専業主夫しばご、株で生きてく。

サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
お金に働いて貰います。もう、通勤電車にも乗らないもんね。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
昔から、サラリーマンになりたくなかったんだもん。結婚していますが、子供はいません。「ヒモ」とか「無職」とか思われる現実もあるけど、やっぱり専業主夫になって良かったよ。

タグ:ブラック企業

厚生労働省が発表しているブラック企業リスト。
大企業も中小企業も、名前を公表されて少しは良くなったんでしょうかね。
従業員に危険なことをさせていたり、給料を支払わなかったり、セクハラ・パワハラがあったり、いろいろなケースがありますが地域性なんかも見ながらブラック企業リスト一覧を見ていると、楽しいやら悲しいやら、不思議な気分になります。

専業主夫しばごも、比較的ホワイトな感じの大企業と、超ブラックな小さな企業で働いていたことがありますよ。
ブラック企業も、経営者はブラックだと思っていないのが怖いけど、まぁベンチャー企業なんてそんなもんです。
社員に給料を与えるのは大変ですし、できればサービス残業もしてもらいたいと思ってしまう社長もいるでしょうね。人間って、弱いから。
経営者視点で仕事をすることは大事ですが、やはり、経営者と雇用されている人は立場が違います。


厚労省が2017年10月16日にブラック企業リストを更新していましたね。
気が付かなかったけど、この中小企業や大企業が2018年にも継続してブラックなのかなぁ。

では、リストを見て行きましょう。



続きを読む

2017年5月にブラック企業のリスト一覧を厚生労働省(厚労省)が公開しました。
ネットでも話題になり、このブログで書いたリスト一覧も多くのアクセスがあったのですけど、8月15日に更新されたようです。
相変わらず厚労省のHPは見にくいですし、PDFだけしかないのですけど、更新されたリスト一覧を見て感想を書いておきますね。

今回ノミネートされた企業は・・・なんて書くと、名誉なことのように思えますが、厚労省のお墨付きでブラックと言われているわけですから不名誉なことこの上ありません。
でも、まだまだこのリストも氷山の一角。私の知っているブラック企業は掲載されていませんでした。


続きを読む

専業主夫しばごです。転職活動はしていませんが何か?

ちょっと前までは、就職したいと思っていましたけど、いいところがあれば転職したいと思うようになってきて、さらに、その気持ちも薄れてきて・・・無くなりました。
でも、スカウトメールやらキャリアアドバイザーからの求人の連絡やら、リクナビネクストの希望に合った求人メールとかって、ちょくちょく来るんですよね。
設定で、「メール送信を希望しない」ってやればいいのに、面倒なので、やっていません。

それにしても、毎日のようにメールを送ってくる東建コーポレーション!本当にお疲れ様です。
手間がかかっていないんでしょうね、おそらく。
やたらと多くの人に、「働きませんか?」っていうメールを送っているのでしょう。もう、完全にスパムのレベルです。
東建コーポレーションさん、オタクの会社では働きませんから!
類似の会社に、大東建託さんもあります。土地活用はするかもしれませんが、大東建託さんでははたらきませんからね。


ブラック企業なの?
さて、この東建コーポレーションさんとか大東建託さんって、ブラック企業なのですかね?
ブラック企業の定義も、いろいろあるんでしょうけど、両社ともに大きな会社ですからねぇ。
離職率が高いとか、仕事の量や質の割には年収が低いとか、そんな感じがブラック企業という所以でしょう。
変な上司がいるとか、ノルマを課せられる厳しい支店長がいるとか、そんなのはどんな会社でもあたり前ですよね。
どんなところがブラックなのか、評判を調べてみたら、やはり年収の面ではいろいろな投稿がありましたね。
営業成績によって、年収の差が大きいみたい。しかも、貰えている人の年収は1000万円を超えているんだとか。そりゃ、そんな人も数人はいるんでしょうね。
でも、多くの人が、朝から晩まで働いて苦しんでいるみたい。まぁ、それもまた人生ですし、一生懸命働いている人はいくらでもいますからね。
離職率については、よく分からないけど、こんなに積極的にうざいほどの求人を送ってくるということは、循環しているんでしょうね、サラリーマンが。
どこかの求人サイトに書いてありましたが、「激しく求人活動をしている会社にはブラック企業も多く、従業員が辞めている会社だから気を付けろ!」みたいなことが書いてありました。まさに、そうだと思います。
だから、東建コーポレーションさんも大東建託さんも、受けませんよ。


大東建託さんや東建コーポレーションさんの採用手段
しばごは、DODAのメールとか、リクナビのメールとか、マイナビ転職とか、いろいろなサイトを使っていましたけど、やはり、大東建託さんも東建コーポレーションさんも、そこを使って攻撃してきます。
年収が高いことをちらつかせながら、攻撃していきます。
最近では、ブラック企業だという評判さえも武器にして、自虐的に攻撃するパターンさえもあります。
そして、ネットで書かれた退職者の口コミも増えてきて、もう見ているだけでも少しは楽しめます。
元大東建託社員さん、元東建コーポレーション社員さん、今はどうしているのかな。
また、2社に内定したこの方、どうしたのかな。

弱者が勝つ戦略
三鍋 伊佐雄
PHP研究所
2013-09-04




続きを読む

お天気がいい朝です。昨日はFJネクストの株を高値で買ってしまい、多少凹んでいます。
家庭菜園のネギに水を上げて、専業主夫しばご、気持ちを切り替えます。

さて、厚生労働省がブラック企業リストをホームページに掲載したようです。
昨夜、ヤフーニュースに掲載されているのを見ていたら、テレビ東京でも急に紹介されたので、世間的には関心が高いことなんですね。
私も 、ブラック企業には2社ほど勤めていたことがありますが、残念ながらリストには入っていませんでした。

 続きを読む

↑このページのトップヘ