JR東京駅の丸の内側でミチテラス2017というライトアップが行われていると聞き、行ってきました。
イルミネーションと東京駅のプロジェクションマッピングみたいなことが行われていて、見事でしたよ。

東京駅なので、外国人観光客も多く、かなりの混雑でした。
イベントスタッフも交通整理をしていましたけど、まぁ、混雑は仕方ないですね。
丸の内のOLも帰宅前にイルミネーションを見ていくのでしょう。


tokyomichiterasu

ルミナリエっていう名前は記憶にありますが、このイベントは東京ミチテラス2017です。ミチテラスって、覚えにくいですね。
2018年もやるのかなぁ・・・って思います。
久しぶりに東京駅に来たら、すっかりきれいになっていました。
丸の内エリアの再開発もいつの間にか終わりそうで、大規模な工事が少なくなってきました。


tokyomichiterasu2

アートな感じのオブジェがいっぱいです。
昼間はイルミネーションの美しさは分からないけど、5時になればかなりいい感じになってきます。



イルミネーションがきれいですね。

tokyomichiterasu3
 木に点灯する電球は、いかにも人工的に電線を巻いた感じになるのではなく、さすがに光の実がなっているような感じで灯っていていて素敵です。
センスのないオヤジが自宅にイルミネーションをしようとすると、意味もなく電線を張り巡らしたようなイルミネーションになります。
そんな家のイルミネーションを見ると、悲しくなります。
しかし、東京ミチテラスは、美しいですね。
東京駅周辺エリアは、「歴史」と「未来」と「文化」が共存する、多様な側面を持った街です。
歴史、伝統、文化、学術、ビジネス、先進性がダイナミックに融合する唯一無二の街として、日本と東京を繋ぐ結節点として、また、世界と日本を繋ぐ結節点として、今日も進化を続けています。

同エリアにおいて、年末の光のイベントは、1999年の「東京ミレナリオ」の開催以来、恒例の冬の風物詩となっていますが、今年も、東京・丸の内エリアから、未来を明るく照らしていこう(未知を照らす)という願いをこめ、「東京ミチテラス2017」を開催いたします。




tokyomichiterasu4
フェンスには人が群がって、混雑しているのですが、ここは最前列から撮影しました。中国人観光客の自撮り棒には気を付けましょうね。

交通規制もあるみたいなので、開催期間中は注意が必要です。スタッフは、横断歩道の左側通行を促していましたよ。



スマホを使って楽しむ驚愕映像体験! ★ハコビジョン第1弾 東京駅ミチテラス2012/TOKYO HIKARI VISION
スマホを使って楽しむ驚愕映像体験! ★ハコビジョン第1弾 東京駅ミチテラス2012/TOKYO HIKARI VISION


tokyomichiterasu5
東京駅にも、こんなプロジェクションマッピングがあります。
美しいですね。
解放的な空間ができたので、東京駅もとてもインスタ映えする雰囲気になってきました。
隣のKITTE(東京中央郵便局)もとてもいい感じのイベントをやっていたので、とても楽しかったです。

ミチテラスの公式HPをチェックして、丸の内エリアへ行ってみよう!


混雑回避のために、17時~18時に行くことをおすすめします。
ミチテラス、2018年もやるのかな?
素晴らしいイベントだと思います。

大混雑しちゃうよねぇ。

写真マニアも多数いました。イルミネーションマニアもいるんでしょうね。

きれいですよ~

防寒対策もしましょうね。

東京ミチテラス。道を照らすからミチテラス。

照ノ富士とか、豪栄道とか、そんな力士を想起させるミチテラス。ん?

東京駅もおしゃれで素敵ですね。

はい、道を照らしていますね。

混雑が苦手な人は行かない方が良いと思います。
デンマークのフラワーアーティストがデザインしているみたいですよ。