鉄道オタクではないけど、鉄道にはそこそこに興味があって、写真を撮るのも好きです。でも、猛烈なテツではない専業主夫しばごです。
好きな電車は、新幹線0系も丸いヤツです。かわいいですからね。
スーパーあずさは1回だけ乗ったことがありますよ。

そんなスーパーあずさの新型車両E353系って言うのが、2017年12月23日にデビューだそうです。営業運転日についてはネットでも話題になっていましたけど、鉄道ファンには待望のイベントなのでしょう。
ブルートレインが最終運転の時は、大混雑しますしね。
そう言えば、北海道新幹線の時とか、四季島のデビューの時とか、伊豆クレイルの営業運転の初日とかも混雑していましたっけ。



中央線特急E353系って失敗作なのか?16年ぶりの新車両!

JR東日本は、E353系の報道試乗会を開催したわけですけど、意外と失敗なんていう噂もあるんですね。営業運転が遅れたのには理由があるのでしょう。
新しい山手線の時も、営業運転開始後にドタバタがありました。E353系は中央線の特急スーパーあずさなので都心の利用者数は山手線と比較にはならないけど、安心して乗れると良いですね。
最新技術が搭載されているのは胸がわくわくしちゃいますけど、トラブルなり不具合が起きないか心配になります。頑張れJR東日本

タカラトミー プラレール S-23 E353系量産先行車
タカラトミー プラレール S-23 E353系量産先行車


時事通信のニュースによると、このようなことが書かれていました。
中央線はカーブが多く、いかにして速度を落とさず安定して走らせるかが課題だ。車両を内側に傾かせることで遠心力を抑えられるため、カーブでは線路に一定の傾斜を付けた上、一部の特急は車両を振り子のように最大5度傾かせて走行している。だが、「揺れ」への不満が少なくなかった。

 E353系は空気ばねを使うことで傾斜を最大1.5度に抑えた。新幹線でも使われている技術だが、JR東の特急に導入するのは初めて。加えて、微妙な揺れを検知して打ち消す装置を、特急では初めて全車両に搭載。最高速度130キロを維持しつつ、乗り心地の大幅な改善を図った。
スーパーあずさは、八王子から諏訪に行ったときに利用しました。確かにカーブが多いですね。
そこをスピードを落とさずに走ることは重要なんですよね。振り子式を使って、ゆらゆら揺れて、乗り物酔いをする特徴を利用した西村京太郎のトラベルミステリーもありましたっけ。
乗ってみても、私には他の特急との違いはよく分からなかったけど、すごい技術なのでしょう。
そして、空気バネを使って傾斜を抑えているということですから、分からなくても乗ってみたくなります。
デザインもちょっとかっこいいと思いますよ。
デザインにこだわりのある人は、このデザインが失敗って思っているのかな?

【セール】[プラレール]S-23 E353系量産先行車【あす楽対応_関東】
【セール】[プラレール]S-23 E353系量産先行車【あす楽対応_関東】
量産先行車のプラレール、かっこいいね。
今のスーパーあずさもかっこいいけど、これもいいじゃん。成田エクスプレスみたいな感じね。



このE353系は、新宿と松本の間を1日に4往復するそうです。外国人観光客向けに荷物置き場もあって、座席数は647だそうです。しかも、すべての座席にノートPCが置くことができるテーブルと電源コンセントと、高さ調節可能な枕付きだそうです。さらに、防犯カメラ付きだそうです。
西村京太郎は、どんなトリックで推理小説を書くのかな?



営業運転が待ち遠しいね。


鉄道ファンが待ちわびるE353系。車内の様子が気になるわ。
グリーン車に乗りたいな!

不具合が出ないか心配ですけどね。

テツの人の知識は凄い。デビュー日の乗車券は1か月前から販売なのかな?

パンフレット、ほしいな。

マスコミの人、いいなぁ。乗りたいな。

この顔が失敗なのか?私は、嫌いじゃないけどね。
空気抵抗が大きそうかな。



プラレール S-23 E353系 量産先行車【 プラレール 車両 おもちゃ 男の子 キッズ プレゼント クリスマス 誕生日 おすすめ 人気 定番 】10s
プラレール S-23 E353系 量産先行車【 プラレール 車両 おもちゃ 男の子 キッズ プレゼント クリスマス 誕生日 おすすめ 人気 定番 】10s
クリスマスプレゼントに最適だ!
12月23日に自分向けのクリスマスプレゼントとして、グリーン車に乗るのも良かろう。