専業主夫しばご、株で生きてく。

節約系サラリーマンを辞めて、専業主夫トレーダーになりました。
でも、再びサラリーマンになり、兼業トレーダーに逆戻りです。

サラリーマン生活18年で早期リタイヤ。アーリーリタイヤして専業主夫になるも、再び働きだしました。
結婚していますが、子供はいません。お金に働いて貰うのが良いと思っています。仮想通貨には手を出しません。

カテゴリ: 献血

横浜駅の近く、横浜ファーストビルっていうところにある献血ルームで献血をしてきました。
なんと今日は、愛犬の日ではありますが、母の日でもあるということで、カーネーションの花を貰いました。


kenketu1

平塚産のカーネーションのようですが、持って帰ってくるのが少し邪魔でした。文句をいうなら貰わなきゃいいのにね。
自宅で花瓶に入れて飾っていますよ。献血ルームさん、ありがとう。


【漫画全巻セット】【中古】献血ラッシュ <1〜3巻完結> 天原ふおん【あす楽対応】
【漫画全巻セット】【中古】献血ラッシュ <1〜3巻完結> 天原ふおん【あす楽対応】


続きを読む

久しぶりに献血に行って来たら、いろいろな数値が正常値に戻っていたしばごです。
酒の飲みすぎとか、炭水化物や油ものの摂取過多気味だったけど、少しだけ油を減らしてちょっと運動して体重を減らしたら、献血後の生化学検査の結果がかなり正常値に戻りました。
今年の1月とか昨年の12月の献血、あるいはそれ以前の献血の結果って、かなり正常値から外れていていました。
特に、γ‐gtpの値は下げたいと思っても下がらずに、アルコールの摂りすぎが原因だと思っていたけどそんなこともないような気がしていました。


gtp1

それからALTの値も高かったのですよね。γ-GTPもALTも肝臓の機能を示していて、酒を飲みすぎると高くなると思っていました。
でも、とにかく体重を落としたことによって、見事に正常値になりましたよ。


【送料無料】お酒 飲み過ぎ 二日酔い対策!
【送料無料】お酒 飲み過ぎ 二日酔い対策!

続きを読む

頻繁に成分献血をしている専業主夫しばごです。
私の血液は、若干脂っこいかもしれませんけどね・・・。

神奈川県内にはいくつかの献血ルームがあって、私は横浜駅の西口と東口にある献血ルームによく行きます。
ヨドバシカメラの近くの川のそばの献血ルームは、看護師さんが高齢者で態度が悪い人がいるので、あまり行きません。
なぜ、献血をするのかと言うと、いくつかの理由があります。まったりと過ごす時間が好きであり、献血中にテレビや雑誌を集中して読めるのもいいです。
献血の後の処遇品は、しょぼくなったので残念です。大きな理由は、血液の成分の数値がチェックできるというのがいいんですよ。最近は、コレステロールとかガンマGTPの値が気になっています。


さて、神奈川県庁の近くに、かながわ赤十字情報プラザっていう日本赤十字が無料で運営している施設があり、赤十字の活動内容を紹介しています。
先日、そこに行ってきました。無料って言うのがうれしいね。有料なら行きませんけど。
建物に入館するときに、ボードに名前を書かされました。


jrckanagawa1
開館時間は10時から17時まで。団体で見学することもできるみたいです。
社会科見学にはいいですもんね。

入館時間を書いてから、ネックストラップの入館証を貰って、2Fに入っていきます。


jrckanagawa2
平日に、おっさんが一人でかながわ赤十字情報プラザに行く自由。
どんな風に思われているんだろうか・・・。そんなことは、どうでもいいけど。


続きを読む

献血の回数は100回を超えてきた専業主夫しばごです。

献血が趣味とか、ウルトラクイズに出ていた「何があっても献血!」っていう人ほどではないけど、時間があるときには、献血に行くことが多いんですよね。

kenketsu3


献血にはいろんなメリットがあります。
分かりやすいメリットと言えば、お礼の景品(処遇品)が貰えることですかね。最近は、昔のようにいい商品を貰えないけど、それでも横浜Leaf献血ルームでは、ハーゲンダッツのアイスクリームがもらえたり、ちょっと美味しいコーヒーが飲めたり(まずいコーヒーと併設)、チーズおかきみたいなのが食べられたりします。
平日には、手相占いとかカイロプラティックとかネイルみたいなのもやっているみたいですが、そのメリットはまだ享受していないです。


続きを読む

小林麻央の姉、小林麻耶が献血を呼び掛けていましたが、今後も献血キャラは継続していってほしいものです。

さて、専業主婦しばごは、献血に比較的良く出かけます。献血マニアではないけど、130回以上しています。
昔は、1回の成分献血でスタンプを3回分押して貰っていた時期があり、それも5回くらいは経験していますので、実際は100回くらいかもしれません。
まだ、磁器の献血手帳ではなく、紙の献血カードを使用していた20年以上も前の話ですけど。

そんな献血ですが、また献血ルームに行ってきました。
献血マニアの人に話を聞くと、「なぜ献血をするのか?」という疑問にぶち当たります。
献血する目的や理由はいろいろあると思います。多くの人の目的は、こんな感じなのかな?

1 景品(処遇品)が欲しい。
2 献血ルームでお菓子とかアイスを食べたい。喫茶店替わりとして利用したい。
3 ボランティアの精神で誰かの役に立ちたい。
4 献血ルームのお姉さん(看護師)が好き。
5 暇つぶししたい。
6 コーヒーが飲みたい。
7 針を刺したい。血を抜きたい。
8 健康状態をチェックしたい。
9 テレビ・読書をしたい。


など、いろいろな理由が想定されます。

私の場合は、1と思いきや、実は9の理由が大きな献血をする目的だったりします。家でテレビをみたり、読書をすればいいのですが、確実に集中するには献血ルームが適しているんですよね。
トイレに行くことすらできない状態ですから、集中して40分なり50分なりのテレビタイムもしくは読書タイムを確保できます。
後は、献血ルームの看護師さんがかわいい場合はテンションが上がります。横浜駅には西口と東口に献血ルームがあります。合計で3か所あるんですが、西口の献血ルームは高齢の看護師だからなのでパスです。東口のクロスポート献血ルーム(崎陽軒の近く)と、西口のLeaf献血ルームには、かわいい看護師は4人くらいいます。かわいいけど、かなり冷たいタイプの看護師が2名います。
その看護師になる確率としては、10分の1以下かもしれませんけど、おっさんとしては汚いおばあさん看護師に針を刺されるよりは、やはりかわいいお姉さんの方がうれしいってもんです。特に話などはしないですけどね。

あとは、献血によって血液検査結果が送られてくるので、それもちょっとうれしいことです。異常があることはほとんどありませんけど。
そして、景品もちょっとだけうれしいです。でも、最近しょぼいんですよね。限りなくしょぼくなりました、神奈川は。東京などはどうなんでしょうかね。


続きを読む

↑このページのトップヘ