全国高校駅伝2017が12月24日に行われます。
高校生の青春真っ只中、クリスマスとかクリスマスイブとか関係なく、本番への調整をしていることでしょう。
男子高校生の京都・都大路でのバトル。2017年はどんな戦いが待っているか?

テレビ中継はNHKが行います。女子が10時05分からで、男子が12時15分からです。
男子の方は、第68回の大会となります。
早速、優勝予想をしてみますよ。



男子の優勝争いは、世羅VS倉敷か?鹿児島実業、九州学院、伊賀白鳳も強い!

高校駅伝は、大学駅伝と違って予想が大変難しいと思います。だから、予想はかなり適当です。
本音としましては、静岡の浜松日体を応援していますけど、優勝は難しいと思います。近年は藤枝明誠に負けていたので、うれしい6年ぶりの出場ですね。

優勝予想の前に、コースをチェックしてみますね。

男子は、42.195kmで7区間で行われます。

  第1区 10km(西京極陸上競技場~烏丸鞍馬口)
  第2区 3km(烏丸鞍馬口~丸太町河原町)
  第3区 8.1075km(丸太町河原町~国際会館前)
  第4区 8.0875km(国際会館前~丸太町寺町)
  第5区 3km(丸太町寺町~烏丸紫明)
  第6区 5km(烏丸紫明~西大路下立売)
  第7区 5km(西大路下立売~西京極陸上競技場)

1区で流れをつかみ、3区までにレースを組み立てたい学校が多いでしょう。アンカー区間までもつれると見ている方は楽しいんですけどね。

佐久長聖、市立船橋、山梨学院あたりも強そうな名前ですけど、名前で駅伝をするんじゃないので、2017年は世羅高校を優勝予想に挙げたいと思います。
上位に入る学校としては、倉敷、伊賀白鳳、九州学院、大分東明を挙げたいと思います。
ちょっと伝統校ばかりになってしまいましたが、指導者がしっかりしているので、しっかりと仕上げてくると思います。

鹿児島実業や鎮西高校も楽しみです。スポーツが強いイメージがある高校ですね。
それから、ちょっと注目してしまうのは、鳥取城北ですかね。理由は、省略します。
剣道部と野球部でちょっとした事件があった仙台育英高校も出場しますね。明るいニュースで年越しできればいいんですが・・・仙台育英の走りにも注目です。





「人間力」で闘う 佐久長聖高校駅伝部強さの理由 [ 両角速 ]
「人間力」で闘う 佐久長聖高校駅伝部強さの理由 [ 両角速 ]



初出場の東海大福岡にも期待!
歴史に名を刻め!東海大福岡!
東海大系列の高校の有力選手の進路は東海大が多いのかな?
東海大の箱根ランナー、確かに東海大の系列校からの入学も少なくありません。
進路も気になるのが全国高等学校駅伝大会であります。
沖縄からは北山高校が5年ぶり7回目の出場です。がんばってください!

東海大福岡の2年生、川添翔太選手を応援したいと思います!


【ラッキーシール対象】2017年継続モデル!クリオ【CHRIO】マジックポイント 大判【6シート入り/24シール/箱根駅伝/高校駅伝】【あす楽対応】【メール便はあす楽対応不可】[M便 1/4][物流]
【ラッキーシール対象】2017年継続モデル!クリオ【CHRIO】マジックポイント 大判【6シート入り/24シール/箱根駅伝/高校駅伝】【あす楽対応】【メール便はあす楽対応不可】[M便 1/4][物流]
マジックポイントのシールペタペタ系の選手も、頑張ってくださいね!






交通規制情報は、こちらのページでご確認ください。
選手に順行する車両は、先頭選手の直前から最後の選手が通過するまでの間、コース上を通行できません。
選手に対面する車両は、選手の直前で右折及び横断できません。
駅伝コースでは駐車できません。
交通規制に伴うう回については、現場警察官・自主整理員等の指示に従ってください。