専業主夫しばご、株で生きてく。

サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
お金に働いて貰います。もう、通勤電車にも乗らないもんね。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
昔から、サラリーマンになりたくなかったんだもん。結婚していますが、子供はいません。「ヒモ」とか「無職」とか思われる現実もあるけど、やっぱり専業主夫になって良かったよ。

タグ:ドラフト候補

夏の高校野球も大詰め、都市対抗野球も終わって、大学選手権も終わって、アマチュア野球界の興味と言えば、ドラフト会議ですね。
ドラフト会議と言えば、ドラフト特番。TBSの「お母さんありがとう」ですよね。
高校生のドラフト候補の活躍もだいたいわかってきたので、一番早いドラフト予想ではなく、ドラフト特番2017出演者予想をしてみたいと思います。

泉ピン子は不要です。

泉ピン子、徳光和夫、古田敦也・・・など、スタジオにいる人は誰でもいいんですけど、特に泉ピン子は不要ですよね。とにかくうるさいから。
まぁ、泉ピン子の横やりに集中力を乱されないようにしたいものです。
では、予想してみます。
続きを読む

都市対抗野球が終わって、もうすぐ日本選手権の関東予選がありますけど、今日はJABA神奈川県秋季大会を見に行きました。
東芝対MHPSです。まだ、東芝の廃部とか休部の話はないけど、そんなニュースはない方がいいですね。MHPSは本当に選手層が厚いのですが、この時期になるとドラフトと今シーズンで引退する選手がどうなるか気になります。
MHPSは、やはり多くのメンバーが引退するのかなぁ。東芝も少しメンバーが減るかもしれません。
そんなことを思いながらの観戦でした。

イニングとイニングの合間には、スマホで株価チェックをしながらね。今日は、FJネクストがかんばってくれました。東芝の株はもう買えませんけど、今後どうなっちゃうんだろうか。


mhps1

観戦は無料です。
10時30分プレイボール予定ですけど、JABAタイムで10時26分の試合開始でした。猛暑の中、星川駅から急な坂を上ってきました。熱中症になりそうですわ。
サーティーフォー保土ヶ谷球場は、大好きな球場です。
社会人野球をのんびり見ている時間が好きです。途中で、居眠りをしてしまいましたけど、これが気持ちいい。


続きを読む

土日は、高校野球の西東京大会と、東東京大会の決勝戦を見ていました。
二松学舎大附属、強かったですねぇ。早実の清宮は、エラーが痛かったですね。あのサードゴロでサードがしっかりとバウンドで投げているのに、ちゃんと捕球しないとねぇ。
そして、ファーストゴロの処理も良くなかったわ。うーむ、まだ野球を知らないなぁー、なんて、偉そうなことを思ったりしてしまいました。

宮城県がまだだけど、もうすぐ甲子園ですね。
高校野球は本当に楽しみなんですわ。優勝候補は、京都成章だと以前のブログで書きましたが、今日は注目選手を挙げたいと思います。
藤枝明誠の久保田投手は、静岡新聞でも大きく取り上げていましたけど、低い知名度の田舎の高校の野球部のエースから日本代表のエースになって欲しいと思います。

埼玉県の花咲徳栄高校。昔から、強豪校ですよね。この花咲徳栄のエースが清水達也投手。
ストレートはMAX146キロで、気合いが入った右腕です。フォークとカーブのキレも良く、高校生だったら、この3種類だけで勝負できると思いますよ。
理想は、今治西の藤井秀悟投手みたいに、ストレートとカーブだけで勝負するピッチャーなんですわ。桐生一高の正田樹も、そんなタイプでした。サウスポーだとストレートとカーブでいけちゃうんですよえ。桐光学園の松井投手もそんな感じでしたっけ。
花咲徳栄の清水投手は、深谷藤沢中学出身で、埼玉スーパースターズのエースとして、全国ベスト8の実績もあり、大舞台での経験も十分。
1年生の時からベンチ入りして、経験も豊富で、そして顔がいい。これは重要です。イケメンだからいいという訳でもなく、津久見高校の川崎憲次郎のような鋭い目があり、いい顔をしているので、頑張ってほしいですね。
ドラフト候補でもあるので、プロのスカウト人も熱い視線で見ていることでしょう。

関東は、強豪校だらけだなぁ。

そろそろ、花咲徳栄、くるんじゃね?

必勝祈願も重要ですね。千丸主将、がんばれ!





続きを読む

高校野球の予選が行われていて、全国各地から甲子園への切符を獲得した高校が出ていますね。まぁ、実際に切符があるわけではないんですが。
神奈川県では、桐蔭学園や平塚学園が負けでしまったけど、いよいよ大詰めです。東海大相模か横浜か、どうなるかな?

でも、注目は静岡県なんですわ。

静岡県の決勝は、藤枝明誠VS日大三島でした。浜商も静高も惜しくも負けてしまって、珍しい決勝戦のカードでしたが、23-10と言う大乱戦で雨中の決戦を藤枝明誠が制しました。
藤枝明誠高校、甲子園初出場です。おめでとうございます。
おそらく、藤枝市民が盛り上がっていることだと思います。公立高校じゃないけど、まぁ、いいでしょう。しばごは、公立高校が大好きなんで、やはり浜商か静岡高校に勝ってもらいたかったけどね。





続きを読む

土日は、東京市場がお休みなので、東京ドームで野球観戦。冷房が効いていて快適ですね。
生活保護のジジイも、東京ドーム内で涼めるのが都市対抗野球ですけど、そんな人に近づくと臭いのでチーム券で入場した際には注意しましょう。
ちょっとした観戦プチ情報でした。

さて、7月22日は、2試合と3試合目の最初だけ見てきました。

三菱日立パワーシステムズ(横浜市)-Honda鈴鹿(鈴鹿市)
セガサミー(東京都)-JR西日本(広島市)
NTT東日本(東京都)-新日鐵住金東海REX(東海市)


の3試合です。


三菱日立パワーシステムズ(横浜市)-Honda鈴鹿(鈴鹿市)

優勝候補の一角、三菱日立パワーシステムズ。MHPSですわ。一般的には、まだ馴染みがないMHPSですけど、やはり強かった。
初戦で乱調だったエース大野が先発。ノーヒットノーランをやりそうな雰囲気はあったけど、そう簡単にはノーノ―はできません。

mhps1

Honda鈴鹿の平尾投手(同志社大)もルーキーながら、下馬評通りのピッチングを披露。来年のドラフト候補ですな。大卒選手は社会人で2年、高卒選手は社会人で3年やるとドラフト会議で選択候補になるので、特に大卒1,2,3年目あたりの元気な選手を見ておくことは、これまたとても楽しいのです。
MHPSの大野投手は専修大学を卒業して2年目のシーズンなので、ドラフト候補ですね。
プロのスカウトが見守る中でのピッチングは、人生を左右すると言っても過言ではありません。

この試合でポイントとなったのは、5回裏のMHPSの攻撃で8番佐々木勉のタイムリーで先制!と思ったら、ランナーの若林(JX-ENEOSからの補強)が3塁ベースを踏み忘れてアピールプレーによりアウトになったシーン。いやー、分からないものですね、野球って。
プロ野球でもオリックスの外人がベース踏み忘れていましたけど、社会人野球ファンにとってのベース踏み忘れ事件は記憶に残るプレーです。
MHPSの後援会でTシャツを作れるんですけど、背番号に「43 WAKABAYASHI」ではなく「43 FUMIWASURE」とか、作ってしまう人がいないか心配です。株のトレーダーとしては、若林文江の方がお馴染みかもしれませんが、若林選手のベース踏み忘れも、ちょっと覚えておくと便利です(謎)。


試合の方は、9回を無失点に抑えた両投手がマウンドを降りて、0-0のまま延長戦に突入。

mhps2

MHPSは本多投手がマウンドへ。福岡大学出身のモデルのような体格のイケメンサイドスローです。独特のフォームは、キューバとかプエルトリコのピッチャーのようです。
Honda鈴鹿の大応援の中、MHPSの「ホンダ」が立ちはだかります。
Honda鈴鹿の方は、JFE東日本からの補強ではなくて、JFE東日本から移籍した鹿沼投手がマウンドに上がったので、私は「勝てる!」と確信しました。

12回からタイブレークなので、その予感はありましたけど、大卒2年目の久保選手が見事にサヨナラタイムリーヒットを打って、MHPSがベスト8進出です。おめでとうございます!
今大会、不振だった久保選手の貴重な一打で決着がついた試合でした。

MHPSの選手カードの話ですね。
ファンのために応援グッズというかプレゼントに配布している選手カード、なかなか評判がいいです。マニアにはたまりません。

そろそろ優勝の行方が気になってきました。
バルコニー席が好きな人もいますよね。落ち着いてみたい人にはいいみたいですね。私はチーム券で応援しながら見るのが好きです。
でも、落ち着いて観戦したいのに、チアスティックを耳元でバンバンやられたら嫌ですよね。

NTT東日本、優勝できるかなぁ?


トップメガホン ピンク 桃色[応援用メガフォン 応援メガホン 応援グッズ 甲子園 社会人野球 バレーボール バスケットボール インターハイ 高校サッカー 体育祭 運動会 スポ少 楽天通販 選挙 応援 スポーツ 大会 予選 本戦 観戦 megaphone pink ピンク色 メガホン 通販]*
トップメガホン ピンク 桃色[応援用メガフォン 応援メガホン 応援グッズ 甲子園 社会人野球 バレーボール バスケットボール インターハイ 高校サッカー 体育祭 運動会 スポ少 楽天通販 選挙 応援 スポーツ 大会 予選 本戦 観戦 megaphone pink ピンク色 メガホン 通販]*

三菱日立パワーシステムズ 1-0 Honda鈴鹿


続きを読む

↑このページのトップヘ