専業主夫しばご、株で生きてく。

サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
お金に働いて貰います。もう、通勤電車にも乗らないもんね。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
昔から、サラリーマンになりたくなかったんだもん。結婚していますが、子供はいません。「ヒモ」とか「無職」とか思われる現実もあるけど、やっぱり専業主夫になって良かったよ。

タグ:危険

8月になりますねえ。旅行に行きたくなりますねえ。
家で株をしているなら、旅行にでも行って、お金に働いてもらえばいい・・・。そんなうまくはいきません。

家にいても暑いので、冬のトルコ旅行の風景でも見て、涼むとしますか。トルコ旅行シリーズの続きです。
トルコ関連銘柄って、何かありましたっけ?日本信号(6741)あたりは、トルコに技術を輸出しているとか・・・。トルコリラ投資とかしたら、長期的にはいいんでしょうかね。日本と違って若者が多い人口構成ピラミッドですから、今後40年~50年くらいは安泰かもしれないです。でも、地政学リスクと言うか、イスラム文化、イスラム圏の攻防によっては、大きなダメージもありそうな国です。

さて、カッパドキアの写真ですよ。


toruko2
冬ですねぇ。
早く涼しくならないかなぁって思いますね。
カッパドキアには、野良犬がいっぱいいました。真ん中の黒いのは、トルコ犬です。トルコ犬なのか?野良犬さんはおとなしいので、比較的安全だと思います。ただ、狂犬病になる可能性もあるので、かまれない方がいいですよ。
海外で病気になったら、大変ですからね。

カッパドキアは、奇岩だらけ。とにかく、この風景を見に来るんですよね。
DORAKツアーのハゲのガイドさんも言っていましたけど、クソ寒いときと、クソ暑いときにくるのは日本人だけだとのことですけど、四季折々の楽しさがあるようです。雪がちょっとある時もいいですし、初夏や春や秋のカッパドキアもいいらしいです。
カッパドキアはトルコのアンカラの近くの内陸部なので、夏は40度近くになるので、これはこれで危険です。
日本のお盆休みにトルコ旅行に行ったら、熱中症に注意が必要かもしれません。高度が高いところは涼しいんでしょうけどね。


続きを読む

もうすぐ、お盆休みですね。専業主夫トレーダーには夏休みがありません。一年中、休みみたいなものですから。
だから、夏休みの混雑する期間に高いお金を出して旅行に行くのではなく、ピークを過ぎた9月頃に海外旅行にでも行こうかと模索中です。
バニラエアのホームページを見たら、やはりそこそこに安い航空運賃で行けるんですね。バニラエアは成田か羽田から韓国のソウルに就航していないので、羽田からソウルに初めてピーチアビエーションなんかを使おうと思っています。
男一人旅とか一人女子旅とかのケースでは、ツアーよりも、個別に航空券を手配した方が安い場合もあります。ベストシーズンを選ばなければ、安く海外旅行ができる時代になりましたね。

韓国のソウルに行こう!

これまで5回くらい、ソウルに行ったことがあります。韓国人はあまり好きではないけど、韓国の焼肉とキンパッ(海苔巻き)と、冷麺が好きです。だから、さくっと行きたくなります。
おすすめのソウル観光を紹介しようと思います。


seoul1

まずは、焼肉ですね。日本の安楽亭で食べても、業務スーパーで肉を買ってきて自宅で焼いても、美味しい焼肉。ソウルで食べても、普通に美味しいです。新大久保で食べてもいいけど、新大久保で食べるよりはソウルで食べた方が安いです。だけど、明洞はちょっと高めだと思います。
おすすめの場所は、馬場洞(マジャンドン)です。東大門から近いエリアですけど、徒歩では行かない方がいいでしょう。
地下鉄に乗って馬場駅まで行って、ちょっと歩くと肉問屋が立ち並ぶエリアに行くことができます。かなり、ディープな感じがして、死んだ牛がゴロゴロしています。
衛生的に大丈夫かと不安になりますけど、若干、不衛生かもしれません。そんな安全性が怖くて、韓国グルメにたどり着けるか!って感じです。
穴場と言うほど、穴場でもないけど、有名な焼肉店がいっぱいあります。

韓牛は高くて、豚と鶏が安いです。まだ、生レバーも食べられると思います。夏は危険かと思われます。いや、確実に危険です。でも、勝負するのです。
2000円もあれば、かなり満足度が高い焼肉グルメが堪能できます。ここ、おすすめです。


続きを読む

これまで、旅行記は4トラベル(4travel)っていう旅行記サイトを時々使ってきましたが、ちょっと動作が重いので、このブログでも旅行記を書いていきたいと思います。
4トラベルに旅行記を書くと、1回に付き500ポイント(50円分)のアマゾンギフト券と交換できる仕組みがあります。1か月に3回までですけどね。
口コミの投稿も1回50円分のポイントが貰えますけど、この口コミメディアのビジネスモデルが成立しているということは、50円を投稿者に支払っても、それ以上の広告収入が4トラベル側にあるっていうことですよね。
このブログに旅行記をまとめれば、50円以上の広告収入を得ることができるのか?ワンクリックいただければ・・・(ご察知ください)。

さて、ちょっと前に行ったイスタンブールの写真をブログに残しつつ、旅行記風に書きますね。
10年以上前の旅行の写真が、パソコンのHDのクラッシュにより消滅した過去がありますけど、ブログにアップしていた分だけ残りましたからね。バックアップは大事です。

前置きが長くなりましたけど、阪急交通社の格安で激安なトルコ周遊10日間の旅行に行ってきました。
費用は89800円でした。二人で行く場合ね。一人部屋追加料金は30000円くらいだったと思いますけどね。
てるみくらぶも似たような料金で販売していましたけど、それは今は昔ですな。阪急交通社とかHISのツアーだったので安心感はありましたけど、その旅行会社が安全なのか危険なのかの嗅覚は常に磨いておかなければいけません。
トルコやイスタンブールの治安が安全か危険かを考える前に、日本の旅行会社の安全性を気にしなければいけない時代なんです。格安旅行が当たり前ですから。

アタチュルク国際空港へトルコ航空で行ったよ。


toruko1

まずは、成田空港からトルコ航空でイスタンブールのアタチュルク国際空港へ行きます。機内食は旅行の楽しみの一つです。
初めてのトルコ航空ですが、エコノミークラスでも十分に満足できる内容でした。チキンかラザニアか選ぶことができまして、これはラザニアです。
ビールは、ツボルグっていうトルコのビールであります。
ブロッコリーが安くておいしかったですよ。また、トルコ航空のCAさんも優しい雰囲気でターキッシュエアラインズが気に入りましたわ。
いろいろな中東便がありますけど、トルコ航空はおすすめです。まぁ、阪急交通社のツアーで航空会社を選ぶ自由はありませんが。なんせ、89800円ですから。ホテルも料理もついていて、最終日にはリッツカールトン・イスタンブールに宿泊するツアーなんですけどね。


続きを読む

世の中はゴールデンウィークですね。GW明けって、サラリーマンの方々の中から数名が電車に飛び込んだりするので、気をつけてほしいと思います。
「人生 投げたらあかん」って近鉄の鈴木啓示が言っていましたよね。
だた、鈴木啓示さんは監督時代に、ピッチャーに対してスパイクを履いたまま たくさん走らせたので、ちょっと評判が悪かったですよね。

さて、5月になったので、楽天証券の楽ラップの運用実績を公開するよ。
楽ラップさん、頑張ってくれたかな?
香港に旅行に行っている間に、売買してくれたんだろうか・・・。



続きを読む

↑このページのトップヘ