今日は大雨のニュースばかりやっていましたけど、その中で大口病院(現在は横浜はじめ病院)のニュースも混じりました。
横浜市神奈川区にある大口病院で老人男性2名が中毒死した事件ですね。
かなり昔の事件ですけど、ようやく容疑者が逮捕されました。
なかなか名前が出なかったけど、どうしてなんでしょうかね。逮捕されたんは、鶴見区の看護師、久保木愛弓さんです。
31歳の元看護師さんは容疑を大筋で認めているようです。

事件は2016年9月18日に発生しました。
青葉区にお住まいの88歳の男性に消毒液だか界面活性剤の入った点滴をしちゃったんでしたっけね。

神奈川新聞の記事では、こんなことが書かれていました。
 事件は2日後の同20日、男性と同室に入院していた同市港北区の男性=当時(88)=が死亡後に発覚。この男性の点滴袋の液体に、通常では見られない泡立ちがあり、異変に気付いた同院から署に通報した。司法解剖などの結果、遺体と点滴から殺菌作用が強い界面活性剤の成分が検出され、死因は中毒死と判明。その後、当初病死とされていた青葉区の男性の遺体からも同様に、界面剤の成分が検出された。
だれかが点滴に異物を混入させたこの事件、当初から久保木愛弓さんが怪しまれていました。点滴が泡立っていたなんてことも言われていたし、医療の知識がある人が犯人だと思っていましたよね。
【中古】 自律神経失調症の悩みをぐんぐん解消する200%の基本ワザ 誰でもスグできる! /久保木富房【監修】 【中古】afb
【中古】 自律神経失調症の悩みをぐんぐん解消する200%の基本ワザ 誰でもスグできる! /久保木富房【監修】 【中古】afb





続きを読む