専業主夫しばご、株で生きてく。

サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
お金に働いて貰います。もう、通勤電車にも乗らないもんね。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
昔から、サラリーマンになりたくなかったんだもん。結婚していますが、子供はいません。「ヒモ」とか「無職」とか思われる現実もあるけど、やっぱり専業主夫になって良かったよ。

タグ:債券

中村獅童が肺腺癌ですか。竹内結子と離婚した人でしたっけ?回復するといいですね。早期に発見できたのはとても良かったと思います。
がん保険よりも未病(病気になる前に防ぐこと)にお金を使った方がいいと考えている専業主夫しばごです。
なお、がん保険は東京海上日動ひまわり生命がいいみたいです。知り合いのFPさんが言っていました。

運用実績を公開するよ。
さて、いつも公開しているウェルスナビ(wealthnavi)for SBI証券のラップ口座ですけどね。
このネタはブログに書いていても面白くないけど、今日は面白いです。マイナスですからね。
元本割れしています。





続きを読む

調子に乗って、楽天証券のラップ口座、楽ラップにまた資金を移しました。
ラップ口座のことを悪く言っている人も少なくありませんけど、運用実績はプラスの人が多いですよね。
特に、トランプさんのおかげで好調な時期ですからね。
2016年の夏以降に買っている人は、すこし儲け始めていると思います。

さて、ラップ口座なりファンドラップの良し悪しなんですけど、どうなんでしょうか?
手数料が高いとか、自由度が無いとか、証券会社が勧めるものなんてろくなものでもないとか、そんな印象を私は思っていました。
でも、楽天証券の楽ラップなり、SBI証券のMyラップとか、けっこういいと思いますよ。
SBI証券のは、始まった当初は「ろくでもないファンドにしか分散投資しない」なんて感じだったけど、ロボアドバイザーに期待しているんですよね、私。

SBI証券よりも楽天証券の方が、最初に使ったこともあり、使いやすい印象ですけど、どんなものに投資しているかチェックしてみましょうかね。
(別に、楽天証券の関係者でも、楽天が好きとか、そんなわけではないですよ、私)

しばごの場合は、高リスク型で運用していますけど、
  •  国内株式 23%
  • 外国株式 33%
  • 国内債券 4%
  • 外国債券 30%
  • REIT(リート) 6%
って感じに分かれています。
株が上がると債券が下がり、債券が下がると株が上がるというセオリーがあると思っていますので、まぁ債券で持っているのはいいことでしょう。
そして、登場するのがロボアドバイザーくんです。
きっと、株価か債権か、いい方に投資してくれるはず。いまは、株が好調だから株の方が多めですね。
日本国内に投資するのがいいのか、アメリカや先進国に投資した方が良いのかは、わからんから両方持っていればいいや。

保有銘柄としては、
ステート・ストリート日本株式インデックス・オープン
ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン

とか、よくわからないのにガンガンいやちょびちょび分散投資しているけど、損しているものにはちょっとしか投資していないんですよね。ロボアドバイザーは。
人間よりも、ロボットの人工知能の方が賢いのかなあ。思い切りがあるのかねぇ。

もう少し、お金をラップ口座に入れておいてもいいかな。
そして、ラップ口座で損をしたら、笑ってください。

 

↑このページのトップヘ