専業主夫しばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰います。

カテゴリ:株・マネー・投資 > 株主優待

かっぱ寿司のカッパクリエイトは、株主優待狙いの銘柄として長期保有しています。
寿司が好きなので、この株主優待券は気に入っています。
今は、紙の券から、プラスティックの株主優待カードになり、残金がいくらなのか確認しにくくなったとはいえ、ちゃんとお寿司を食べることができます。
デザートやラーメンや唐揚げもね。食べないけど。
かっぱ寿司が低迷して苦しんだ時も、迷走しているときも、少し回復してきたときも、カッパクリエイトと共に資産を増やしてきました(違う)。
かっぱ寿司の含み損は、寿司で補っていますw

頑張れ、かっぱ寿司!頑張れ、カッパ・クリエイト!

では、株主優待カードを使って食べてきたお寿司を紹介しますね。
鰤フェアみたいのをやっていました。脂ののった鰤は美味しいですよね。かっぱ寿司の鰤も美味しゅうございます。


kappa1
サラダは注文しないよ。アイスも注文しないよ。


【送料無料】回転寿司トレイン 回転寿司 スシ 回るおすし おもちゃ プレゼント 景品
【送料無料】回転寿司トレイン 回転寿司 スシ 回るおすし おもちゃ プレゼント 景品

続きを読む

鉄人化計画が運営する「カラオケの鉄人」に行きまくっております。
行きまくると言っても4回ですけどね。
行くたびに、株主へのおもてなしとして、ワインもしくはスパークリングワイン(シャンパン)もしくは、ノンアルコールシャンパンのリンゴソーダを頂くことができます。
食事に使うことができる優待券は2500円分です。


カラオケは苦手なので一人で行きます。

カラオケに一人で行くことは慣れました。
神奈川県内のカラ鉄に行くと、室料が店舗によってまちまちなんですね。微妙な差は何だろう?
戸塚は安いけど、二俣川と中華街が高いのは謎です。


karaokenotetujin1
二俣川のカラオケの鉄人は、とても大きな部屋を一人で使いました。
鉄人化計画の株主優待券に感謝して、ワンドリンクのCCレモンを390円でいただき、優待券を使ってきました。

部屋には、マラカスもあります。使わないけどね。

karaokenotetujin2
二俣川のカラ鉄は、駅から免許センター側にあって、1階がパチンコ屋さんになっています。
かなりレトロな雰囲気と言うか、ぶっちゃけ古いです。タバコ臭いです。
でも、そんな状況を株主として知ることは重要です。
うむ、投資対象ではないな・・・。いや、優待込みの利回りは悪くないって感じか?
だって、行くたびにワインを貰えるんですもん。1杯じゃなくて1本ですよ。
重たいんですよ、持ち帰ると。




続きを読む

株主優待狙い銘柄の真骨頂、かっぱ寿司のカッパクリエイト
コロワイドグループになり、ブランド変更して再起を目指しているかっぱ寿司。
そんなカッパクリエイトから株主優待のお知らせが到着しました。

カッパクリエイトの株主優待券は、紙からカードに変わっています。
昔は、かっぱの絵が描かれている株主優待券だったのですが、今回はカードにポイントが入ったという連絡になります。


kappasushi1
合理的な感じがします。
初期にカード発行のコストがかかるものの、紙の優待券の印刷コストが下がります。
長期保有している株主であれば、このカードって言うのはいいことのような気がしますけど、「あと何枚かな?」っていう楽しみは無くなります。
ポイント確認はお店でできますけど、株主優待券を使って食事をしたときのレシートと一緒に保管しておくと、残高が確認できますね。めんどくさい。

続きを読む

今日は、高校駅伝の日。
全国の予選を勝ち抜いた高校生が京都の都大路を走ります。楽しみですね。
優勝予想は、当たるのかな?当たらないだろう。

さて、ちょっと先延ばしにしてきたマルコの株主優待ですが、カタログの中で何を選ぼうか悩みました。
ライザップグループになって、20%オフの株主優待券だけでなく魅力的な商品も多くなってきました。
RIZAPの雑炊とか健康食品は、そこそこにお値段が高いのですね。

で、どの商品を選んだのか?

maruko6

マルコの株主優待サイトに入ると、必要な情報を入力するように促され、個人情報を登録して会員になります。

maruko1

そして、カタログの商品の中から選ぶという流れです。萩原流行です(ん?)





続きを読む

今日は、横浜の住宅展示場に行ってきました。
新築の注文住宅はとても魅力的ですけど、やはり新築住宅って言うのはもったいないかなって思いました。
建物の減価償却や固定資産税やローンの金利を考えると、手を出さなくてもいいかなって思い始めました。考えは変わるかもしれませんけどね。

さて、ちょっと前に日本ギア工業(6356)から株主優待が届きました。

オリジナルではないクオカードです。


nihongiakougyou1
工夫のかけらもない、男らしいクオカードです。
株主名義管理人は、アイアールジャパンさんですね。最近、アイアールジャパンを使っている会社が多くなったような気がします。
日本ギア工業は、東証2部に上場している自動車のギア(歯車)を作っている会社ですけど、近年は原発のバルブ装置などを作っています。
株価が急騰した時に大半を売却しましたが、少し残している状態です。
決算内容があまり良くなかったので、ガクンと下げちゃいましたが、まぁかなりいい思いをした銘柄です。
それにしても、株主優待のクオカードって言うのは、地味すぎるな。


続きを読む

先日、カラオケの鉄人を展開する鉄人化計画からの株主優待が届いたことを、こちらのブログで書きました。

鉄人化計画の株主優待券が到着したよ。会員カードを握りしめカラオケの鉄人に1人カラオケでワイン貰いに行くわ。


早速、横浜市内のカラオケの鉄人に行ってきました。
中華街のカラ鉄は、ルーム料金が高いので、桜木町の店舗にお邪魔しました。
ドリンク1杯付きで1時間、ランチを付けて利用しました。株主優待の会員カードを提示したら、お土産としてワインではなくシャンパンを頂きました。
しかし、なんと注文したドリンク(CCレモン)が出てこなくて、店員に言ったら「あ、すみません」って言われただけの対応でした。
返金しろとは言いませんが、CCレモンをくれればいいのに・・・って思ってしまいましたが、大人の対応で「あ、いいです」とか言っちゃいました。

でも、株主優待として頂いた500円分のチケットをランチに使用して、ルーム代を450円払ってきて、大きなシャンパンを貰ってきました。


これが、ロコモコです。

karatetsu1

ハンバーグは温かいけど、半熟卵が冷たいので、独特の温度感であります。
ライスは、ヘルシーな感じです。すなわち、量が少ないです。
おしゃれな葉っぱが付いていて、ドミグラスソースがかかっています。あっという間に、食べてしまいました。
まぁ、500円って感じですけど、カラオケの中ですから、フードメニューの値段はどれも高いです。
ここで利益が生まれるわけですからね。
それにしても、CCレモンが飲みたい気分です(しつこい)。



続きを読む

株主優待券の改悪は、精神的に良くないです。
株式分割で株数が倍になって、半分になるような、実質的に変更がないのはいいけど、優待券から割引券に変更になっていたりするとショックです。
優待目的で投資をしていないくせにショックだけは受けます。
そんな改悪をしたのがスーツを販売しているオンリー(3376)です。
オンリーって名前は良いけど、財務内容もいいから好きな会社なんですよ。
株価もいい感じに上がりましたし。利益確定もしています。


オンリーワンが大事な時代ですね。

SMAPもナンバーワンじゃなくてオンリーワンだとか言っていました。
個性って言うのは大事なことです。だから、このブログも誰かが書いたようなブログではないようなことを書かないといけないなぁって思っています。
でも、オンリーの株主優待のことを書きます。巷にあるような内容です。

only1

20%オフの割引券です。
有効期限は平成30年11月30日までです。2018年の11月30日ですね。
しかし、20%の優待割引券は、そんなにうれしくないかな。
横浜には店舗が無くて、海老名とか町田とか東京に行かないとないんですわ。まぁ、20%割引でも買うものはないので、使わないかな・・・っていう印象です。


続きを読む

株主優待には、いい株主優待とダサイ株主優待があります。使えない株主優待は嫌いです。
株主優待を目的としていないしばごですが、変な優待をしている企業って、イメージが悪いです。

インプレスHDは、長いこと保有している銘柄で、好きな銘柄です。
IT系の出版社ですが、まぁ地味な企業なんですわ。塚本会長が経営から退いて、娘さんが取締役に入ったかと思うのですが、その後いかがお過ごしでしょうかね。

昔は、いい株主総会をして、株主総会の後には立派なお土産が出ていたんですが、今はすっかりと地味になりました。
株主優待も、地味な電子出版物になりました。ダウンロードするけど、あまり見ないんですよね。


impress1


Sメールっていうんでしたっけ?ペロッとめくるハガキが届きました。ここに株主の番号とパスワードが書かれていて、株主優待をダウンロードするシステムです。


続きを読む

↑このページのトップヘ