外来生物って、嫌われ者の存在で、生態系を崩すので厄介者とされていますね。釣りをしない私でも、ブラックバスとかはその代表格なんでしょう。食べても美味しくないみたいね。
でも、そんな外来生物をコンセプトにして2か月限定で居酒屋ができるらしい。
市場に出回ることがない希少な魚を使ったAPカンパニーの四十八漁場は、かなり業績が良いみたいですが、仕入れ価格が安い魚が調理の工夫で売れれば儲かりますよね。

小泉進次郎の力がでかい横須賀市の汐入町にオープンするのは「ふたTSUKI」という店です。2か月限定だからふたつきって、いいネーミングセンスです。
メニューには、水草を食べてしまうアメリカザリガニとか鯉を使った料理が並んでいるんだそうだ。
ザリガニは外来種で、美味しそうな雰囲気なのに美味しくなさそうな印象があります。コイは中華料理に使われるけど日常的には食べない感じで、ゴリゴリしているイメージがあります。
広島カープに勝つためにベイスターズファンが食べそうなニッチな層を狙っているのかと勘繰りたくなります。


続きを読む