専業主夫しばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
でも、再びサラリーマンになり、兼業トレーダーに逆戻りです。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤして専業主夫になるも、再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。仮想通貨には手を出しません。

カテゴリ: 新商品

東京タワーとか東京都庁には登ったことがあるけど、富士山と東京スカイツリーには登ったことがないしばごです。
上る予定は今のところありません。

さて、キラキラしているイメージのあるUAEのドバイにとても高いホテルが開業したらしいですん。宿泊する価格も高いと思いますけど、高さが世界一らしいです。
これまでの世界一はどこのホテルだっけ?
開業するホテルはドバイにあるゲボラ(Gevora)っていうホテルだそうです。あ、これまでの世界一は、JWマリオットマーキスっていうドバイのホテルでしたね。
そう言われてみれば、世界一の高さのホテルがUAEにあるって、話題になっていましたね。
火事とか地震は怖いですよね。地震は少ないエリアでしょうけど、トルコで大きな地震が発生したり、日本の中では地震が少ない熊本で地震が起きたりする時代ですから、何が起こるか分かりません。
火事は、とても怖いと思います。





アラブからのメッセージ 私がUAEから届けた「3・11」への支援 [ ナオコ・ハムダ ]
アラブからのメッセージ 私がUAEから届けた「3・11」への支援 [ ナオコ・ハムダ ]

続きを読む

日曜日の音楽チャンプって、楽しいですね。
めちゃくちゃ歌がうまい人が出てきたと思ったら、審査員の菅井秀憲が厳しいことを言ったり、黒木瞳が歌のうまさに感動して泣いたり、村上信五の適当なコメントはともかくとして、とてもいい歌番組だと思います。
審査員の森公美子はあまり好きじゃないんだけどね。


高校生の歌がうまい人の将来が左右される音楽チャンプ!

前回の放送では、過去最高得点をたたき出したアルメリノ・アナリンが負けたんですよね。
チャンプに輝いたのは、かわいい北海道のバンド女子高生・川村海月さんでした。
今回は、川村海月さんに4人の挑戦者が挑みます。
番組の構成としては、昔ながらの雰囲気がありますね。


歌手生活30周年記念リサイタル 石川さゆり音楽会 -七夜祭ー [ 石川さゆり ]
歌手生活30周年記念リサイタル 石川さゆり音楽会 -七夜祭ー [ 石川さゆり ]
続きを読む

旅行会社のHISが変なホテルに続いて、変なカフェをオープンしますね。
東京の渋谷という世界的に注目の街にできる変なカフェは、数年後には変なカフェじゃなくなっているんでしょうかね。
場所は、渋谷の渋谷モディだそうですね。丸井からモディになったところがありますけど、まぁ、モディですわな。


変なホテルの東京エリアでの展開を進めていく中で、HISの澤田社長は攻めていますねぇ。


ロボットがコーヒーを提供するわけですが、あのAIの声とかタブレットの平べったい顔がどうも苦手なんですよね。
産業用ロボットがロボットアームで動いて作業する様子はとても見ていて好きなんですけど。
コーヒーの粉を入れたカップがザーって動いて、お湯をタラタラ注いでいく様子は、人間でもロボットでも、そんなに違いないと思います。
この作業だったら人間は必要ないな・・・って思います。あれ?でも、それって1杯ずつドリップするタイプのコーヒーメーカーでも、エスプレッソが良ければエスプレッソメーカーでもいいじゃん。
低価格で利用できるコーヒーメーカーでいいじゃんって思ってしまいました。
変なカフェは場所代とコーヒー代でお値段は320円というスタバを意識した価格なんですね。


デロンギ ドリップコーヒーメーカー (5杯分) ICM14011J-W ホワイト[ICM14011J]
デロンギ ドリップコーヒーメーカー (5杯分) ICM14011J-W ホワイト[ICM14011J]


続きを読む

最近は、旅行に行っているのでホテルに宿泊する回数が増加中の専業主夫しばごです。
コンドミニアムもカプセルホテルもいいけど、話題の変なホテルもいいですね。コスト削減ってとても重要だと思います。
ロボットが接客してもいいと思いますが、ロボットなどいない方がもっといいと思います。

そんな「変なホテル」が東京の銀座でもオープンします。2018年は変なホテルの開業ラッシュなんですよね。
2018年2月1日に変なホテル東京 銀座が開業しますよ。


【送料無料】WINBOT ウィンボット ECOVACS エコバックス W850 ガラスクリーニングロボット 静音モデル 窓拭きロボット 「変なホテル」でも活躍中
【送料無料】WINBOT ウィンボット ECOVACS エコバックス W850 ガラスクリーニングロボット 静音モデル 窓拭きロボット 「変なホテル」でも活躍中続きを読む

最近、新築マンションの建設現場をよく見に行っている専業主夫しばごです。
大規模なマンションって、いくらくらいでできるんですかね?不動産バブルを感じる昨今、しばごもマンションを買うぞ!っていう気分になっていますよ。

さて、マンションの話題ではなく、横浜市役所の新庁舎の建設現場を見てきたので、そのことについて書きたいと思います。
ついつい、新社屋って言ってしまいそうになりますが、会社じゃないので新庁舎ですね。今の横浜市役所は、JR関内駅の近くでかなり古いです。
歴史を感じる素敵な建物なんですけどね。地震などが起きたら危険かもしれません。
耐震のことを考えると、新しい市役所の方がいいけど、税金で作られる新庁舎は現在建設中なのです。

場所は、JR桜木町駅からちょっと関内寄りです。
以前には何があった場所だっけ?

yokohama1

マンションでも作っているのかな?と思ったけど、ここが新横浜市役所なんですね。新横浜ではないです。
横浜市新市役所って書いた方がいいか?
横浜市役所新庁舎ですな。


yokohama3

現場には、横浜市市庁舎移転新築工事と書かれていました。設計と施工は竹中工務店と西松建設の共同企業体なんですね。俗にいう、JV(ジョイントベンチャー)ってやつですな。
株式会社小俣組、株式会社黒崎工務店、サカクラ、生駒植木株式会社、株式会社アルテック、きんでん、株式会社共栄社、浅海電気株式会社などの会社が入っているみたいです。


横浜市役所【電子書籍】
横浜市役所【電子書籍】

続きを読む

中国製のスマホとかパソコンとかタブレットが日本でもたくさん使われています。スマホは2回連続で中国製のファーウェイです。
P10liteは、かなり快適に使えています。
本体購入直後に、透明のスマホカバーを購入しましたけど、その後に手帳タイプのスマホケースを購入したので、透明カバーは、スマホケースがぼろくなったら使おうと思います。
送料込みで300円くらいだったので、まぁ許容範囲です(何の?)。

chinaP10lite1

中国
の東莞からやってきたスマホケース。
Amazonでも楽天でも、中国から輸送されるんですね。白い粉とか入っていたらどうしよう・・・とか思いつつ、中国の郵便局の検査もあると思うので、おそらく大丈夫だと思います。
発送されて到着するまでに若干時間がかかりますけど、まぁこれも許容範囲です。




メール便送料無料 Huawei P10 lite ケース 手帳型 カバー P10 lite財布型 手帳型ケース 財布型ケース カバー スタンド シンプル 薄い クリアケース 透明ケース 衝撃吸収 柔軟 軽量 ファーウェイ スマホケースP10 liteカバー カード収納可能
メール便送料無料 Huawei P10 lite ケース 手帳型 カバー P10 lite財布型 手帳型ケース 財布型ケース カバー スタンド シンプル 薄い クリアケース 透明ケース 衝撃吸収 柔軟 軽量 ファーウェイ スマホケースP10 liteカバー カード収納可能

続きを読む

新商品とか新発見って、どきどきしますね。
新種の発見って神秘的なものを感じます。

お茶の水女子大学などの研究チームが、2018年1月18日に小笠原諸島の聟島列島沖で、新種のカニを発見してペタンココユビピンノって命名したようです。
フォントによっては「ビ」と「ピ」の、テンテンとマル(濁点と半濁点)が潰れちゃうので読みにくいかもしれませんが、ペッチャンコな小指な感じで、ペタンココユビピンノですね。
素敵なお名前ですな。

ゴカイの巣穴にいたペッチャンコのカニで横幅が7ミリで縦幅が3ミリという形状らしいです。東京都が2016年に実施した生態調査で発見され、お茶の水女子大学湾岸生物教育研究センターの吉田隆太特任助教授が新種と断定したそうです。

タラバ蟹アクションフィギュア BIG 〜新種〜 全3種セット(在庫品)
タラバ蟹アクションフィギュア BIG 〜新種〜 全3種セット(在庫品)



続きを読む

思い切って購入したスマホ、ファーウェイのP10lite
比較的、人気機種でコストパフォーマンスが良いっていう評判ですね。口コミの評価も上々です。
そんなP10liteのスマホカバーを楽天で買いましたよ。
最初のうちは、傷とかつけたくないのでね。


p10lite11
ナチュラルな感じで、しばご初の手帳タイプです。
これまでは、ちょっと柔らかいシリコン製のやつか、透明プラスティックの安いハードカバーを使っていたので、手帳タイプはかなり大人の階段を上りました。
未だに、「ケース」なのか「カバー」なのか、はっきりしないけどね。





続きを読む

↑このページのトップヘ