賭博行為は犯罪ですけど、競馬や競艇などの公営ギャンブルもほとんどやらないしばごです。
花札とかトランプとか麻雀とか、ほとんどやったことはないです。

さて、松坂牛で有名な三重県の松坂市のカジノ店でポーカー賭博をやらせて逮捕された人がいたそうです。カジノ店の経営者とお客さんが逮捕されたみたいです。

逮捕されたのは、津市久居元町のカジノ店経営者、小島英一容疑者と松阪市井村町の建設業、名越慎弥容疑者だそうです。
名越って聞くと、おニャン子クラブとかニャンギラスを思い出してしまうのは仕方のないことです。おニャン子の名越はそんなに好きじゃなかったけどね。

そんなことはどうでもいいけど、CBCのニュースでは、こんなことが書かれていました。
松阪警察署によりますと小島容疑者は、25日午後8時前、客の名越容疑者に、ゲーム機でトランプカードを使ったポーカー賭博をさせた常習賭博の疑いが持たれています。

 警察のもとに、ゲーム賭博をしているという情報が寄せられ捜査していました。調べに対し2人は容疑を認めているということです。

名越慎弥容疑者がお客さんでポーカーをしていたのですね。常習的にやっていたようですね。トランプ大統領はトランプやるんですかね。
誰かがチクって、それを警察が捜査して逮捕になったようですので、反撃があったりして・・・。怖い怖い。


フィル・ゴードンのポーカー攻略法(入門編) ノーリミットホールデムの戦略 (カジノブックシリーズ) [ フィル・ゴードン ]
フィル・ゴードンのポーカー攻略法(入門編) ノーリミットホールデムの戦略 (カジノブックシリーズ) [ フィル・ゴードン ]



ポーカー賭博っていくら儲かるのかなぁ。

もちろん犯罪ですけど、野球賭博とか花札とか賭けマージャンとか、どんなルールなんでしょうかね。ハンデを付けて、当てた人がお金も貰うシステムは、野球賭博の笠原の事件のときに話題になりました。
トランプって、どうやってやるルールなんでしょうか。
誰かが負けて誰かが勝つシステムというのは想像できるんですが、カジノ店を経営している人は、その手数料っていうか、場所代みたいのを貰うだけだったら、そんなに儲からないと思うんですけどね。
それから、競馬や競艇、競馬や競輪もなかなか儲かる気がしないです。
いくら倍率(オッズ)がいろいろあっても、結局は勝つ人を当てないといけないわけで、その確率は低いですよ。
株だったら、上がるか下がるかの2分の1で、その銘柄を買うのか調べていいし、いつ売ってもいつ買ってもいいという条件でやります。だから、株の方が儲かる確率は高いと思うんですよね。

話を戻すと、 名越慎弥容疑者が行っていたカジノ店にはゲーム機が12台あったみたいです。そこそこの設備投資がかかっているんですよね。
小島英一容疑者は1年半ほど前からカジノ店を経営していたようですが、どれだけ回収できていたのか、売り上げがどの程度あったのか、少し気になりました。


エド・ミラーのポーカースクール ライブゲームで勝つ (カジノブックシリーズ) [ エド・ミラー ]
エド・ミラーのポーカースクール ライブゲームで勝つ (カジノブックシリーズ) [ エド・ミラー ]






勝てない仕組みになっているのかなぁ、素人には。
その辺、よくわかりません。
ずるい人がお金を稼ぐシステムなんだろうか。