専業主夫しばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
このブログでは、専業主夫になりたがっているサラリーマンの背中をポンと押すよ。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰います。

カテゴリ: 旅行

リクルートには大きなブランドがたくさんあります。カーセンサーとかじゃらんとかSUUMOとかリクナビとか、いろいろなサービスを展開しています。
ただ、リクルートポイントって言うのは使いにくい・・・。

リクルートの「じゃらん」って昔は使っていたけど、最近は使っていないな。旅行に行って宿を予約するときは楽天トラベルを使ってしまいます。
ま、そんなことはさておき、リクルートHDがインドネシアなどの東南アジアで展開している旅行仲介の事業から撤退するそうです。
東南アジアって、タイとかベトナムとかインドネシアとかマレーシアとか、パワフルで日本からの観光客も多いし、現地の経済発展もすごし、市場としてはとても大きいと思います。でも、競争が激化して収益を上げるのは簡単なことではありません。
成功している企業もあるけど、失敗している日本企業も少なくないのでしょう。


リクルートの すごい構“創”力 アイデアを事業に仕上げる9メソッド [ 杉田 浩章 ]
リクルートの すごい構“創”力 アイデアを事業に仕上げる9メソッド [ 杉田 浩章 ]


続きを読む

日本各地に島があるけど、島で生活すると不便な点がいろいろとありますよね。
沖縄とか淡路島とかは、便利だけど、東京都の小笠原諸島はかなり凄い場所にあります。
日本のガラパゴスであり、行くのも船で24時間もかかる未知の島。
観光が主な産業ではありますが、時間がないと行くことができません。
飛行機の定期運航もなく、飛行場もありません。

でも、その小笠原諸島で、小規模な飛行場の建設を検討しているようです。少し前からも話題になっていましたけど、建設されそうな感じでしょうか。
それなりの建設費はかかるし、東京都でありながら東京都庁に行くのに長時間かかると、島民にもいろいろな不都合があります。
いろいろな課題も残されています。


2018年 カレンダー 「世界遺産 小笠原諸島」 壁掛け【直営店限定ポストカードプレゼント】
2018年 カレンダー 「世界遺産 小笠原諸島」 壁掛け【直営店限定ポストカードプレゼント】


続きを読む

JR東京駅の丸の内側でミチテラス2017というライトアップが行われていると聞き、行ってきました。
イルミネーションと東京駅のプロジェクションマッピングみたいなことが行われていて、見事でしたよ。

東京駅なので、外国人観光客も多く、かなりの混雑でした。
イベントスタッフも交通整理をしていましたけど、まぁ、混雑は仕方ないですね。
丸の内のOLも帰宅前にイルミネーションを見ていくのでしょう。


tokyomichiterasu

ルミナリエっていう名前は記憶にありますが、このイベントは東京ミチテラス2017です。ミチテラスって、覚えにくいですね。
2018年もやるのかなぁ・・・って思います。
久しぶりに東京駅に来たら、すっかりきれいになっていました。
丸の内エリアの再開発もいつの間にか終わりそうで、大規模な工事が少なくなってきました。


tokyomichiterasu2

アートな感じのオブジェがいっぱいです。
昼間はイルミネーションの美しさは分からないけど、5時になればかなりいい感じになってきます。


続きを読む

飛行機が特別好きなわけじゃないけど、展望デッキから飛行機を見るのは好きな専業主夫しばごです。
飛行機って、墜落する可能性があるので怖いんですよね。でも、かっこいいですわ。

これまでに行ったことがある日本国内の空港はそんなに多くありません。
羽田空港、成田空港はよく利用します。
これ以外では、新千歳空港、旭川空港、オホーツク紋別空港、たんちょう釧路空港、仙台空港、静岡空港、名古屋空港、伊丹空港、広島空港、松山空港、徳島空港、高松空港、高知空港、大分空港、福岡空港、奄美空港、那覇空港、くらいですかね。
飛行機に乗る前に、一番じっくり過ごせるのは、北海道の空の玄関口、新千歳空港です。

飲食店もお土産物屋も充実しているし、大空ミュージアムもあります。
だから、大空ミュージアムの写真を掲載します。

shinchitose_oozoramuseum1
無料で楽しめる航空マニア必見のスポットです。
搭乗前に少しだけ見ても楽しいです。
冬季は、展望デッキが閉鎖されているので、ここはいいですね。フレッシュネスバーガーとか丸亀製麺とかがあるフードコートの近くにあります。


続きを読む

もうすぐ2017年も終わりですね。
クリスマスまでもう少しですね。年内はおとなしく過ごそうと思っていますけど、年末の株価の動きが気になる昨今です。

さて、先日の北海道旅行では成田空港を利用しました。
LCCのバニラエアなので、羽田空港ではなく成田空港の利用となります。だから、横浜から成田空港まで電車で行かないといけないのですよね。
車で行くのはガソリン代と駐車場代と高速道路代がかかるので、1人では利用しません。
横浜から成田空港、もしくは成田空港から横浜のルートを考える場合、主に候補は4つあります。

1)京急で都営浅草線経由で高砂か青砥で乗り換えて、京成で成田空港。
アクセス特急を使うのがスタンダードですが、高いので京成本線で行く料金重視のルート。

2)横浜駅からJR横須賀線で乗り換えなしで成田空港まで。

3)YCATからリムジンバスで成田空港へ。3600円だが楽。

4)京急もしくはJRで上野に行って、そこから京成で成田空港まで。

他にも、ルートはいくつかあるけど、使ったことがあるルートはこんな感じで、いずれも一長一短あります。
成田空港から横浜に帰ってくる場合は、疲労度合いとの相談になりますが、行く時は1の価格重視のルートを利用します。
今回の旅行でも、行く時は、横浜から京急で高砂まで行って、京成本線で成田空港に行きました。
でも、帰りはJRで乗り換えなしの2を選択したのですが、普通車グリーン席を利用しました。
土曜日なので、グリーン席料金は780円です。駅でグリーン券を購入しました。


greenJR1
青春18きっぷで横浜から高崎とか宇都宮まで行く時に利用したことは何回かありますが、この優越感は凄いです。いつもグリーン車に乗っている人は感覚が麻痺してしまうのでしょうけど、私にとっては猛烈な贅沢行為なので、どきどきです。
新宿でレーシックの手術を受けた時に、初めて利用したと思いますけど、あのドキドキ感は忘れられません。
780円の贅沢、清水(きよみず)の舞台から飛び降りるほどの贅沢です。だって、グリーン車以外の席でも同じところに行けるのに、席だけで780円(51キロ以上の場合)ですもん。


続きを読む

2泊3日の北海道旅行の最終日は、支笏湖温泉に行きましたよ。
しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の謌って言うところです。

これまで、網走湖にある鶴雅リゾートでかなり満足したので、その後に支笏湖の水の謌と、定山渓にある森の謌にも行ったことがあります。
水の謌さんは、今回で2回目です。そして、支笏湖は3回目の訪問です。
札幌や千歳からも近いので、便利な温泉リゾートですが、とにかくコストパフォーマンスに優れた場所です。

送迎バスとランチブッフェと温泉で3000円!

新千歳空港・南千歳駅・千歳駅などから送迎バスがあって、豪華なランチビュッフェがあって、きれいな温泉があって3000円と言う激安で価値のある日帰りランチコースがあります。
だから、何回も行きたくなるんですよね。
バスは1時間程度乗るので、往復だけでも3000円くらいかかりそうだし、ランチブッフェだけでも3000円もしそうだし、日帰り温泉だけでも1500円くらいしてもおかしくないのに、合計で3000円と言う格安な日帰りコースです。

前回は、LCCで新千歳空港に到着した後に水の謌に向かったけど、今回は、最終日なので千歳空港から青い大型バス(水の謌のバス)で向かいました。帰りは新千歳空港まで送ってもらいましたよ。
到着したら、きれいな施設がお迎えしてくれました。


shikotsukomizunouta1
雪に覆われているスパリゾート水の謌。
いいお天気です。
送迎バスは土曜日で、7割くらいの乗客が乗っていました。ランチに備えて、朝食は軽めにホテルで食べましたよ。


shikotsukomizunouta2
ここがエントランスです。
水の謌って書いてあります。水の歌でも、水の詩でもなく「水の謌」と書いて「みずのうた」です。ネットで検索するときに、この「謌」って言う字が出てこないです。
まぁ、少し寒いので最初にお金を払って温泉に入りますよ。
受付で、バスタオルとタオルとランチのチケットも貰います。ランチは2部制になっていて、13時10分~です。



続きを読む

先週の札幌・小樽旅行から、もう1週間が経過しました。
何か時間が経過するのが早い気がします。もうすぐクリスマスで、気が付けば2018年が始まり、そして1月も終わっちゃったりするんでしょうね。
小樽で宿泊したグランドパーク小樽のことをブログに残しておこうと思います。

3人で宿泊して、料金が安くて口コミの評点が高いホテルを探して、グランドパーク小樽に決めました。
旅行先で、グランドパーク小樽のところにあるウイングベイ小樽の運営会社が民事再生法を出したとのニュースを知りましたけど、何か運命を感じました。
2000年以降の歴史を振り返ってみると、マイカルが民事再生法を出して、サティからイオンになり、小樽市が差し押さえをして、その差し押さえを特例で解除して、それをファンドが債券ごと買い取るも、固定資産税が払えなかったりして、再び差し押さえになって、この度運営会社が民事再生法を適用するということらしいです。
でも、今後の予定は決まっているようで、ダイソーや丸亀製麺、イオンやライトオンなどの店舗は継続するんでしょうね。(サクサクっと調べているので間違っていたらすみません)
ちょっと気になります、今後のウイングベイ小樽。

なお、ウイングベイ小樽(小樽ベイシティ開発)と、グランドパーク小樽は関係ないみたいです。
ウイングベイ小樽(小樽ベイシティ開発)の民事再生法申請に関する報道について

2017年12月7日に、ウイングベイ小樽(小樽ベイシティ開発)が民事再生法の適用を申請したことを受け、一部のメディアで、ウイングベイ小樽にホテル(グランドパーク小樽)がテナントして出店しているかのような報道がありました。

グランドパーク小樽は、建物を自社で所有し運営しているホテルであり、ウイングベイ小樽のテナントではありません。また、小樽ベイシティ開発とは、運営等に関わる出資関係もございません。

今回のウイングベイ小樽(小樽ベイシティ開発)の民事再生法適用申請は、ホテルとしての運営及び日常業務に何らの影響をもたらすものではありませんので、皆様におかれましては何卒当社の立場をご理解いただき、引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。


さて、民事再生法はともかくとして、グランドパーク小樽というホテル。
お値段は、トリプルで12000円でした。一人当たり4000円もしますけど、ちょっとリッチな気分です。できれば3000円以下に抑えたかったけど、小樽という若干競争原理は働かないエリアですので、やむを得ません。

ウイングベイ小樽の中には、たくさんのテナントが入っています。食事をする場所もたくさんあります。1日中遊べそうですね。

grandparkotaru1
喫茶店もたくさんあって、小樽市民が羨ましいです。
小樽はスイーツで有名なので、母などは美味しいコーヒーと美味しいケーキを食べたいと言っていたんですが、タイミングが合わずに断念。
柿崎商店でお腹いっぱいになっていたこともあり、特に何も食べずにグランドパーク小樽にチェックインしました。



ロビーが豪華です!

豪華のロビーだと思いましたよ。これは、期待できます。
昔は、ヒルトン小樽だったんですね。これは、宿泊する前に知っておくべきだった。
ヒルトンみたいな廊下だったわ、確かに。ロビーやフロントの雰囲気は、まさにヒルトンホテルだわ!
ヒルトンなど泊まったことが無いけどね。
関係ないけど、20年ほど前の入社式って、センチュリーハイアットだったな・・・。(遠い目)


grandparkotaru2

クリスマスのイルミネーションがきれいね。
結婚式とかもやっていそうなホテルです。
とりあえず、後で階段を昇降してみたいと思いました。

続きを読む

12月になって本当に寒くなりました。
北海道から帰ってきても、横浜の方が寒く感じます。断熱材がある小樽・札幌と、それが無い我が家・・・。その差かな。

北海道の余市・小樽・札幌・支笏湖の家族旅行の続きを旅行記風に書いておきますわ。
バニラエアで激安の航空券に、激安ホテル、そして支笏湖の鶴賀リゾートの日帰り温泉コースの組み合わせ旅行です。
今回は、2日目の小樽編ですわ。


初日の様子は、こちら。



観光名所を巡りました。余市と小樽の観光名所ね。

小樽へは、札幌からエアポートで向かいました。小樽で乗り換えて、余市まで行きました。
雪のせいで若干遅延していました。がんばれ、JR北海道!
最初の目的地は、ニッカウヰスキーの余市蒸留所です。ウイスキーの工場見学ですわ。マッサンでお馴染みの余市工場は2回目です。
前回も冬に来ましたが、その時は雪が少なかったです。
今回は雪に覆われていました。

otarutravel1
マッサン(竹鶴政孝)の暮らした家とか、リサの思い出の品がいっぱい展示してあります。
雪なので、かなり歩きにくかったけど、かなり素敵な工場です。
石炭で蒸留している余市モルトは、男性的で力強い味だそうです。
ウイスキーの味は、よく分からないけど、この余市蒸留所で試飲するウイスキーは最高です。


otarutravel2
試飲は一人3杯もいただくことができます。
ウヰスキーが苦手な人だと、ちょっと飲みきれないかもしれませんね。しばごには、ちょうどいい量です。
いや、もう1杯くらい欲しかったです。
水と炭酸と氷は、自由に持って行って自分でブレンドします。
余市は素晴らしいウイスキーなので、炭酸でハイボールを作るのではなく水か氷で割るのが良いと思います。
スーパーニッカは、炭酸を注いでハイボールにするのが良いと思います。
ブレンド比率は、試飲会場にも書いてありますよ。
アップルワインは余市名物ですね。炭酸で割ると、とても美味しかったです。
子供向けには、アップルジュースも置いてありますよ。このアップルジュースが大変美味しかったです。



続きを読む

↑このページのトップヘ