銀行強盗とか郵便局強盗とか、最近は少なくなってきたような気がします。猛暑だからでしょうか。
防犯カメラもありますしね。

でも栃木県栃木市の住宅で82歳の父と59歳の息子の2人が死傷し、お金や預金通帳が奪われる事件がありました。
この事件で、栃木市平柳町の自称とび職人の石崎太さんと宇都宮市の無職少年(19歳)が逮捕されました。石崎太容疑者は34歳だそうです。
自称無職ではなく、とび職人って言うのは、何かプライドさえ感じます(いや、感じない)。

栃木県栃木市の住宅で父子2人が死傷して現金や通帳などが奪われた事件で、県警は29日、栃木市平柳町2丁目、自称とび職石崎太容疑者(34)と宇都宮市の無職少年(19)を強盗殺人と強盗致傷の疑いで逮捕し、発表した。2人は容疑を否認しているという。

 捜査1課と栃木署によると、2人は26日午前2時ごろ、栃木市柏倉町の無職大阿久徳次さん(82)方で、大阿久さんの頭や上半身などに暴行を加えて殺害したほか、同居していた長男正一さん(59)の顔を複数回殴るなどの暴行を加えてけがをさせ、現金約30万3千円や預金通帳3冊などを奪った疑いがある。
なかなかひどいことをするなぁ・・・って思いました。
宇都宮市栃木市は比較的近いけど、事件は栃木市柏倉町と言う場所で起きたのですね。大阿久徳治さんと大阿久正一さんが襲われて、徳治さんが死亡してしまいました。
正一さんも意識を失ってしまったようです。


とちぎの伝統工芸品「匠のほうき」とちぎ小江戸ブランド<「都賀の座敷箒」東京型箒とうきょうがた>「本州送料込」栃木県産品栃木市
とちぎの伝統工芸品「匠のほうき」とちぎ小江戸ブランド<「都賀の座敷箒」東京型箒とうきょうがた>「本州送料込」栃木県産品栃木市



続きを読む