専業主夫しばご、株で生きてく。

サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
お金に働いて貰います。もう、通勤電車にも乗らないもんね。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
昔から、サラリーマンになりたくなかったんだもん。結婚していますが、子供はいません。「ヒモ」とか「無職」とか思われる現実もあるけど、やっぱり専業主夫になって良かったよ。

タグ:アーリーリタイヤ

専業主夫しばごです。
実家に帰って、ノートパソコンでブログを書いていますよ。ノマドワーカーって、これですかね。お金を稼いでいないから、ノマドワーカーではないな。
今日は権利確定日だから岡藤ホールディングスなんていう株主優待目的の銘柄を100株買ってみました。
155円だから、15500円。松井証券で購入したので、手数料は0円。
さて、3000円のクオカードがゲットできるのか?いくらで売ることになるのかぁ。


専業主夫のアンケートがありまして、今日はそのことについて。
我が国、日本は、専業主夫が増加傾向にあるようです。いいのか、日本。
専業主夫に向けられる目は、冷ややかなんでしょうけど、明るく前向きにいってみよう!(高校球児風に)

モノ申すページは、この「今のご時世「専業主夫はあり?なし?」」などという、インチキ臭いアンケート結果のページです。

 夫婦の働き方は?
  • 夫だけ働いている、もしくは共働き 97%
  • 妻だけ働いている 1%
  • その他 2%
らしいです。 

妻だけ働いているところは、1%ですか。。。
まだまだ少数派ですね。でも、だからこそ、増加率は多いと思われるのでしょう。
その他2%って、夫婦そろって生活保護か!それはいかんぞ。
夫婦そろって生活保護にないにしても、夫婦そろって無職って、これは素敵かもしれません。

 
夫婦の家事の分担は、どのようにしているか?

妻がほとんど家事をしている76%
二人で分担して家事をしている 21%
夫がほとんど家事をしている 1%
その他 2%

 夫がほとんど家事をしているというのも、少ないですね。
しばごの家庭では、妻も家事をしますよ。私が疲れているか疲れたふりをしている場合、掃除やお料理をしてくれます。
妻は、お料理が好きなので、適当に作ってくれます。
妻には頭が上がりませんね。 


そして、気になるのが・・・・
 続きを読む

先日、株主総会に出席するために、久しぶりに9時の電車に乗りました。
朝の通勤ラッシュの時間帯ではないけど、そこそこに混んでいて、意識低い系のサラリーマンも意識高い系のサラリーマンも、苦しみながら毎日会社に行っていることを見て、ニヤニヤしてしまいました。
横浜のオフィス街でも、サラリーマンたちは仕事していましたね。
いくら給料もらっているのかなぁ。。。とか、思いながら。

でも、どうして働き続けるのか。
生活できないからですかね。ローンを返済するためですかね。いい家に住んで、いい車に乗るためですかね。それとも、社会をよくしたい!と思っているからでしょうか。
素晴らしいですね。
お金があるのに、会社を退職せずに働くサラリーマンって、偉いと思います。
お金が貯まらない感じのサラリーマン、すごいですねぇ。私にはできません。できませんでした。
 
そんな私も、もし、妻が病弱の専業主婦で、子供でもいたら、おそらく専業主夫にはなっていなかったでしょう。お金が足りないですからね。うつ病になろうとも、適応障害になろうとも、働き続けていたでしょう、苦しみながら。
時には、仕事をしていて楽しい瞬間やサラリーマン冥利に尽きるなんてこともあるでしょうけど、やはり苦しいことも多いのがサラリーマンです。楽なことも多いけど・・・。

貯金があればアーリーリタイヤして生活するという選択肢も出てくるのでしょうけど、世の中にはそんなにお金を持っているサラリーマンはいないのでしょうね。
意識高い系のサラリーマン、アップルのノートパソコン、スタバのコーヒー、ブランドスーツ、20000円くらいの腕時計に10000円くらいの本革の靴を履いて・・・ってやっていたら、支出も多そうですけど、そんなヤツは働いていればいい。
私は、大した仕事もしないくせに、偉そうな感じでかっこつけている意識高い系のサラリーマンが大嫌いです。
 
専業主夫になって、良かった!と思うのは、そんな変な先輩や同僚と接触しなくなったことです。
でも、昨日、オフィスビルの中のレストランに入ったら、意識高い系のおっさんがゴロゴロいました。900円のランチを食べている意識高い系のサラリーマン、本当にうざかったな。
仕事でもやっているフリをして、せいぜい頑張ってください。
しばごは、お金に働いて貰うことにしたわ。


 

↑このページのトップヘ