専業主夫しばご、株で生きてく。

サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
お金に働いて貰います。もう、通勤電車にも乗らないもんね。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
昔から、サラリーマンになりたくなかったんだもん。結婚していますが、子供はいません。「ヒモ」とか「無職」とか思われる現実もあるけど、やっぱり専業主夫になって良かったよ。

カテゴリ: 野球

夏の高校野球も大詰め、都市対抗野球も終わって、大学選手権も終わって、アマチュア野球界の興味と言えば、ドラフト会議ですね。
ドラフト会議と言えば、ドラフト特番。TBSの「お母さんありがとう」ですよね。
高校生のドラフト候補の活躍もだいたいわかってきたので、一番早いドラフト予想ではなく、ドラフト特番2017出演者予想をしてみたいと思います。

泉ピン子は不要です。

泉ピン子、徳光和夫、古田敦也・・・など、スタジオにいる人は誰でもいいんですけど、特に泉ピン子は不要ですよね。とにかくうるさいから。
まぁ、泉ピン子の横やりに集中力を乱されないようにしたいものです。
では、予想してみます。
続きを読む

プロ野球はもうすぐCSが始まり、そして日本シリーズですね。
戦力外通告でトライアウトに挑む選手もいたり、ドラフトを待つ社会人野球の選手や、大学生・高校生もいます。
プロ野球は厳しい世界であります。

さて、そんな秋ですけど、テレビ東京では、プロ野球のドラフト1位で指名された選手の今を徹底追跡した番組を放映するそうです。
ドラフト1位って重いんですよね。先日も、西武ライオンズの玉野宏昌選手がテレビに出て製紙会社で営業マンをしている様子が出ていました。
野球選手として現役を終わった後の方が人生長いので、セカンドキャリアも重要なんですわ。


続きを読む

オリックスクレジットの迷惑メールならびにフィッシング詐欺に関する当ブログの記事に多くのアクセス数があってびっくりしました。
オリックスクレジットもオリックス銀行も、注意を呼び掛けているとは言え、大量のスパムメール配信をするヤツは本当に嫌ですね。

さて、オリックスつながりで言うと、オリックスバファローズが新外国人投手として、台湾代表のサウスポー、呂彦青投手を狙っているんだとか。
野球で台湾の呂と言えば、これまでは巨人の呂明賜ですが、こっちの呂彦青投手もなかなか良さそうな左腕ですな。
国立台湾体育運動大学の出身の21歳、台湾のニュース記事での写真を見たら、なかなかダイナミックなファームでJR東日本の田嶋に似たようなテイクバックだと思いました。力が抜けたテイクバックから、リリースの時だけシュッ!って力を入れているような感じね。

この呂彦青は、BFAアジア選手権で台湾のエースとして出場していて、この大会には、NPBのスカウトもドラフトを前にJR東日本の田嶋などの社会人野球の選手の最終チェックに行っていたんですよね。
でも、相手投手が良くて「おぉ!」ってなったわけですね。
このパターンは時々あって、都市対抗野球なんかでも、目的のピッチャーと投げ合う相手投手をマークするなんていうこともあるんですわ。



続きを読む

もうすぐドラフト会議ですね。
戦力外通告からのトライアウト、ドラフトで新入団選手が出てきて、プロ野球はオフシーズンとなり選手たちは保留選手という扱いになり、2018年の2月からキャンプインになります。
2018年のシーズンのために、動き出している球団があるわけですが、中日ドラゴンズは迷走中ですね。
ドラフトの補強ポイントは、全ポジションらしいです。一応、京田の目途が立ったショート以外は補強ポイントでしょう。
ピッチャーの即戦力が何人獲得できますかね。

さて、今年のドラゴンズは、キャッチャーにも苦しみましたね。
キャッチャーの外国人の獲得を狙っているって、スポーツ報知に書かれていました。ゲレーロが「野球はビジネス」だと豪語して、お金を欲しがったため、退団が濃厚になりました。
打てるキャッチャーが欲しいという欲が出てきて、メジャー経験のあるキャッチャーを欲しくなったのですね。
動いているのは、人気のないデニー友利国際渉外担当さんだそうです。投手コーチの時は、評判悪かったですね。

続きを読む

プロ野球はソフトバンクと広島が強いらしいですね。
しばごは、社会人野球が好きなので、羽田空港の近くの大田スタジアムに日本選手権の関東代表決定戦を見に行ってきましたよ。
2017年の日本選手権はどんな戦いになるのか、まだ出場チームが出揃っていないけど、優勝予想をしますよ。
2017年9月15日時点で出場権を獲得していないチームが優勝するかもしれません。


京セラドームで単独チーム日本一を競う!

社会人野球の2大大会は、都市対抗野球と日本選手権です。大きな違いは、補強選手の制度があるかないかの違いですね。
都市対抗野球は補強選手がいて、その選手の活躍がトーナメントの行方を左右しますけど、日本選手権は単独チームでの試合になります。選手層が重要なんですよね。
そして、応援もちょっと都市対抗の方が規模が大きいし、観客数も、やはり東京ドームで開催される都市対抗に比べたら、大阪は地味です。
これは、仕方ないことでしょう。でも、日本選手権もチーム券を配布していますので、無料で見られますよ、応援席は。


代表決定戦は、熾烈な戦いですよ。

JABAの地区大会に優勝すると、日本選手権の出場権が得られます。
地区大会って言うのは、東京スポニチ大会、静岡大会、四国大会、日立市長杯、岡山大会、長野大会、京都大会、ベーブルース杯、九州大会、北海道兼東北大会で、これらの大会の優勝チームに出場権が与えられます。
さらに、全日本クラブ大会で優勝したチームと、都市対抗野球で優勝したチームにも出場権が与えられ、既にたくさんのチームが出場権を獲得しています。
都市対抗の優勝がNTT東日本で、全日本クラブ選手権の優勝が和歌山簑島球友会でした。

トヨタ自動車、東京ガス、日本新薬、日立製作所、Honda、新日鐵住金かずさマジック、NTT西日本、日本通運、日本製紙石巻が、出場権をすでに獲得しています。

大田スタジアムでは、関東予選が行われていて、5代表が今日決まりました。


jaba1

経営危機の東芝さんは、佐藤旭のサヨナラホームランでJFE東日本に勝ちましたよ。



続きを読む

プロ野球はもうすぐCSですね。巨人が4位でDeNAが3位かぁ。
今年もいろいろなことがありましたけど、セガサミーの宮崎も日本生命の大島も頑張りましたね。セリーグの首位打者争いが熾烈でした。
パリーグは、日本ハムの飯山が引退っていうのが、寂しいです。入団の頃から応援してきただけに「おつかれさま!」って言ってあげたいと思います。
多くの人から惜しまれて、引退する人もいる裏で、多くの選手は「戦力外通告」を言い渡され、来シーズンの契約を結ばれないことを伝えられる季節です。クビを突き付けられた男たちの戦いは、プロ野球合同トライアウトで行われます。
トライアウトから這い上がる選手を応援したいのですが、2017年11月頃に開催されるトライアウトの参加選手一覧が気になる季節です。

早くも戦力外通告を受けた選手の名前がちらほら出ていますね。
かつては静岡の草薙球場で雨の中行なわれたこともありました。今は1回勝負になっていますけど、2017年のトライアウトも1回だけなのかな?
壮絶な男の戦い、あの特番に出る選手にも注目です。

続きを読む

ホンダの車に乗っている専業主夫しばごです。これまで、マツダ、スズキ、日産、フォルクスワーゲン、ホンダの車に乗ってきたけど、トヨタが未体験です。トヨタは嫌いじゃないんですがね。
次は、スバルかトヨタがいいな・・・。日産リーフもいいけど。

さて、ホンダが、2021年を目途に大きな狭山工場での自動車の生産を寄居工場(埼玉県寄居町)に集約するらしいです。
工場閉鎖って、日産の村山工場の閉鎖とかが記憶にありますけど、地元に対する経済効果が大きいんですよね。下請け企業とか孫請け企業もあるから、大きな経済をもたらす自動車工場の閉鎖は大きなニュースです。
生産拠点の選択と集中とのことですが、狭山工場って今の稼働率が7割なんだとか。これは意外でした。
名門のHonda野球部も和光市代表から狭山市代表になってから少し時間が経ちましたが、活動の拠点が移転したりしたら、今度は寄居町代表になったりして。
まぁ、南関東地区であることは変わりないと思いますがね。


続きを読む

↑このページのトップヘ