専業主婦や専業主夫のお仕事と言えば、料理・洗濯・育児・掃除などいろいろありますけど、そのお仕事を月収もしくは年収に換算するといくらか?なんていう議論は昔からありますね。
サラリーマンの年収だって、正確な価値で適正な金額が払われているとは思いませんけど、主夫・主婦の仕事を年収換算するっていうのも難しいですね。

でも、ダイワハウス大和ハウス工業が家事年収シミュレータをネット上に公開しました。だいたい、イメージが涌くけど、やっている家事を金額換算して求めるというシンプルなものです。それをPRしている大和ハウス工業さんの広報センスがいいですね。
目の付け所がシャープですね(ん?)。

家事年収シミュレータ―のURLは、こちらです。

http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/lifestyle/kajishare/simulator.html



大和ハウス工業 (出版文化社新書) [ 長谷川誠二 ]
大和ハウス工業 (出版文化社新書) [ 長谷川誠二 ]



名もなき家事までシミュレーションしてくれる!

ITメディアの記事では、このように書かれています。
家事年収シミュレーターは、「掃除・ごみ捨て」「生活」「洗濯」「料理・買い物」「育児」という5つのステップに分かれており、ステップごとにさまざまな家事が表示される。1週間あたりでその家事にどれだけ時間をかけたかを6つの選択肢から選んでいくと、労力と時間に見合った金額を年収として算出する仕組み。金額は内閣府(経済社会総合研究所国民経済計算部)の「家事活動等の評価について」に基づき、専門業者に依頼した場合にかかる料金から算出した。
プログラムができる人なら、1時間もすれば作れちゃいそうですけど、どんな家事にどれくらいの価値がるのかを決めれば、すぐにできちゃうでしょう。
例えば、中華丼を作る場合の手間賃は、いくらと換算するのか?大和ハウスさんは「料理」と括っていましたし、洗濯物をたたむとか、不要なチラシを捨てるとか、そんなことを金額換算しています。


しばごがやってみたら・・・

年収約80万円と算出されました。
育児が無いから、育児のところは全て「やっていない」と回答しています。
また、全ての家事をすごく少なく見積もっています。でも、だいたいイメージしていた金額と似ているかな。
中華丼を作る場合、材料費を抜いて、15分で作れば50円から100円の仕事の金額だと考えています。
洗濯物を洗って干すのも、そんなに時間がかからないから、お手伝い家政婦さんがいくらもらうかは別にして、100円も貰えないと思います。
ただ、年収80万円にブログ収入や株での利益を合算して、旅行に行ったりして遊んでいる休日を加味すると、サラリーマン並みに稼いでいるような気もしました。
やはり、稼げる専業主夫って言うのは、良い職業のような気がします。
ホワイト企業すぎる。。。


家事も、育児も、お金も、紙に書くだけでお悩みスッキリ! とにかく書き出し解決術! [ うだ ひろえ ]
家事も、育児も、お金も、紙に書くだけでお悩みスッキリ! とにかく書き出し解決術! [ うだ ひろえ ]


普通の主婦の仕事がそのレベルなのか、また主夫がどのくらい家事をしているかは人それぞれですが、育児や料理や洗濯を完璧にこなしたら200万円くらいが妥当な気がしています。
でも、私が完璧だと思う数値を入れて家事年収シミュレータをやってみたら、300万円くらいになりました。
若干、高めに年収が出るような印象を受けました。
私が家事の仕事の難易度を厳しめに評価しているのでしょうかね。
それとも、家事シミュレータが甘いのか?まぁ、2分くらいでできるので、やってみてくださいね。


数値の信憑性がイマイチだなぁ。
お楽しみのシミュレータですからね。

だいたい似たような感じだ。

まぁまぁ、仕事していない感じですかね?

これを発表するダイワハウスさん、いいね。


まぁ、単純なアルゴリズムで算出していると思われます。


「働くパパ」の時間術 仕事も家事も育児もうまくいく! [ 栗田正行 ]
「働くパパ」の時間術 仕事も家事も育児もうまくいく! [ 栗田正行 ]