毎年恒例の楽天証券主催の新春講演会2018に行ってきました。
いつも行っているような気がしますけど、横浜市のパシフィコ横浜っていう大きなホールで開催されます。
ここ数年は竹中平蔵さんが基調講演をしていると思います。2018年も竹中平蔵です。
慶応大学とか東洋大学の先生なんですよね、今は。
まぁ、立派な方です。どちらかと言うと、しばごは竹中平蔵が好きです。
今週は、ダボス会議でトランプ大統領と会ってくるのかな?

そんなわけで、ちょっとだけ、楽天証券主催の新春講演会のことを書いてみようと思います。

行く時は、JR桜木町の駅から、動く歩道を通らずに、日本丸の前を通って行きました。

rakuten2018_1

ちょっとした観光気分を味わいます。
桜木町の駅の前には、話題の「ハレノヒ」が入っています。本店が、桜木町のワシントンホテルに入っているんだとか。
成人式の振袖は、どこに行っちゃったんでしょうかね。

月々1000円からできる! 楽天証券で「投信」積み立てを始めよう!中長期で資産を作るスタートガイド【電子書籍】[ ダイヤモンド・ザイ編集部 ]
月々1000円からできる! 楽天証券で「投信」積み立てを始めよう!中長期で資産を作るスタートガイド【電子書籍】[ ダイヤモンド・ザイ編集部 ]



パシフィコ横浜に入場!

rakuten2018_2

開場時間は9時30分~で、開演時間は10時からです。
ちょっと寒い日でしたけど、中はおっさんとおばさんで、溢れかえっています。
お爺さんもお婆さんも投資をしていることはいいことです。お兄さんもお姉さんもいましたね。
若い人は投資をしてお金に働いて貰わないといけないのに、銀行の普通預金や定期預金で眠らせている人も多いのかな・・・。
2018年の新春講演会では、2017年の相場が活況だったため、どことなく生き生きとした投資家が多いように見えました。
2019年の新春講演会の時は、日経平均はいくらになっていて、どんな顔の投資家がいるんだろうか?


写真をあまり撮影しなかったので、もう1枚、貼っておきます。

rakuten2018_3

竹中平蔵さんは、AIのことをたくさん話していましたね。
ディープラーニングとかビッグデータとか、理解していない人もたくさんいたと思います。
でも、第4次産業革命は起きる予感がします。いや、起きています。
銀行員とか公認会計士の仕事や、ファンドマネージャーなんかはAIがやる時代ですよね。
自動運転のことにも触れていました。地図の整備も進んで、国を挙げて取り組んでいくのでしょう。

マイナンバーのことも話していました。
インドでは、マイナンバー庁に相当する省庁があるんだとか。銀行口座を開設するために個人認証が必要だったインドでは急速にマイナンバーが浸透したり、固定電話が整備されていなかった香港では携帯電話が急激に広まったりしたんですね。
日本の場合は、既存のモノが邪魔して、新しいことが一気に広がらないことを懸念していました。
まぁ、マイナンバーの話をされた時には、しばごの頭の中は、当時の甘利明が「私以外 私じゃないの~」のゲスの極み乙女の歌を歌っていたことを思い出し、脳内で鳴り響いていました。

私以外私じゃないの [ ゲスの極み乙女。 ]
私以外私じゃないの [ ゲスの極み乙女。 ]



来年も元気に新春講演会でお会いできるといいですね。
なお、新春講演会では、田原総一朗の話も聞きましたが、やはりあまり面白くなかったです。
活舌が悪くて、何を言っているか分からなかったし、いつも同じ話をしているという印象を受けました。
小沢一郎が昔はどうだったかとか、あまり興味がないです。

で、最後のホリコキャピタルの堀古さんの話は、いつも面白いですね。
トランプ政権の法人税減税を高く評価していました。アメリカで起業する人が増えるのかな?海外の企業がアメリカで事業を行いやすくなると、アメリカの経済が元気になりそうです。
そうなると、日本も元気になるのかな?
その話を1月20日の土曜日に聞いた翌日に、TBSのサンデーモーニングがトランプ批判をしていて、滑稽でした。
あのサンデーモーニングの大宅映子とか、何なの?

それでは、2019年の新春講演会でお会いしましょう。


トランプ政権を操る[黒い人脈]図鑑 [ ベンジャミン・フルフォード ]
トランプ政権を操る[黒い人脈]図鑑 [ ベンジャミン・フルフォード ]


若い人もたくさんいた印象を受けた2018年の新春講演会。
AIにロボットに、IoTなど、全然わかっていない人も少なくないはず。

貴重な情報が得られました。田原総一朗以外。

竹中平蔵の東洋大学。


堀古ファンは多いですね。
モーニングサテライトも注目ですよ。
出演するらしいです。

私は、田原総一朗の時に、20分ほど寝ました。
いびきをかいている人も近くにいました。

ゲームチェンジって、流行語になるかな?
ちょっと意味を取り違えている人も多いような気がします。
戦い場や領域を変えるっていう感じですかね?
流れを変えるって感じでは、違和感を感じます。

堀古氏は、法人税減税法案の中身を読む暗いクリスマスを送ったようです。

草食系投資家の話は、あまり楽しくなかったですわ。
田原総一朗の枠を、ラジオ日経の和島記者とかにやってもらえばいいのにな。
そして、叶内文子アナ、いつもラジオ日経で「専業主夫しばご」のくだらない投稿を読んでいただき、ありがとうございます。

参加する権利は重要です。
入場券をお忘れなく・・・。
でも、入場券を忘れても、番号が分かるものがあれば大丈夫です。

感想はどうでしたかね?

おっさんとおじいさんが中心ですが、時々、若いねーちゃんもいるのが気になる。