専業主夫しばご、株で生きてく。

サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
お金に働いて貰います。もう、通勤電車にも乗らないもんね。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
昔から、サラリーマンになりたくなかったんだもん。結婚していますが、子供はいません。「ヒモ」とか「無職」とか思われる現実もあるけど、やっぱり専業主夫になって良かったよ。

カテゴリ: 野球

社会人野球の2大大会は、夏に東京ドームで開催される都市対抗野球と、秋に京セラドーム大阪で開催される日本選手権です。

それぞれに予選が各地で繰り広げられますが、関東予選の組み合わせと日程が発表されました。
甲子園での高校球児たちの熱戦が行われていますけど、気持ちは日本選手権予選であります。


続きを読む


夏の教科書と言えば、サンデー毎日の「都市対抗野球」と週刊朝日の「甲子園」です。
要は、夏の高校野球2017のメンバー表なんですけどね。
2017年は、宮城県大会が発売日に間に合わなくなりそうになって、東北高校と仙台育英高校が掲載されているレアな感じです。

湘南Tサイト
のおしゃれな蔦屋書店で買ってきましたけど、アマゾンや楽天ブックスでお買い求めいただけます。


甲子園2017 2017年8月号 【週刊朝日増刊】【雑誌】【2500円以上送料無料】
甲子園2017 2017年8月号 【週刊朝日増刊】【雑誌】【2500円以上送料無料】



2017年の甲子園は、表紙の女の子が、微妙な感じです。毎年、このモデルになる娘は、どんな基準で選ばれるんででしょかね。続きを読む

このブログは、専業主夫の株ブログだけど、アクセスの95%が野球記事という、「ねじれ国会」もびっくりな感じの展開になっています。
専業主夫しばご、野球が大好き!にブログ名を変えようかな。今日も、甲子園の本を買ってきたし。

さて、オリックスの将来を期待されたスラッガー奥浪鏡選手が、球団から契約解除になりましたね。結婚していないから、契約解除で自由契約のウェーバー公示されて、どの球団も手を挙げなかった場合、即専業主夫にはならないと思いますけど、普通のプーとかニートになってしまいますね。
ただ、これまでの給料もあるでしょうから、まずは練習して、次の舞台で活躍してほしいところです。



続きを読む

土日は、高校野球の西東京大会と、東東京大会の決勝戦を見ていました。
二松学舎大附属、強かったですねぇ。早実の清宮は、エラーが痛かったですね。あのサードゴロでサードがしっかりとバウンドで投げているのに、ちゃんと捕球しないとねぇ。
そして、ファーストゴロの処理も良くなかったわ。うーむ、まだ野球を知らないなぁー、なんて、偉そうなことを思ったりしてしまいました。

宮城県がまだだけど、もうすぐ甲子園ですね。
高校野球は本当に楽しみなんですわ。優勝候補は、京都成章だと以前のブログで書きましたが、今日は注目選手を挙げたいと思います。
藤枝明誠の久保田投手は、静岡新聞でも大きく取り上げていましたけど、低い知名度の田舎の高校の野球部のエースから日本代表のエースになって欲しいと思います。

埼玉県の花咲徳栄高校。昔から、強豪校ですよね。この花咲徳栄のエースが清水達也投手。
ストレートはMAX146キロで、気合いが入った右腕です。フォークとカーブのキレも良く、高校生だったら、この3種類だけで勝負できると思いますよ。
理想は、今治西の藤井秀悟投手みたいに、ストレートとカーブだけで勝負するピッチャーなんですわ。桐生一高の正田樹も、そんなタイプでした。サウスポーだとストレートとカーブでいけちゃうんですよえ。桐光学園の松井投手もそんな感じでしたっけ。
花咲徳栄の清水投手は、深谷藤沢中学出身で、埼玉スーパースターズのエースとして、全国ベスト8の実績もあり、大舞台での経験も十分。
1年生の時からベンチ入りして、経験も豊富で、そして顔がいい。これは重要です。イケメンだからいいという訳でもなく、津久見高校の川崎憲次郎のような鋭い目があり、いい顔をしているので、頑張ってほしいですね。
ドラフト候補でもあるので、プロのスカウト人も熱い視線で見ていることでしょう。

関東は、強豪校だらけだなぁ。

そろそろ、花咲徳栄、くるんじゃね?

必勝祈願も重要ですね。千丸主将、がんばれ!





続きを読む

夏なので、読書感想文を書こうと思います。

子供のころ、読書感想文が苦手な人も多かったと思いますが、私はそんなに苦じゃありませんでした。
ちゃんと本を読んでしまうと、本の内容をたくさん引用してしまいそうですから、さらっと読んで、前書きと後書きを読んで、パパっと仕上げてしまうタイプでした。
小学校の時は、3年くらいは芥川龍之介の「蜘蛛の糸」をひっぱり、あとは、浜田幸一の「不肖ハマコーがゆく」と、江川卓の「たかが江川 されど江川」で読書感想文を書いた記憶があります。かなり、クセがあるクソガキでしたね。


【中古】 不肖ハマコーがゆく 一所懸命に闘い、一所懸命に死ぬ / 浜田 幸一 / ネスコ [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】
【中古】 不肖ハマコーがゆく 一所懸命に闘い、一所懸命に死ぬ / 浜田 幸一 / ネスコ [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】
続きを読む

高校野球のシーズンは、決勝戦が終わるまで株はゆったりトレードですわ。
専業主夫しばごは、いつもはラジオ日経を聞きながら株をやっていますけど、高校野球シーズンはNHKで高校野球で甲子園の戦いを聞いています。
いよいよ夏ですなぁ。都市対抗野球が終わって、夏が終わったはずなのに、おかしいなぁ、また夏が始まるぞ。

まだ、出場校が出揃っていないけど、今日からお出かけをするので早めに優勝予想をしますよ。神奈川は横浜か東海大相模が神奈川県大会を制すると思いますけど、そこそこに疲れているはずなので、優勝候補には挙げません。
激戦区を勝ち上がったチームって言うのは、本当に実力はあると思いますけど、疲労は高校生に襲い掛かります。だから、東京・大阪・神奈川・愛知などの出場校が多い都府県は厳しいと思います。

大胆な優勝予想をします。

本命は、京都府の京都成章です。
対抗は、広島の広陵です。
大穴は、早稲田佐賀と聖心ウルスラです。



続きを読む

高校野球の予選が行われていて、全国各地から甲子園への切符を獲得した高校が出ていますね。まぁ、実際に切符があるわけではないんですが。
神奈川県では、桐蔭学園や平塚学園が負けでしまったけど、いよいよ大詰めです。東海大相模か横浜か、どうなるかな?

でも、注目は静岡県なんですわ。

静岡県の決勝は、藤枝明誠VS日大三島でした。浜商も静高も惜しくも負けてしまって、珍しい決勝戦のカードでしたが、23-10と言う大乱戦で雨中の決戦を藤枝明誠が制しました。
藤枝明誠高校、甲子園初出場です。おめでとうございます。
おそらく、藤枝市民が盛り上がっていることだと思います。公立高校じゃないけど、まぁ、いいでしょう。しばごは、公立高校が大好きなんで、やはり浜商か静岡高校に勝ってもらいたかったけどね。





続きを読む

またまた、都市対抗野球ネタです。
昨日は、妻と共に、東京ドームで都市対抗野球を見てきました。土日は、多くの人が東京ドームに来ていたと思いますけど、JR東日本の動員が本当にすごかったです。

準々決勝のベスト8が出揃って、この日は、東芝(川崎市)とJR東日本(東京都)の対戦でした。
エース田嶋大樹(佐野日大高校)投手がドラフト候補として注目され、どことなく会社も好調な感じのJR東日本に対して、今年はいかんともしがたい状況の東芝。
下馬評では、JR東日本が有利だと予想していた人も多いでしょう。

jreastjapan1

試合前には、多くの横断幕を持った会社の人たちの姿もありました。でも「いいから打て!」の横断幕が無いのは、ちょっと寂しいと思いました。
木本徹コーチの横断幕は無かったですね。
この横断幕って言うのは、ちょっと素敵なキャッチコピーが添えられていて、楽しいのですよね。
俊足の嘉数駿選手は、JR東日本の新幹線E5系にかけて「E5系の如く全力疾走!」というかっこいい横断幕でした。キャッチャーの鈴木貴弘選手のは、捕手らしく「堅守で勝利を掴みとれ!」です。
影山潤二選手は桐蔭学園高校から中央大学のイケメン外野手です。岩澤寿和選手のとデザインが似ているので、同じ部署なんですかね?
JR東日本の名簿を持っていないので、よく分からないけど。でも、色が、東芝カラーだったのは、偶然です。

jreastjapan2

試合前には、JR東日本は社歌斉唱の時に、選手とスタッフが肩を組んでいます。左右に揺れていて、全員が同じ方向に動いていなかったのは仕方ないことです。
両方に引っ張られて、両方に押されていた選手は、この写真で分かりますかね。動画で撮影すればよかった。
なお、この写真は、ちょっと緑を多く加工しています。
緑のモノはより緑に、赤いものはより赤くって言うのがセオリーです。
この社歌を斉唱しているとき、堀井哲也監督はマスコットと触れ合えてプチ喜び中でしょうか。セクハラ現場を激写!って訳ではありません。




続きを読む

↑このページのトップヘ