スーパーコンピューターって言うと、1秒間の間にめちゃくちゃたくさんの計算をするイメージがあります。
専業主夫しばごは、暗算が苦手なので、18+56とかの計算をするのに4秒くらいはかかりますよ。
スーパーコンピュータの開発って、世の中を便利にするんだろうな・・・って思いますよ。難しいことは分かりません。
でも、スーパーコンピュータの開発をしているベンチャー企業のPEZY Computing(ぺジーコンピューティング)の社長の斉藤元章社長と、役員の鈴木大介氏がNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の事業費用を水増しして、助成金を4億円以上も騙し取ったのが悪いことだということは分かります。

千代田区にあるぺジーコンピューティングは家宅捜索されて、資料を東京地検特捜部に押収されて、悪いことをしていたことが明かされるのかなぁ。
NEDOって、サラリーマン時代にお世話になったことがあり、これは経済産業省管轄の組織です。ベンチャー企業を支援するようなヤツです。詳しいことは、「ネット見ろ!」であります。

続きを読む