません)
ちょっと気になります、今後のウイングベイ小樽。

なお、ウイングベイ小樽(小樽ベイシティ開発)と、グランドパーク小樽は関係ないみたいです。
ウイングベイ小樽(小樽ベイシティ開発)の民事再生法申請に関する報道について

2017年12月7日に、ウイングベイ小樽(小樽ベイシティ開発)が民事再生法の適用を申請したことを受け、一部のメディアで、ウイングベイ小樽にホテル(グランドパーク小樽)がテナントして出店しているかのような報道がありました。

グランドパーク小樽は、建物を自社で所有し運営しているホテルであり、ウイングベイ小樽のテナントではありません。また、小樽ベイシティ開発とは、運営等に関わる出資関係もございません。

今回のウイングベイ小樽(小樽ベイシティ開発)の民事再生法適用申請は、ホテルとしての運営及び日常業務に何らの影響をもたらすものではありませんので、皆様におかれましては何卒当社の立場をご理解いただき、引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。


さて、民事再生法はともかくとして、グランドパーク小樽というホテル。
お値段は、トリプルで12000円でした。一人当たり4000円もしますけど、ちょっとリッチな気分です。できれば3000円以下に抑えたかったけど、小樽という若干競争原理は働かないエリアですので、やむを得ません。

ウイングベイ小樽の中には、たくさんのテナントが入っています。食事をする場所もたくさんあります。1日中遊べそうですね。

grandparkotaru1
喫茶店もたくさんあって、小樽市民が羨ましいです。
小樽はスイーツで有名なので、母などは美味しいコーヒーと美味しいケーキを食べたいと言っていたんですが、タイミングが合わずに断念。
柿崎商店でお腹いっぱいになっていたこともあり、特に何も食べずにグランドパーク小樽にチェックインしました。



ロビーが豪華です!

豪華のロビーだと思いましたよ。これは、期待できます。
昔は、ヒルトン小樽だったんですね。これは、宿泊する前に知っておくべきだった。
ヒルトンみたいな廊下だったわ、確かに。ロビーやフロントの雰囲気は、まさにヒルトンホテルだわ!
ヒルトンなど泊まったことが無いけどね。
関係ないけど、20年ほど前の入社式って、センチュリーハイアットだったな・・・。(遠い目)


grandparkotaru2

クリスマスのイルミネーションがきれいね。
結婚式とかもやっていそうなホテルです。
とりあえず、後で階段を昇降してみたいと思いました。

続きを読む

↑このページのトップヘ