2017年に始めたこと、それは、ビーチテニスです。
テレビ東京のアド街ック天国なり、Youは何しに日本へ?などで紹介されて、ひそかに人気になりつつあるイタリア生まれのスポーツです。
ラケットとボールさえあれば、簡単にできるんですが、専用のラケットってそこそこにいいお値段がするんです。

安いものだと10000円、高いものだと20000円か25000円くらいします。2万円以上のものはさすがに手が出ないので、10000円くらいのものを購入したわけですが、夫婦で楽しむためにはもう1本必要です。
中古のラケットも、ネットで探すと売っているんですが、数が多くないです。でも、もう10000円を出すのも少し気が引けるので、自作しました!
最初にラケットを購入する時も、「軟式テニスや硬式テニスでも木のラケットがあるのでビーチテニスでもありそうなんだが・・・」って思っていました。
強度や重量や反発力などの性能を考えれば、グラファイト(炭素繊維系)やチタンなどの方がいいのでしょうけど、木には木の良さがあります。
いや、価格が安いというメリットがあります。

購入してきたのは、これです。

カインズホームで購入してきました。

tennis1
ラケットに使う木の素材は、いろいろありますけど、とりあえず桐で。
そこそこに強度があって軽いです。でも、欠点もあります。デメリットは考えないことにします。

tennis2
厚さは13mmというものにしました。
長さと幅は、これだけあれば大丈夫でしょう。
倉庫から鋸を用意してきます。カインズホームでは、紙やすりも購入してきました。






では、作りますよ。

小学生の頃、冬休みに羽子板を作ったことはあります。木を切って、塗料で絵を描くだけですけどね。
まあ、ビーチテニスのラケットも、だいたい同じようのモノでしょう。
使ってみて、折れたら、諦めます。

tennis3
グラファイト製のビーチテニスのラケットと比較すると、少し薄いですね。
そして、やはり少々、重たいです。
高校1年生でテニスを始めた時、練習用に思い木のラケットを使って練習をしていたことを少し思い出しました。重いラケットだと、腱鞘炎になりそうですわ。

tennis4
ビーチテニスのラケットを当てて、鉛筆で線を付けていきます。
イチョウの部分は、強度を考えて少し太めにします。
糸鋸(いとのこ)とかはないので、ノコギリで切りますので、直線的な形で切っていきます。


tennis11
切断する順番も大事です。
頭を使って、切りやすい順番で切っていきます。
しゃもじみたいな形になるようにしますが、後でヤスリでこすって成型するので、大胆かつ丁寧に切っていきます。
一応、中学生の時には本棚を上手に作ったことがありますが、ノコギリを使うのは久しぶりです。
木を切るのって、疲れるね。
カインズホームも店舗によっては、工作室っていうか加工室みたいのを無料で貸してくれるところもあるみたいですが、自宅からは遠いので諦めました。
そんな場所を使えば、この工程はもっと楽でしょう。


tennis5
羽子板みたいなのができてきました。
かなり疲れました。根本の部分からボキッて折れそうな予感もしないでもありません。
ビーチテニスは、羽子板に似ているんですが、極端に言えば羽子板でもできそうですね。ボールさえビーチテニスのノンプレッシャーの軽いボールを使えば羽子板でも楽しめると思います。
日立製作所を起源とするパンポンという競技は、板とソフトテニスのボールですもんね。

Dropshot ビーチテニスボール3個入り
Dropshot ビーチテニスボール3個入り


tennis6
あとは、紙ヤスリでこすっていきます。
親指が痛いと思ったら、水ぶくれができました。でも、楽しく丸い感じに仕上げていきます。
隣の晩御飯のヨネスケが持っているしゃもじと似てきてしまいます。
とりあえず、左右を対象に作るのは難しいことだと思いました。


tennis7
だんたん、いい形になってきました。
形を作り上げるのは、後からでもできそうなので、適当に擦ったら、グリップを作ってみたいと思います。


tennis8
グリップは、折れてしまわないように、太めに作りました。
本当は、もう少し細くしようとしましたが、とりあえず、握りやすいような感じにしました。
一度、鵠沼海岸で使ってみてから、加工しようと思ったので、とりあえず自宅に床材用のクッションがあり両面テープとコルクテープを中に入れて、手が痛くならないようにして、マスキングテープで巻き巻きしました。
この後、いろいろと使いながら試行錯誤して、気に入ったところで、グリップテープを巻けばいいと思います。

tennis9

まだ未完成な感じはしますが、とりあえず、こんな形になりました。
うむ、かなり満足。
これは、メルカリで販売できるレベルじゃね!?と思いつつ、使うのが楽しみです。
このあと、とりあえず、100円ショップでテニスボールを買ってきました。ビーチテニスのボールよりは固いけど、空気が抜ければ、夫婦でボレーだけの公園テニスを楽しめそうです。



tennis10
さらに研磨をして、いい形になってきました。
世界に1つしかないビーチテニスのラケットです。
スマッシュを1回打ったら、折れることが無いように祈っております。

あとで、ザラザラのシートを表面に貼ろうかな。わくわく。


Vision ビーチテニスラケット SKETCH
Vision ビーチテニスラケット SKETCH




もし、ラケットが欲しい!と言う人は、コメント欄に「ラケット希望」でくださいね。


ビーチテニス、人気急上昇中?
しばごは、鵠沼海岸で時々やっていますよ。神奈川県藤沢市の湘南の海です。

面白いよ。体験するのが良いと思いますよ。

冬でもやるんですね。
寒いのは苦手です。暑いのも苦手です。

グリップテープは、もったいなので、ぼろぼろになるまで使う派です。
【全2色】トップスピン(TOPSPIN) ターコイズ ビーチテニスラケット ビート【2017年11月登録】
【全2色】トップスピン(TOPSPIN) ターコイズ ビーチテニスラケット ビート【2017年11月登録】

バドミントンとか卓球とかテニスをやっていた人なら、すぐにできそうです。