ADHDサラリーマンしばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーからの再度サラリーマンに戻りました。
仕事をしていると、株の動きが見れないのが悩みです。そして、大人のADHDと診断されて、投薬治療中です。電話をするのが苦手です。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤして専業主夫になったのに、なぜか再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。ADHDでコンサータを服用中です。

タグ:お見合い

先日、TBSのがっちりマンデーIBJが出ていました。結婚相談所を束ねるビジネスでがっちり、だそうです。結婚ビジネスと言うと、テイクアンドギブニーズとかリクルートのゼクシィとか、その他、ウェディング関連銘柄が挙がるのですが、IBJは最も成長している注目企業です。
結婚相談所とか仲人とか世話好きおばさんとか、いろいろと面倒な感じがしますけど、まぁ、IBJは儲かるんですよね。

株主優待では結婚のための婚活パーティーの参加券が来ましたが、独身の人しか出られません。最も使えない株主優待券です。でも、株価が上がれば文句を言いませんよ。

ibj1

ワケアリ結婚相談所 しくじり男子が運命のお相手、探します (マイナビ出版ファン文庫) [ 鳴海澪 ]
ワケアリ結婚相談所 しくじり男子が運命のお相手、探します (マイナビ出版ファン文庫) [ 鳴海澪 ]
続きを読む

コミュニティ障害って、なかなか大変ですよね。
毎日、他人とのコミュニケーションに苦慮していますが、幸いなことに妻とはちゃんとコミュニケーション取れていると自分では思っています。
でも、ADHDの人でコミュニティー障害を持っている人は少なくないでしょう。
今週は、精神科の通院の日ですが、「そんなにきついのだったら、いっそのこと、仕事を変えてみては?」と言われてしまいました。
そして「大した事がないけど、上司から大袈裟に責められたりしていない?状況が目に見えるようです」なんて言われてしまいました。その通りです。

まぁ、コミュニケーションを取ったり空気を読んだりって言うことが、私にはとても難しいです。
精神障害って言われてもいいけど、うまくやっていきたいと思います。

さて、発達障害者の婚活について、現代ビジネスに記事がありました。
婚活をしていると、「あれ? ちょっと変わっているな...」という相手に、なぜか普段より高い確率で遭遇します。婚活市場では、コミュニケーション力の高い人のほうが成婚しやすいため、いわゆる「コミュ障」な方が残ってしまうことが多いためです。

 「婚活市場において、コミュニケーションの苦手な発達障害者が濃縮されている」と発達障害カウンセラーの吉濱ツトム氏は言います。

 吉濱氏は、強度のアスペルガー症候群を克服した経験を元に、これまで2,000人以上の発達障害者を改善に導いています。著書『発達障害と結婚』(イースト・プレス)刊行後は、恋愛や婚活、夫婦関係の相談が急増。

発達障害でも結婚できるんですが、なかなか難しいですよね。ADHD同士の結婚がいいと思うのですが、それはそれで大変なんですかね?

「気になる子ども」と「気にする先生」への支援 発達障害児のためにコミュニティ・福祉・教育ができること [ 渡辺 顕一郎 ]
「気になる子ども」と「気にする先生」への支援 発達障害児のためにコミュニティ・福祉・教育ができること [ 渡辺 顕一郎 ]




続きを読む

土曜日は横浜のシェラトンホテルで開催された無料の投資信託セミナーに行き、今日は業務スーパーに行った専業主夫のしばごです。最近は、すっかり買い物は業務スーパーばかりです。
魚を販売していないのですけどね、うちの近所の業務スーパーは。

さて、専業主夫になる人は少なくないですけど、なりたくて専業主夫になる人って意外と少ないと思います。何らかの理由があって、仕方なくなっていたり、生活を考えた場合に専業主夫になった方が良いと思って専業主夫になることが多いと思います。
でも、始めから専業主夫になりたい!って思って婚活パーティーに行く人なんかもいるようです。婚活は良いことでしょうけど、婚活パーティーって「パーティー」が付くだけで、極めて怪しい感じがしてしまいます。
それは、婚活業者がビジネス的に儲けようとしているからでしょうね。


続きを読む

↑このページのトップヘ