またまた脱税のニュースがありました。日馬富士の引退とか、北朝鮮が弾道ミサイルを発射して、他のニュースが目立たないけど、法人税法違反の脱税はダメですよ。
脱税した金額は5900万円だそうです。

信和建設という大阪の淀川区にある中堅分譲マンションを販売している会社で脱税事件があったようです。大阪国税局は、信和建設と前田裕幸前社長を告発したそうです。
国税局と言うと、半沢直樹のドラマを思い出しますね。大阪地検は、前田前社長を在宅起訴するようです。
ちゃんと税金を払えば、こんなことにはならなかったのにね。


産経新聞のニュースには、こんなことが書かれていました。
関係者によると、同社は平成27年12月末までの2年間に、架空の工事の外注費を計上するなどし法人所得約2億3千万円を隠したとされる。

 前田前社長は、知人を通じ、取引先を装った複数の個人らに、マンション建設工事などに絡む架空の外注請求書を発行させるよう依頼。信和側がいったん相手先口座に請求額を入金後に知人が集金して現金の大部分を手渡しでキックバックさせていた。現金は前社長が自由に使える裏金としてため込んでいたという。
法人所得として2億3000万円を隠して、重加算税は約2000万円だそうです。
脱税の手口がちょっと嫌な感じですね。いい手口なんてないけど、知人を介し架空の取引先を設定して、偽物の外注請求書を発行するように依頼していたのですね。
そして、信和建設がその口座に入金して、それを知人が現金でキックバックって訳ですね。それを自宅の金庫などに蓄えていて銀行口座には残らないように溜め込んでいたという訳ですね。
そのお金は大阪の新地のクラブで使っていようが、友達と遊ぼうが自由ですが、大阪は美味しい食べ物がいっぱいあるので、楽しそうですね。
その裏金を使って、株を買ったり投資に回したりしたら、そのお金の出所がばれてしまうので、使うしかなかったのかな?


脱税のススメ改訂版 16年度対応最新税法攻略版 [ 大村大次郎 ]
脱税のススメ改訂版 16年度対応最新税法攻略版 [ 大村大次郎 ]


所得隠しをしていた前田裕幸前社長は、伸和建設株式会社の代表を辞任していて伸和ホールディングスの代表をしています。でも、これも辞任なんでしょうね。上場していないから、どんな感じのドロドロ劇が待っているのかはよく分かりません。
伸和ホールディングスも大きな会社だから、こんなことでは倒産などはないと思いますけど、信頼は無くなってしまいますね。
天然温泉ひなたの湯とか、みつけや本舗、そしてカーブスも展開している展開している大きなグループです。ホテルプラザ神戸なども手掛けているんですね。
信じて和がある建設会社だったはずが、不信感を持たれてしまったダメージは残ると思います。
ゼネコンだけでなく不動産管理の売上も多く、片岡愛之助がCMをしている会社だそうです。

前田社長も手を貸した知人も、ちょっとダークな感じですよね。信和建設の経理担当者も知らなかったのか、騙されてしまったのか、知らないふりをしていたのかは謎ですけど、脱税って嫌な気分になりますね。
社員に還元して経費計上をして節税すればよかったのね。
なお、既に修正申告しているようです。めでたしめでたし。ん?





キックバックとキャッシュバックとは似ているけど違うよ。
MBSって好きなテレビ局です。
アナウンサーがかわいいですよね。

5900万円というメディアと6000万円というメディアがあります。

キックバックとバックパスと後ろ回し蹴りも違います。

産経新聞さんのニュースと毎日新聞が速報で伝えましたね。

大手のゼネコンだけに残念なニュースでした。
厚木の信和建設じゃなくて、大阪の信和建設のほうですから、お間違えないように。


税務署が嫌がる「税金0円」の裏ワザ サラリーマンにもできる「合法的脱税術」 (双葉新書) [ 大村大次郎 ]
税務署が嫌がる「税金0円」の裏ワザ サラリーマンにもできる「合法的脱税術」 (双葉新書) [ 大村大次郎 ]