ADHD専業主夫しばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
でも、再びサラリーマンになり、兼業トレーダーに逆戻りです。ADHDと診断されて、投薬治療を始めました。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤして専業主夫になったのに、なぜか再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。ADHDで投薬治療中です。

カテゴリ: ニュースの感想文

1週間に1回や2回は、芸能人やら有名人の浮気だの不倫だの、そんなニュースが出回ります。不倫や浮気はいけない事だとは思いますけど、あまり、騒ぎ立てなくてもいいのに・・・って思います。
同様に、上西小百合とか加藤紗里が、炎上商法に出ても、相手にしなければいいのにって思ってしまいます。
松居一代が何らかの行動をしても、マスメディアが華麗にスルーして、記事にしなければ、テレビやネットで目にすることもないのにねぇ、って思います。

で、今度は、元SPEEDの今井絵理子と、橋本健という自民党の神戸市議会議員が浮気だか不倫をしたみたいなんですよね。
そんなの、ほっとけよ!って、専業主夫しばごは思ってしまいました。
ちょうど、上西小百合議員が、今井絵理子議員をネタに炎上商法を吹っかけた後だけにタイムリーな今井絵理子に週刊新潮砲が火を噴いた形ですね。せっかく、上手に上西小百合に対応した今井絵理子だけに、ちょっと残念な感じですけど、週刊新潮も何か嫌ですなぁ。


続きを読む

都市対抗が終わると、世界陸上が始まりますね。まだ、都市対抗は終わっていませんけど。
世界陸上は、奇数年に開催されまして、今年はイギリスのロンドンで開催されます。

しばごは、陸上と競泳は、どうも好きじゃないけど、織田裕二と中井美穂は好きですよ。野球のような駆け引きや戦術が少なく、アスリートの一発勝負な感じが分かりやすいんですけどね。
ネットを挟んで行うバレーボール、テニス、卓球、バドミントン、陣地を攻める系のサッカー、バスケットボール、ハンドボール、ホッケー、ラグビー、それぞれに良さはあるんですけど、やはり競泳と陸上競技っていうのは、「多少頭が悪くても勝てます!」って感じがあります。

sekairikujyo



まぁ、世界陸上は始まると盛り上がるので、ちょっと楽しみです。
8月4日が開幕です!




続きを読む

今日は朝から都市対抗野球を見るために東京ドームへ行ってきました。
JR西日本、MHPSがいい試合をしていましたね。パワーがあったら、後でブログを書こうかな。

ヤフーニュースを見たら、シンクロナイズドスイミングの名称が「アーティスティックスイミング」に変わるんだって。なんだそりゃ。長い名前・・・。略称はアースイですかねぇ。

シンクロナイズドスイミングもフィギュアスケートも新体操も体操競技も、採点競技って言うのがどうも好きじゃないんですよね、私は。
特にシンクロナイズドスイミング改めアーティスティックスイミングは、嫌いです。別に美しくもないし・・・っていう感じで、スポーツじゃないよなぁって思います。
あれだけの競技をするためには、相当な体力が必要だけど、あれで点数を競うようなものじゃないような気がしてならない。


続きを読む

夏ですね。雨が適度に降りませんね。渇水ですなぁ。熱中症で倒れそうですわ。
それでも、クーラーを導入しない我が家です。

さて、2017年8月5日に、東京の渋谷で「渋谷盆踊り大会」なるイベントが開催されることが決まりました。
渋谷は広末涼子も「ちょっと苦手」だと歌っていましたけど、しばごはかなり苦手です。
駅からの出口が分からないのですよね。109側に行こうとすると、神宮球場に行く方に出てしまうし、西武の方に行こうとするとバスターミナルの方に出てしまうんですよね。だから、逆の逆の方に出てばいいのかな?と思っているうちに、また出口を間違えてしまいます。
渋谷は人も多いし、電車も多いし、かなり苦手なことは間違いないエリアです。
そして、盆踊り・・・。これも、嫌いなイベントですね。
自分がやるのももちろんのこと、他人がやっている盆踊りを見ても楽しくないし、暑苦しいし。盆踊りは現代社会には不要なイベントだと思います。

その渋谷で盆踊りだなんて、かなり驚愕のイベントです。
リア充な若者と外国人が喜び、犯罪の臭いさえ感じます。
開催場所は、渋谷駅前のスクランブル交差点と渋谷109の間とか文化村通りとか道玄坂で行われるようです。
こんなクソイベントを開催する主催者は、渋谷道玄坂商店街振興組合だそうです。


続きを読む

夏休みは飛行機で海外旅行!なんていいですよね。
夏休みに、繁忙期の高い旅行代金を支払って、生意気な日本人や中国人のクソガキがいるハワイで、何かの行列に並んで、成田空港でインタビューを受けて疲れ切っているサラリーマンを見ると、こっちが元気になります。
年中休みって言うのはいいもんですわ。好きな時に海外旅行に行けますからね。
今度、ピーチアビエーションで出かけたいと思っております。

さて、飛行機ネタなんですけど、総合商社の双日がビジネスジェット事業の運航の方に参入するようです。もともと、ビジネスジェットの販売代理店は事業としてやってたみたいですけど、アジアとか東南アジアでビジネスジェットを飛ばすんですね。
私も、ビジネスジェットで台湾とか香港に行きたい!って思ったけど、1000億円くらい、資産が足りません。100億円で大丈夫?足りん?

双日は、アメリカで子会社を作って、拠点を香港に開設するようです。そこで、中国とか香港に住んでいる大金持ちを相手にして、メンツのためにお金を使う富裕層を狙ってビジネスジェット事業なんて、たくましいですわ。
ホンダの作っているビジネスジェットを使えば、話題性もありますしね。ホンダの飛行機のニュースがあまり聞かなくなっちゃったけど、順調かな?



続きを読む

動物が好きな専業主夫しばごです。
インスタグラムのタイムラインには、柴犬だらけなんですわ。
かわいい柴犬には毎日癒されています。他には、カワウソとかも好きだけど、やはり柴犬が一番です。

さて、チュートリアル徳井が司会をしているTBSの「生き物にサンキュー」ですけど、やらかしてしまったみたいですね。さすが、安定のTBSさんであります。
何をやらかしてしまったかと言うと、ヤラセの心霊写真を使ってしまったようで、ネットでは炎上していますね。ネット社会ですから、不正をするとすぐに炎上してしまいます。怖い世の中です。
わざと炎上させる上西議員とか加藤紗里とか松居一代にはガッカリしますが、炎上商法って本当に嫌ですね。
ただ、生き物にサンキューは、意図的な炎上ではなく、悪意のあるヤラセ写真を利用だったと思われます。

BuzzFeed の取材によると、7月19日の放送の番組の終盤の心霊写真のコーナーで、展望台の写真の中に女性の霊らしきものが写っているもの(合成写真)を出しちゃったのですね。それをあたかも、心霊研究家の池田武央さんが心霊写真のように解説していたらしいです。



続きを読む

毎日のようにスマホを触っていますけど、スマホ中毒にはなっていない専業主夫しばごです。
使っているスマホはファーウェイ(HUAWEI)のP8 liteっていう機種です。人気のある機種で、ファーウェイの力を日本市場に見せつけた機種であります。色はシャンパンゴールドです。
裏には、柴犬まるのステッカー(100均のやつ)を貼っていますよ。

新しいスマホが欲しいなぁ。
スマホは毎日使うものだから、さくさく使いたいですよね。
これまでは、2年経ったらキャリアごと変えているという使い方をしてきたので、ガラケー時代も含めて、ドコモ-au-ソフトバンク-au-ドコモ-ソフトバンクみたいなキャリア遍歴だったんんですよね。
それが、ガラケーは通話用に残して、データ通信はこのファーウェイのP8 liteとビッグローブの格安SIMという構成にして節約しています。
全くの快適で安く使えていて不満はありません。
専業主夫は通勤でスマホを使わないし、家では当然WiFiですからね。12GBを夫婦でシェアして1480円です、毎月のデータ通信料は。
でも、新機種のP10 liteは欲しいと思いました。
ちょっと前に、P9 liteっていう機種が出たばかりだと思っていたのに、もうP10ですか・・・。





続きを読む

芥川賞と直木賞の発表がありましたね。
夏休みの読書感想文は得意だったのですが、最近は小説は読まないですねぇ。
サラリーマン時代は、通勤電車の中で西村京太郎のトラベルミステリーなどの推理小説を読んでいたんですけどね。

芥川賞は、38歳の沼田真佑(ぬまたしんすけ)さんが受賞しました。
受賞作品は影裏で、なんとデビュー作で受賞だとか。インタビューを受けていた
沼田真佑さんはなんか初々しい表情で答えていましたけど、まさに時の人になってしまいましたね。
これからワイドショーなどで詳しいプロフィールが明かされていくと思われます。
北海道の小樽市のご出身で、小さいときには横浜で暮らしていたこともあるようです。大学は名門の西南学院大学。横浜の人にとっては、九州の慶応大学とか早稲田大学みたいなイメージがある学校です。
ちなみに、関西の慶応と早稲田は、同志社大学と立命館大学だと思っていますが合ってますか?
この
沼田真佑さんは、現在、盛岡市で塾の講師をしているようです。生徒たちも、びっくりですよね。今は、取材陣が殺到している可能性もあります。

影裏 [ 沼田真佑 ]
影裏 [ 沼田真佑 ]

この作品は、医薬品会社に勤務する30歳代の性的少数者の男性会社員の視点で、同僚の友達男性の姿を描いた作品だそうです。作品の舞台は岩手県で、東日本大震災をきっかけにして、友達の意外な一面が明らかにされる作品になっているようです。


続きを読む

↑このページのトップヘ