楽天証券の楽ラップを親に勧めて、ちょっとだけ楽ラップの口座にお金を移したようです。
しばごは、楽ラップ(楽天証券)、ウェルスナビ(SBI証券)、そして、ダイワファンドラップオンライン(大和証券グループ)に、ちょびっとだけ、お金を入れています。
運用実績を報告したいと思います。

先に結果を言うと、そこそこに評判通りの運用をしているようです。
だから、ダイワファンドラップオンラインはまだ放置しておきます。これだけ、株高が続いていると、どの人も運用実績は良いと思われ、ゆとりをもって見ていられます。


daiwaf1
年利10%に近い感じです。6月から始めていますけど、マイナスになることなく、じわじわ評価額が上がっていきます。
銀行に置いておくことを考えればいいと思いますが、どんどん上がっていく新興銘柄なりトヨタなり任天堂なり、急騰株と比べれば、かなり運用成績が悪いです。
ま、こんなもんでしょ。
100万円が6か月で106万円になったと思って、軽く喜ぶとともに、ロボットアドバイザーとか人工知能のことを知った気分になっておきます。


図解入門ビジネス 最新投資ファンドの基本と仕組みがよーくわかる本[第3版]【電子書籍】[ 岡林秀明 ]
図解入門ビジネス 最新投資ファンドの基本と仕組みがよーくわかる本[第3版]【電子書籍】[ 岡林秀明 ]



ダイワファンドラップは手数料が高い?

楽天証券とかSBI証券と比較すると、大和証券の方が取引する際の手数料が高いです。
大昔は、大和証券も安かったんですけどね。ミニ株とかがあった時代ね。
でも、今は、通常の取引では大和証券を使っていません。このダイワファンドラップオンラインだけです。
ラップ口座の手数料も、若干の差はあるけど、気にならないレベルです。
楽ラップもウェルスナビも似たような感じで運用実績が推移しています。内訳も似ているんですが。リスク分散になっていないかもしれないですね。

daiwaf2
商品によってはプラスもあればマイナスもあります。
でも、詳しくは見ません。わけがわからないのが、ファンドラップですから。債券でも株式でも、日本でも海外でも、どうでもいいや。知らないところで頑張ってくれって感じです。




気軽に分散投資できるのがファンドラップのメリット。

初心者には比較的おすすめの商品だと思います。

リスク許容度はどれくらいが最適なんでしょうかね。
かなり積極的な感じにしていますが。

リバランスって言うのがあります。構成比率を変更することですね。
自動的にやってくれるというわけではなさそうなんですよ、大和証券のお姉さんが言うには。

銀行にお金を置いておくのは、良くない時代になってくるでしょう。今後は。
だからと言って、ダイワファンドラップがいいとも思えないけど、悪くもないと思います。

とにかく3億円当たったらいいですね。宝くじを買っていないしばごは永遠に当たりません。

分散投資っていうキーワードですね。


そして、少額投資ができる時代です。大事な資産をしっかりと運用しましょうね。


これから始める!2020年への株式投資 伸びる業界&投資タイミングを徹底予測! [ 大和証券株式会社 ]
これから始める!2020年への株式投資 伸びる業界&投資タイミングを徹底予測! [ 大和証券株式会社 ]