ADHDサラリーマンしばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーからの再度サラリーマンに戻りました。
仕事をしていると、株の動きが見れないのが悩みです。そして、大人のADHDと診断されて、投薬治療中です。電話をするのが苦手です。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤして専業主夫になったのに、なぜか再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。ADHDでコンサータを服用中です。

タグ:外国人

外国人観光客に人気のカプセルホテル
最近では、ホステルとかドミトリーとかって言うんですかね。
多分、ドミトリーとホステルとカプセルホテルって、定義は違うかもしれませんが、安いカプセルホテルみたいな宿泊施設です。
東京オリンピックを前に、都内にも格安のホステルがたくさんあります。
特に、東京駅から馬喰町の間とか、秋葉原や神田などにたくさんあり、私もよく利用します。

2000円以下のおすすめのホステル(ドミトリー)を教えてあげるよ。

(1)ヒロマスホステル神田
昔は、モアホステル神田って言っていたところだけど、マイナーチェンジって言うか、ホステルの名前が変わりました。
秋葉原と神田にあって、こちらは神田の方です。

tokyo1
リノベーションできれいになっています。
規模はそんなに大きくなく、落ち着いた雰囲気が魅力です。
近所には、弁当屋さんのほっともっととかセブンイレブンがあるので、便利ですよ。


tokyo2

1Fの共有スペースは狭いながらもとてもおしゃれです。木のぬくもりを感じますね。
ここで弁当とかラーメンを食べることができます。
仕事をしている人もいます。
スタッフは外国語も話せますので、ワイワイと外人と話している光景も見られます。
電子レンジも完備してあるので、いいですね。
お値段は1600円くらいで宿泊できる時から、2400円くらいになるときもあります。
韓国人や中国人も宿泊しているような感じです。


終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。1【単行本版特典ペーパー付き】【電子書籍】[ Meg ]
終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。1【単行本版特典ペーパー付き】【電子書籍】[ Meg ]

続きを読む

東京駅の近く、丸の内から皇居の方に行くと竹橋に到着します。
そんな竹橋にすごいカプセルホテルがあると知り、行ってきました。楽天トラベルで見たら、すごいかっこいい!誰が設計したの?って思いましたが、調べてみたら平田晃久さんという方のようです。

まぁ、いろいろなおしゃれなドミトリーとかホステルが多い中、ここは変わった感じですわ。


takebashi9_1

入口と言うか外観は、最近人気のファーストキャビンのようなモノトーンの雰囲気で無機質な感じですね。
皇居側からのアクセスは良いと思います。竹橋駅からは徒歩2分程度です。
神保町や東京駅から歩くとちょっと遠いですけどね。

中に入ってみると、未来都市のような感じでした。
要塞のような感じで、シルバーの館内は静寂間に包まれていました。途中で超うるさい外国人が少し騒いでいたのでびっくりしました。


takebashi9_2

かっこいいね。
階段と言うか、ステップも使いやすいです。ユーザビリティも考えられていますね。
床に書かれた部屋番号もおしゃれでセンスがいいですね。さすが、一流の設計士ですな。


平田晃久+吉村靖孝 (NA建築家シリーズ) [ 日経アーキテクチュア編集部 ]
平田晃久+吉村靖孝 (NA建築家シリーズ) [ 日経アーキテクチュア編集部 ]


続きを読む

旅行が趣味の専業主夫しばごです。
主夫業・投資の合間に旅行に行くのは、とても楽しいですわ。
2017年は、香港・韓国・中国・函館など、いろいろなところに旅行をしました。年内は、北海道の札幌、年明けには沖縄の那覇に行く予定です。LCC、ありがとう。

さて、海外旅行好きにはちょっと嫌なニュース何ですが、観光促進税っていう名称の出国税って始まるんですよね。
これまでは、観光振興税とか出国税っていう名称になるかな?って感じでしたが、観光促進税で落ち着きそうですね。省略すると「観促税」ですかね。「かんそくぜい」って、韓国税とか韓国勢みたいで、何か嫌な感じです。
観光促進が目的の税って言っても、観光が促進されない感じがするのは気のせいでしょうか。

いくらなのよ?観光促進税って!

出国税の方が分かりやすいけど、日本人や訪日外国人が日本を出国する際に課税される税金で、税額は1回あたり1人1000円だそうです。
香港に行こうとして、バニラエアで香港4280円(片道)で予約しても、手数料なり空港利用料で高くなり、さらにこの観光促進税で1000円もプラスされたら、ちょっと痛いですね。


続きを読む

↑このページのトップヘ