日本航空石川高校の女子マネージャーがかわいいと話題らしいですけど、私は藤枝明誠のマネージャーの方がタイプです。
おかやま山陽の女子マネージャーさんは、サッカーの澤穂希ベースなんですけどかわいかったです。
早稲田佐賀の女子マネージャーは、いかにも早稲田ちゃんみたいな顔をしていましたね。

高校野球の話はさておき、先日行ってきたあしかがフラワーパークの紹介です。
足利フラワーパークではなく「あしかがフラワーパーク」ね。足利って読みにくいから平仮名にしているんでしょうかね。
これまでに、4回ほど行ったことがありますけど、いずれも藤が見頃の季節に行ってきたので、夏に行くのは初めてでした。

このあしかがフラワーパークは、園長の塚本こなみさんが有名ですけど、花の開花状況によって入園料が違うことで知られています。イールドマネージメントに近い考え方だと思うのですけど、利益の最大化を考えて、経営者でもある塚本氏が料金設定をしているんですよね。
花が咲いていないときは安く、名物の藤の花の季節には1700円まで入園料が上がります。夏は、スイレンが咲いている程度なので、300円とお安い入園料です。
でも、しばごは、さらに割引を求めて、無料クーポン券をホームページで発券して行きましたよ。無料であっても、価値がないものは見たくありませんけど、あしかがフラワーパークはスイレンもとてもきれいですので、見る価値があります。

アクセスは、両毛線の富田駅から徒歩で行きます。

ashikaga1

富田駅は、田舎らしい地味な小さな駅です。駅員さんもいない時間帯があります。
両毛線の電車で伊勢崎から40分程度で到着します。観光バスで行く人も多く、4月や5月にはツアーも増えます。団体用入場口も大混雑します。
富田駅から、行列になっている様子を見たこともあります。
しかし、夏はあしかがフラワーパークに行く人は少ないので、全く混雑していません。
富田駅からは徒歩10分程度で、到着します。


続きを読む