ADHDサラリーマンしばご、株で生きてく。

サラリーマン時代にうつ病になり、専業主夫トレーダー(無職)になり、再び、サラリーマンになりました。
ADHDと診断されて、投薬治療中ですが、のんびり頑張っています。お金に働いてもらっています。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤして専業主夫になったのに、なぜか再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。ADHDでコンサータを服用中です。

タグ:傾向

最近、発達障害グレーゾーンと言う姫野桂さんの本が話題です。
いつもニュースになっていますね。一流雑誌、ウェッジ(Wedge)にも記事になっていました。


発達障害グレーゾーン [ 姫野 桂 ]
発達障害グレーゾーン [ 姫野 桂 ]


――ここ数年、発達障害という言葉が話題になることが多くなりました。ひとつの「ブーム」とも言えるとも思うのですが、発達障害当事者として現状をどう見ていますか?

姫野:良い面と悪い面があるように思います。良い面としては、発達障害そのものが世間に広く認知されるようになったことで、これまで努力不足で仕事や勉強で力を発揮できなかったと思われていた当事者の方々が、発達障害かもしれないと気がつくことができるようになったこと。

 その一方で、発達障害の当事者が集まる会にマルチ商法や新興宗教の信者が紛れ込み、後日勧誘されるケースがあるとも聞きますADHD(注意欠如多動性障害)の方々は、人当たりがよく、いつもニコニコしている人が多かったり、ASD(自閉症スペクトラム症)で物事を客観的に捉えられない傾向がある人は標的にされやすい。また、なにかあれば「お前アスペ(アスペルガー症候群)なんじゃない?」などと茶化す人が出てきたのは悪い面ですね。
発達障害についても、昔よりは認知されてきたものの、グレーゾーンの人は、いろいろと苦労しています。私は、ADHDと診断されていますが、それでも日常的にADHDだと言うのは見た目ではわからないです。
今でも、努力不足とか思われていることも多いでしょう。
で、上の記事では、マルチ商法や新興宗教の信者の悪いやつが発達障害の集いに参加しているケースは気になりますね・・・。これは、何か許せない感じがします。


発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母のどんな子もぐんぐん伸びる120の子育て法 (一般書 117) [ 大場 美鈴 ]
発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母のどんな子もぐんぐん伸びる120の子育て法 (一般書 117) [ 大場 美鈴 ]続きを読む
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平社員(一般社員)へ にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

厚生労働省が発表しているブラック企業リスト。
大企業も中小企業も、名前を公表されて少しは良くなったんでしょうかね。
従業員に危険なことをさせていたり、給料を支払わなかったり、セクハラ・パワハラがあったり、いろいろなケースがありますが地域性なんかも見ながらブラック企業リスト一覧を見ていると、楽しいやら悲しいやら、不思議な気分になります。

専業主夫しばごも、比較的ホワイトな感じの大企業と、超ブラックな小さな企業で働いていたことがありますよ。
ブラック企業も、経営者はブラックだと思っていないのが怖いけど、まぁベンチャー企業なんてそんなもんです。
社員に給料を与えるのは大変ですし、できればサービス残業もしてもらいたいと思ってしまう社長もいるでしょうね。人間って、弱いから。
経営者視点で仕事をすることは大事ですが、やはり、経営者と雇用されている人は立場が違います。


厚労省が2017年10月16日にブラック企業リストを更新していましたね。
気が付かなかったけど、この中小企業や大企業が2018年にも継続してブラックなのかなぁ。

では、リストを見て行きましょう。



続きを読む
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平社員(一般社員)へ にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

↑このページのトップヘ