専業主夫しばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
でも、再びサラリーマンになり、兼業トレーダーに逆戻りです。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤして専業主夫になるも、再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。仮想通貨には手を出しません。

タグ:倒産

国民年金を払っていた大学生時代。専業主夫の時は、年金の支払いは免除でしたけど、働いていた時は厚生年金ですね。
そんな年金がいつか戻ってくるのかわからないけど、戻ってこないつもりで生活しています。
誰かに寄付したか、騙されたか、なくしたものとして年金の支払いをしていますよ。

さて、年金機構っていう組織も、ぐちゃぐちゃで管理しきれていないんでしょうね。大事なお金なんですがね。
年金機構からの支払い状況を示すハガキが年に1回送られてきます。そのたびに、不安な気持ちになります。
一応、払いすぎた年金が戻ってきたりしたことはあります。しかし、そのデータ入力って中国企業の中国人がやっていたというと不安になります。
産経新聞には、こんな記事が出ていました。
日本年金機構から年金受給者のデータ入力業務を委託された情報処理会社が、中国の業者に契約に反し再委託をしていた問題で、機構が情報会社と契約を打ち切った後、別の中国系企業に同業務を委託していたことが5日、分かった。機構は「他に業者がなく、時間が限られていたため随意契約したが、情報管理は問題ない」と説明している。

 情報処理会社「SAY企画」(東京都豊島区)は昨年8月、機構から約500万人分のマイナンバーや配偶者の年間所得額などを含む個人情報のデータ入力業務を約1億8千万円で受託。予定していた人員を集めることができず、中国・大連の業者にデータの一部入力を再委託していたことが今年3月に発覚した。

 それ以前から再委託の契約違反を把握していた機構は、2月にSAY企画と契約を打ち切ったあと、外部委託先を探していたが、「確実に業務を遂行してもらうため」として、過去に同様の業務を実施した業者9社に打診。唯一、中国系企業が受け入れた。本来ならば競争入札を行うところだが、機構は「時間が限られている」と判断し、随意契約を結んだという。

ちょっと前に、中国企業にデータ入力作業を再委託していたなんていうニュースがありましたけど、その業務を別の中国企業であるSAY企画に再委託していたのですね。恐るべし年金機構さんですな。情報管理に問題ないって言っているけど、そんな問題じゃないでしょう。

このSAY企画は、そろそろ倒産しそうな気がします。細々と大連なり戸田市なりでデータ入力していたら倒産とか廃業することもなかったんでしょうけど、ちょっとニュースに出ると、そうはいかないでしょう。大連が悪いわけじゃないけど、1億8000万円もの金額で受託して、データ入力作業を戸田の作業場ではなく再委託先の大連でやっていて、何か大事な情報がチャイナにわたっている感じがしますね。


あなたの年金2017-2018年版【電子書籍】[ 椎野登貴子 ]
あなたの年金2017-2018年版【電子書籍】[ 椎野登貴子 ]

続きを読む

最近は、フェイスブックもあまりやらなくなりました。アカウントは削除していないとは言え、Facebookって疲れるんですよね。
誰がどこで何を食べようが、あまり関係ないしね。
そんな時は、見ないのが一番です。

さて、Facebookは関係ないけど、いや、関係ありますが、Facebookの個人情報流出問題ってありましたよね。その情報を不正取得していたという疑惑のイギリスの選挙コンサルティング会社のケンブリッジ・アナリティカ社が破産手続きを申請したようです。
ケンブリッジ飛鳥は関係ないけど、関係会社と共にいくつかの破産手続きが申請されたようです。

時事通信によると、こんなことも書かれていました。
同社は声明で「この数カ月、数多くの根拠のない批判の的にされてきた」と不正を改めて否定。問題が報じられて以降、顧客離れが止まらず、事業継続が困難になったという。
 
元外資系コンサル女子が語る、コンサルティングファームのお仕事(日常編)【電子書籍】[ みょんじゃ ]
元外資系コンサル女子が語る、コンサルティングファームのお仕事(日常編)【電子書籍】[ みょんじゃ ]



続きを読む

昔はメガネをしていたけど、高校生になってコンタクトレンズをして、大学生になってメガネとコンタクトを併用していて、大人になったらレーシックをしたしばごです。
目は大事ですよね。
視力は、いつの間にか0.05くらいまで低下したけど、レーシックの手術を受けた後は、そこそこに不自由なく生活をしています。
なお、コンタクトレンズはソフト派でした。

で、コンタクトレンズの卸売りの日本コンタクトレンズさんについて、こんなニュースがありました。日本コンタクトレンズって、民事再生手続きをしていたんですよね。
2016年11月に名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請、2018年3月に再生計画の認可を受けていた(株)日本コンタクトレンズ(TDB企業コード:400132762、資本金3億6820万円、愛知県名古屋市中川区好本町3-10、代表水谷純氏)と、子会社の(株)日本コンタクトレンズ研究所(TDB企業コード:982196995、資本金4840万円、東京都中央区日本橋箱崎町1-7、同代表)は、5月1日に名古屋地裁に民事再生手続きの廃止を申請した。

 今後、破産手続きに移行する見込み。
ハードコンタクトレンズのニチコンRZXなどの自社製品を作って、コンタクトレンズの卸売業者として一時代を築いた日本コンタクトレンズ。
創業者は水谷豊さんなんですが、「ニチコン」ブランドの製品を供給して会社を大きくしました。そして、円錐角膜用や角膜移植後の角膜不正乱視向けハードコンタクトレンズを作って、多くの人の視界を明るくしてきました。
コンタクトレンズって、30年前は高かったよなぁ・・・なんてことを思い出しました。
私は使ったことがないし、使う必要もなかったけど、遠近両用ハードコンタクトレンズも作った会社です。他社の参入が少ない分野に特化し、ディスポレンズの普及が進んだ96年2月期には年売上高約38億7000万円をあげていたそうです。
でも、なかなかうまくいかなくなって、時代はソフトコンタクトレンズが主流になりました。さらに、安いメガネ店も台頭してきて、売り上げが伸びなくなって、2016年に民事再生法適用を申請していました。

★【クーポンで100円OFF!5/6 23:59まで】【送料無料】ワンデーアキュビュー モイスト 90枚パック×2箱セット/ジョンソン・エンド・ジョンソン/1日使い捨て コンタクトレンズ/コンタクト【楽天 最安挑戦】
★【クーポンで100円OFF!5/6 23:59まで】【送料無料】ワンデーアキュビュー モイスト 90枚パック×2箱セット/ジョンソン・エンド・ジョンソン/1日使い捨て コンタクトレンズ/コンタクト【楽天 最安挑戦】






続きを読む

大阪の西成とか、東京の馬喰町界隈のクソ安い宿泊施設って、そこそこに嫌いじゃないんですけど、民泊にはちょっと抵抗感があるしばごです。
シェアハウスは嫌いだけど、激安ドミトリーは嫌いじゃないです。

シェアハウスって、ここ数年、人気があるんですよね。ドラマとか映画の影響なんでしょうか。
そんなことはさておき、スマートデイズ(旧スマートライフ)っていう、シェアハウスを運営する会社が民事再生法の適用を申請して、倒産ということになりそうです。
会社を経営するって難しいんですよね。資金繰りがうまくいかなかったようで・・・。

帝国データバンクの発表内容を見てみましょう。
(株)スマートデイズ(TDB企業コード:121007301、旧商号:(株)スマートライフ、資本金11億20万円、東京都中央区銀座1-7-10、代表赤間健太氏)は、4月9日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、監督命令を受けた。

  申請代理人は南賢一弁護士(東京都千代田区大手町1-1-2、西村あさひ法律事務所、電話03-6250-6200)ほか3名。監督委員は清水祐介弁護士(東京都中央区銀座8-9-11、ひいらぎ総合法律事務所、電話03-3573-1578)。

 当社は、2001年(平成13年)10月にシェアハウス事業を目的に創業、2012年(平成24年)8月に法人改組された投資用不動産販売業者。「クラウドアパート」のブランド名で宿舎型シェアハウスの販売、サブリース、管理等を手がけ、女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」を主体に、男性や外国人向けの「ステップクラウド」、シングルマザー向けの「シングルマザーハウス」等を展開していた。シェアハウスのサブリース事業では草分け的な存在として知られ、近年はシェアハウスの入居者を対象とした人材派遣事業も開始するなど、若者支援を目的とする住まいと仕事の両面での支援事業も活発化。宿泊所やアパートの販売を開始したことに加え、建設業許可を再取得したことによる建築事業の売上寄与があった2017年3月期には年売上高約316億9600万円を計上していた。
格安のドミトリーとか、安いシェアハウスとか、意味は違うし業態も違うけど、ビジネスを成立させるって難しいと思うんですよね。シェアハウスの販売って、うまくやれば儲かるのでしょうけど、なかなか難しかったようです。
サブリース事業の草分け的な存在であり、投資用の不動産で儲けている会社もあるのにね。
シングルマザー向けのシングルマザーハウスっていう響きだけで、ちょっと怪しい感じがするのは、気のせいでしょうか。


利回り20%を望める「シェアハウス」開業の秘訣 [ 仲尾正人 ]
利回り20%を望める「シェアハウス」開業の秘訣 [ 仲尾正人 ]


続きを読む

国民年金なんか、本当に貰えないんだろうな・・・。って思っているしばごです。
大学生の時に払っていた国民年金のお金は、いったいどこに行ってしまったんだろうか。
全く当てにはしていませんが、悲しい年金制度です。

そんな中、また年金に関する悲しいニュースがありました。
恵和ビジネスっていうブラック企業みたいな会社が年金の管理を再委託していたのですね。

フジテレビでも報道されていましたけど、恵和ビジネスって怪しい会社のにおいがプンプンします。
日本年金機構によると、北海道・札幌市と東京に本社を置く「恵和ビジネス」は、2017年8月、国民年金に関する情報のデータ入力業務を機構から委託されたが、そのうち保険料免除の申請書など、53万6,000件分のデータ入力を契約に違反して、仙台市の別の会社に再委託していた。
中国の会社ではなく、仙台の会社に委託していたのですね。
年金機構の管理もずさんだと思いますけど、この恵和ビジネスの坊主頭の社長もかなりやばいわね。

もらえる年金が本当にわかる本(’17〜’18年版) [ 下山智恵子 ]
もらえる年金が本当にわかる本(’17〜’18年版) [ 下山智恵子 ]




続きを読む

今月になってから、日中の株価チェックができないので、なかなか利益確定や買いのタイミングを失っています。
ザラ場に張り付いていても、人工知能だとかコンピュータには勝てないんですけどね。そもそも、投資スタイルが違うんです(誰と?)。

だから、週末に銘柄研究をして、中期的な感じで銘柄選びしないといけないんですわ。
お金に働いて貰わないとね。
だから、たまには狙うべき銘柄のことを書いてみますわ。
2673夢みつけ隊で、勝負したいと思います。
佐々木ベジの老人向けの通販会社です。



【図解】株式投資のカラクリ 初心者でも簡単、経験者にも役立つ [ 高野譲 ]
【図解】株式投資のカラクリ 初心者でも簡単、経験者にも役立つ [ 高野譲 ]

続きを読む

明けましておめでとうございます。
大晦日は、紅白歌合戦やボクシングやダウンタウンよりも、アベマTVでやっていた朝青龍のが面白かったです。
本年もよろしくお願いいたします。
ブログの更新ペースは、少なくなるかもしれませんけどね。

さて、あけましておめでとう!って言っているこの瞬間にも、お餅を喉に詰まらせて死ぬ老人とか、昨日死亡した人もいるかもしれません。
高齢化社会ですからね。
終活について考える人が多くなっている昨今、福岡市の葬儀保証組合の「福岡県ゴールド事業協同組合」がが破産手続きを開始したようです。
西日本新聞が2018年一発目に倒産とか破産の話題って、素敵ですね。

老人たちがお金を組合に払っていても、破産したら戻ってこないんですかね?恐ろしいですな。
お金は大事ですから、悲しい年明けじゃないですか!
破産した福岡県ゴールド事業協同組合は詐欺をしたということなのか資金繰りがうまくいかなかったのかは分かりませんけど、パンフレットにはFGカードというのは終身の葬祭保証をしていて、毎年11000円の掛け捨て会費を支払うと、75歳以上の人には35万円の葬儀サービスが受けられるとのことが書かれているそうです。
まぁ、いろいろなサービスがあるけど、そんなに美味しい話があるわけはないけど、騙されたくて騙される人はいませんよね。

続きを読む

印鑑を使う機会って、少なくなってきたような気がします。
まぁ、100円ショップの認印があれば、立派な印鑑を持っていなくてもそんなに苦しむこともありません。
印鑑登録さえしてあれば、100円ショップの印鑑であっても自動車は買えます。

さて、印章を機械で彫刻して大量生産して、ハンコ屋の店舗をFC化しているような印鑑業界。
印章関係のサービスを手掛ける旭フォトマイクロウエアが民事再生法の適用を東京地裁に申請して、倒産するようですね。日刊工業新聞が伝えています。
同社は、化学大手による紫外線を照射すると硬化する樹脂を用いた独自のスタンプシステムの東日本における代理店として、1982年に設立された。印章の彫刻を機械で行える自動彫刻機の開発・販売を手がけ、樹脂印では約25%の全国シェアを持ち、年商は約5億円あった。
象牙の印鑑は高価なイメージがありますが、樹脂を使って印鑑を簡単に作ることができる時代ですもんね。
独自のスタンプシステムの代理店にもなっていた旭フォトマイクロウエアはM&Aでいろいろな会社を吸収合併してきました。
全国シェアが25%もあって、年商5億円と言うことは、マーケットがそんなに大きくないけど、経営が苦しかったのでしょう。
旭フォトマイクロウェアではなく、「エ」が大きく、旭フォトマイクロウエアって言うのが正式な社名みたいです。
横浜支店は、横浜市旭区ではなく、横浜市瀬谷区の卸本町にありますよ。





続きを読む

↑このページのトップヘ