ADHDサラリーマンしばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーからの再度サラリーマンに戻りました。
仕事をしていると、株の動きが見れないのが悩みです。そして、大人のADHDと診断されて、投薬治療中です。電話をするのが苦手です。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤして専業主夫になったのに、なぜか再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。ADHDでコンサータを服用中です。

タグ:予測

これまでに何回か、楽天証券主催の新春講演会みたいなイベントに行っています。
いつも基調講演は竹中平蔵教授のような気がします。
そして、ホリコキャピタルの堀古さんも講演をします。
入場料が無料なので、毎年楽しんでいるわけですけど、今年は何を言っていたっけ?2018年は株が高くなるって言っていたような記憶があります。
では、2019年は何をお話しするのかな?

ちょっと自宅を整理していたら、2018年の雑誌が出てきました。
竹中平蔵は何を話していたっけ?


2019_3

日本と中国で嵐の予感って、言っていたのね。
経済学者が先の見通しを的中させることはありません。中国経済が鈍化すると行っていたけど、最近の株価の動きを見てると、なんかパッとしませんわね。
今後、どうなっちゃうんでしょうか。


この制御不能な時代を生き抜く経済学【電子書籍】[ 竹中平蔵 ]
この制御不能な時代を生き抜く経済学【電子書籍】[ 竹中平蔵 ]続きを読む

ラジオ日経で平日は毎日radikoで聞いているマーケットプレス「ご意見伺います」のコーナーで、今日も読まれてしまいました。
岸田恵美子アナ、どうもありがとうございます。
日経新聞の取材も受けてしまいましたけど、私なんかでいいんでしょうか。
記事が出たら、また紹介しますね。

さて、先日、株式会社ディーボっていう会社様から、日経平均株価AI予想ツールのGROWIN(グローウィン)っていうサービスの無料モニターのご連絡をいただきました、ありがたや~。

日経平均株価がこの先上がるか下がるかが、高精度で分かれば、日経平均に連動した商品を買ったり売ったりすればいいので、簡単に儲かりますね。そんな都合がいい話、あるもんか。
予想なんて、外れるかもしてませんが、そこはAIさんがしっかりと予想してくれれば、面白いツールになりますね。
長らく、情報系の勉強をしてきたしばごですから、AIには興味があるんですよ。
大学1年生の時には「情報科学概論」なんていう授業が必須で受けるんですわ。その最初には、そもそも「情報とは?」みたいな話があったような記憶があります。
天気予報が当たるか外れるか、コインを投げて表が出るか裏が出るか、それを予測して当たる確率が100%だったら信頼できる情報であり、0%だったらそれもまた有益な情報なんですよね。
当たる確率が0%の予想があったら、その逆をいけば100%当たるわけですから。一番、信頼できないのが50%当たる予想なんですよね。
さて、日経平均をAIで予想するGROWINは1か月先の日経平均株価を予想できるのか?そして、UIとかUXとか使い勝手はどうなんだろうか?

なお、このグローウィンって言うサービスのアフィリエイトとかはやっていないので、悪いことは悪い、いいところは良いと正直に書いてみますね。続きを読む

台風21号の進路が気になりますね。超大型だから、激しい雨と風が衆議院議員選挙に向かう人を襲いそうです。
日本のどこかで、選挙に行く途中に死亡するかもしれません。
1票も大事だけど、命も大事ですからね。
伊勢湾台風みたいな進路かなぁ。

さて、そんな台風21号ドロップゾンデという計測器を投入して、台風を直接するらしいんですわ。名門の名古屋大学の坪木和久教授たちのグループが、名古屋空港から台風に向かって飛び立ったようです。
飛行機事故のニュースにならないと願うんですが、無事にドロップゾンデを投入できるんでしょうかね。


続きを読む

WantedlyっていうビジネスSNSを運営しているウォンテッドリーがマザーズに上場するので、久しぶりにIPO記事を書いてみますね。

ウォンテッドリーと言えば、仲暁子社長。仲暁子社長と言えば、Wantedlyであります。
かわいい女社長はすごい経歴で、超ワンマン社長で、なんかすごいオフィスで、絶対に近寄りがたい感じの仲暁子さん。
きっと、渋谷で牛肉とか食べて、銀座で大トロの寿司を食べているイメージなんですが、まぁIPOの初値予想でもしてみます。
どうせ当選しないから、どうでもいいですけど。

なにやら、IT関連企業の偉い役員みたいな人などもウォンテッドリーについてのブログを書いているから、専門的なことは、グーグルかヤフーで検索してみてください。
しばごも目論見書を速読してみました。


続きを読む

↑このページのトップヘ