ブログを書いていると、情報商材を売りつけるインチキ業者みたいな人に出くわす機会が多いです。また、一応、株のブログなので金儲け系のインチキ臭い業者を見かける機会も少なくありません。

通信教育って言うのは、悪いことじゃないけど、どうもインチキ臭い気がするのは気のせいでしょうか。通信教育の教材費という名目で現金をだまし取った男が逮捕されたようです。
特定商取引法違反(不実告知)と詐欺の容疑で、ビジネス教材販売会社を営むほーぷっていう広島市にある会社の社長、桑原智之容疑者と、そのほーぷっていう会社の従業員の室町剛志容疑者が逮捕されたようです。
ほーぷっていう会社名がとても怪しい感じがしますけど、似たような会社がありますよね。ホープって。桑原智之容疑者が48歳、そして室崎剛志容疑者が43歳。いい年をして、なんか残念なニュースです。

産経新聞の記事によると、こんなことが書かれていました。
府警によると、2人は過去に通信教育を利用したことがある人の名簿を利用。「通信教育の契約が継続中で、解約には手数料が必要」「当社の教材を購入すれば手数料はかからない」などと嘘の電話をかける手口で、平成24~30年に13都道府県の約720人(延べ約1600人)にビジネス教材を販売し、計約3億円を売り上げていたという。
通信教育と言えば、進研ゼミのベネッセが有名ですが、あれは広島じゃなくて岡山が本家本元ですよね。どこか中国地方の通信教育で、ベネッセを思い出してしまいましたが、おそらく無関係です。
桑原智之社長と室崎剛志容疑者は、以前に通信教育を利用した人の名簿を使って、言葉巧みに解約手数料を要求したり、教材をさらに売りつけたりしたのですね。うその電話をしたらいけないのに、口が達者だったんですね。
平成24年~30年の間に、3億円もの売上って、どれだけセールスがうまいんだよ!
もっとほかの会社で営業活動したらトップセールスマンになったかもしれないのにね。ただ、今回逮捕される前までは、会社で働くよりは、もっと儲かっていた実感はあったでしょう。でも、これは立派な犯罪だと思われます。
起訴されるか不起訴になるかは知りませんけど、かなり起訴される確率が高そうです。


【中古】 小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」 難関校合格多出・35年で1万2000人が学んだ今一番注目を集める通信教育! /中根克明(著者) 【中古】afb
【中古】 小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」 難関校合格多出・35年で1万2000人が学んだ今一番注目を集める通信教育! /中根克明(著者) 【中古】afb




続きを読む