専業主夫しばご、株で生きてく。

サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
お金に働いて貰います。もう、通勤電車にも乗らないもんね。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
昔から、サラリーマンになりたくなかったんだもん。結婚していますが、子供はいません。「ヒモ」とか「無職」とか思われる現実もあるけど、やっぱり専業主夫になって良かったよ。

カテゴリ: 主夫の日常

日曜日に、ラジオ日経で当選した「立川らく朝のごごらくご」のチケットを持って、落語を聞いてきました。

落語を聞くのは、10年ぶりくらいかな。以前も、ポッドキャスティングのポッドキャスト亭の落語チケットが当選したので行ったのですけど、なかなか自腹で落語を聞くことは無いですね。
Youtubeでも落語を聞けますし、このライブの良さって言うのが、あまり理解ができていないのですわ。
「豚に真珠、しばごに落語」であります。

DSC_0001

この立川らく朝さんも、実は知らなかったんですけど、落語家になる前は医師(内科医)だったみたいですね。
そこで一定の収入を得てから、落語家になったみたいです。プロフィールを見たら、落語家で医学博士。ドクターさんなんですね。
長野県生まれで、杏林大学の医学部を卒業して、慶応健康相談センター(人間ドック)の医長だった人のようです。
その後、立川志らく門下に入門して、内科クリニックも開設している方のようです。

入門したのが46歳(平成12年)で、真打に昇進したのが平成27年10月だそうです。健康をテーマにした講演会をいっぱい開催しているみたいなので、この日も「健康落語」をやっていました。



続きを読む

昨日は、都市対抗野球を見た後に、ラジオ日経さんにいただいた「立川らく朝のごごらくご」を聞いて、赤坂サカスのデリシャカス2017に行ってきました。
久しぶりの落語は紀尾井ホールで行われましたけど、あのあたりって格式が高い感じですね。立川らく朝さんは、元内科医の落語家で面白かったです。
ラジオ日経さん、ありがとうございました。

さて、落語では写真が撮影できませんので、デリシャカスのことを書きますわ。
テレビ局各社が夏のイベントをやっていますけど、結構、好きです。お台場には行かないけど、TBSは何度か行ったことがあります。


tbs

お仕事をやっているときは、何度も来ているTBS。久しぶりに来たのですが、特に変わっていませんでした。
サンデーモーニングは出演者が政権批判ばかりしているし、張本さんが偉そうなので嫌いですけど、TBSのバラエティは面白いものもあるので、嫌いではありません。
地下鉄の千代田線の赤坂駅のすぐ隣にあるので、アクセスも良好なTBSですけど、紀尾井町から徒歩で来ました。そんなに遠くないですわ。


続きを読む

またまた、都市対抗野球ネタです。
昨日は、妻と共に、東京ドームで都市対抗野球を見てきました。土日は、多くの人が東京ドームに来ていたと思いますけど、JR東日本の動員が本当にすごかったです。

準々決勝のベスト8が出揃って、この日は、東芝(川崎市)とJR東日本(東京都)の対戦でした。
エース田嶋大樹(佐野日大高校)投手がドラフト候補として注目され、どことなく会社も好調な感じのJR東日本に対して、今年はいかんともしがたい状況の東芝。
下馬評では、JR東日本が有利だと予想していた人も多いでしょう。

jreastjapan1

試合前には、多くの横断幕を持った会社の人たちの姿もありました。でも「いいから打て!」の横断幕が無いのは、ちょっと寂しいと思いました。
木本徹コーチの横断幕は無かったですね。
この横断幕って言うのは、ちょっと素敵なキャッチコピーが添えられていて、楽しいのですよね。
俊足の嘉数駿選手は、JR東日本の新幹線E5系にかけて「E5系の如く全力疾走!」というかっこいい横断幕でした。キャッチャーの鈴木貴弘選手のは、捕手らしく「堅守で勝利を掴みとれ!」です。
影山潤二選手は桐蔭学園高校から中央大学のイケメン外野手です。岩澤寿和選手のとデザインが似ているので、同じ部署なんですかね?
JR東日本の名簿を持っていないので、よく分からないけど。でも、色が、東芝カラーだったのは、偶然です。

jreastjapan2

試合前には、JR東日本は社歌斉唱の時に、選手とスタッフが肩を組んでいます。左右に揺れていて、全員が同じ方向に動いていなかったのは仕方ないことです。
両方に引っ張られて、両方に押されていた選手は、この写真で分かりますかね。動画で撮影すればよかった。
なお、この写真は、ちょっと緑を多く加工しています。
緑のモノはより緑に、赤いものはより赤くって言うのがセオリーです。
この社歌を斉唱しているとき、堀井哲也監督はマスコットと触れ合えてプチ喜び中でしょうか。セクハラ現場を激写!って訳ではありません。




続きを読む

第88回都市対抗野球が始まりました。しばごの夏がやってきました。
株ブログ兼専業主夫ブログも、ちょっとだけ野球色が強くなりますわ。何か、最近ニュース記事も多いので、ごちゃまぜブログ的な感じですけどね。まぁ、いいや。

大会2日目となる昨日、3試合を見てきました。
三菱自動車岡崎(岡崎市)ーパナソニック(門真市)
Honda鈴鹿(鈴鹿市)-きらやか銀行(山形市)
西部ガス(福岡市)-東京ガス(東京都)

の3試合です。
いずれの試合も熱戦となりました。


まずは、三菱自動車岡崎ーパナソニックの試合から。

試合前の練習から東京ドームに入りました。
三菱自動車岡崎は、昨年は例の燃費不正問題があって予選の出場を辞退して活動休止を乗り越えての出場です。
第一代表としての出場なので、応援団も気合いが入ります。
でも、写真はパナソニック!

panasonic1
我が家には、パナソニック(ナショナル)製品が少ないです。別に松下幸之助が嫌いなわけでもないんだけど、何となくパナソニック製品って少ないんですよね。
空気清浄機と乾燥機がパナソニック(ナショナル)製で、昔、使っていたPHSがパナソニックだったと思います。そんなことは、全くどうでもいいんですけど、パナソニックも松下電器時代も含めて優勝はしていなんんですよね。
鍛治舎巧さんがいなくなったので、ちょっと応援してみたくなる存在でした。
試合前の練習では、何となくのびのびとプレーしている印象がありました。



続きを読む

先週から昨日にかけて、5日連続で都市対抗野球予選の観戦に行ってきました。
専業主夫になって良かったと思える瞬間って言うか、会社で働いていたらこんなに自由な時間がないもんね・・・。
社会人野球って本当に面白いです。

土日は東京都の予選で大田スタジアムへ、そして、今週は西関東予選で横浜スタジアムに行ってきました。
西関東の第一代表はMHPS、第二代表が東芝に決まり、JX-ENEOSは2年連続で本大会に出場できません。補強選手を輩出することになるのですが、MHPS(三菱日立パワーシステムズ)は、2017年から三菱重工長崎とMHPS横浜が統合されたチームですから、選手層が厚すぎるので補強選手なんていらないんじゃないか?と思えるほどの戦力。
東芝は、補強選手をガツガツ入れたい(特に投手陣)ところですけど、本大会までに会社が存続しているのかとか、補強選手に支払うお金とか、そんなことが心配になってきてしまいます。

では、2017年の都市対抗野球の予想をしたいと思います。まだ、予選の真っ最中なので、既に都市対抗出場を決めたチームはわずかですがね。

mhps2

まずは、MHPS野球部ですが、安定の戦力です。苦しい時代を抜けて、全国の強豪になっています。
特に、投手陣が充実しています。
西関東の代表って言うとどうもピンとこないですけど、激戦区神奈川の代表ですから、やはり強いです。緻密な野球をしないと神奈川は勝ち抜けません。
東芝戦は、エースの大野亨輔投手(専修大)が見事に完封しました。第一代表がかかったENEOS戦では、長崎のエースだった奥村政稔投手(中津商業)と2年目の本多裕哉投手(福岡大)のリレーで粘るENEOS打線を封じ込めました。
奥村投手の安定感、そして、サイドスローの本多投手の速球は本当にプロでも通用するレベルかと思います。
さらに、左腕の三小田章人投手(文徳高校)やベテラン亀川裕之投手(法政大)、鶴田祥平投手(日体大)らも控えていて、全国屈指の投手陣だと思います。
ENEOSからエースの柏原史陽投手(同志社大)を補強したら、優勝までの勝ち方が想像できてしまいそうです。

打撃陣も攻撃力があるので、優勝候補の筆頭に挙げられます。
八戸勝登(西南学院大)と鶴田翔士(九州国際大)の1.2番コンビが出れば得点力が上がりますし、クリーンナップも強力。4番に元巨人の加治前竜一(東海大)が座り、予選では徹底マークをされていた常道翔太(東海大)も本戦では活躍が期待されます。


続きを読む

九州北部を襲った集中豪雨で、自衛隊員の活躍が報じられています。心肺停止で発見された方がまだいるようですし、死者も増えていて、被害の大きさを痛感いたします。
亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。

さて、私が楽しみにしているテレビ番組の一つ、TBSの「ナイナイのお見合い大作戦」の放送があるので、かなり楽しみです。毎回、このお見合い大作戦の放送がある日には、早めにご飯を作って放送に備えます。
やらせと噂されていることもありますし、芸人が出たりすることもあるんですけど、まぁ大人しくかつキャーキャー言いながら見ています。サクラみたいな立場で参加する女性とかいるのかなぁ、やっぱり。開催地に住んでいる男性参加者の中には、結婚に慎重な人はいてもヤラセとかサクラは混ざっていないと信じていますけど、女性の中にはひょっとして盛り上げ役がいるかもしれません。

2017年7月12日の放送は、まさにタイムリーと言うべきか、九州の自衛隊がお見合い大作戦に挑みます。自衛隊の第3回目ですね。以前も自衛隊の福岡君で盛り上がりましたけど、自衛隊員の嫁探しには数々のドラマがありました。印象に残っているのは爆乳大佐さんの女性自衛官でした。先輩と後輩のバトルもありましたね。
自衛隊員ですから、その仕事の関係で長期不在することもあるわけで、それを承知で婿探しに挑む女性参加者の動きにも注目です。


続きを読む

都民ファーストか自民党か?
東京都民の一票が株価に大きな影響を及ぼしますが、まぁ自民党が苦しそうです。それは織り込み済みですけど、小池百合子が嫌いな専業主夫しばごです。

主夫の日常は、朝にブログを書いて、午前と午後とトレードをして、夕方にブログを書いて、夜はテレビです。テレビでプロ野球を見るか、バラエティを見るか、ドラマを見るわけですけど、ドラマが楽しいか楽しくないかは大きな問題です。
2017年夏のドラマ一覧をチェックして、視聴率を予想してみたいと思います。

なお、これまで好きだったドラマは、いろいろありますけど、古くは東京ラブストーリー同級生と、月9世代ですけど、最近は、やはり半沢直樹とルーズベルトゲームは面白かったですね。
専業主夫をテーマとしたアットホームダッド(阿部寛主演)も面白かったですし、尾野真千子が出演していた名前をなくした女神も好きでした。
石原さとみのリッチウーマンプアウーマンも好きでしたね。小栗旬がいい味を出していました。井浦新がちょっと気持ち悪かったけど。



続きを読む

専業主夫しばごです。転職活動はしていませんが何か?

ちょっと前までは、就職したいと思っていましたけど、いいところがあれば転職したいと思うようになってきて、さらに、その気持ちも薄れてきて・・・無くなりました。
でも、スカウトメールやらキャリアアドバイザーからの求人の連絡やら、リクナビネクストの希望に合った求人メールとかって、ちょくちょく来るんですよね。
設定で、「メール送信を希望しない」ってやればいいのに、面倒なので、やっていません。

それにしても、毎日のようにメールを送ってくる東建コーポレーション!本当にお疲れ様です。
手間がかかっていないんでしょうね、おそらく。
やたらと多くの人に、「働きませんか?」っていうメールを送っているのでしょう。もう、完全にスパムのレベルです。
東建コーポレーションさん、オタクの会社では働きませんから!
類似の会社に、大東建託さんもあります。土地活用はするかもしれませんが、大東建託さんでははたらきませんからね。


ブラック企業なの?
さて、この東建コーポレーションさんとか大東建託さんって、ブラック企業なのですかね?
ブラック企業の定義も、いろいろあるんでしょうけど、両社ともに大きな会社ですからねぇ。
離職率が高いとか、仕事の量や質の割には年収が低いとか、そんな感じがブラック企業という所以でしょう。
変な上司がいるとか、ノルマを課せられる厳しい支店長がいるとか、そんなのはどんな会社でもあたり前ですよね。
どんなところがブラックなのか、評判を調べてみたら、やはり年収の面ではいろいろな投稿がありましたね。
営業成績によって、年収の差が大きいみたい。しかも、貰えている人の年収は1000万円を超えているんだとか。そりゃ、そんな人も数人はいるんでしょうね。
でも、多くの人が、朝から晩まで働いて苦しんでいるみたい。まぁ、それもまた人生ですし、一生懸命働いている人はいくらでもいますからね。
離職率については、よく分からないけど、こんなに積極的にうざいほどの求人を送ってくるということは、循環しているんでしょうね、サラリーマンが。
どこかの求人サイトに書いてありましたが、「激しく求人活動をしている会社にはブラック企業も多く、従業員が辞めている会社だから気を付けろ!」みたいなことが書いてありました。まさに、そうだと思います。
だから、東建コーポレーションさんも大東建託さんも、受けませんよ。


大東建託さんや東建コーポレーションさんの採用手段
しばごは、DODAのメールとか、リクナビのメールとか、マイナビ転職とか、いろいろなサイトを使っていましたけど、やはり、大東建託さんも東建コーポレーションさんも、そこを使って攻撃してきます。
年収が高いことをちらつかせながら、攻撃していきます。
最近では、ブラック企業だという評判さえも武器にして、自虐的に攻撃するパターンさえもあります。
そして、ネットで書かれた退職者の口コミも増えてきて、もう見ているだけでも少しは楽しめます。
元大東建託社員さん、元東建コーポレーション社員さん、今はどうしているのかな。
また、2社に内定したこの方、どうしたのかな。

弱者が勝つ戦略
三鍋 伊佐雄
PHP研究所
2013-09-04




続きを読む

↑このページのトップヘ